救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
by nozakoji
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
記事ランキング
カテゴリ
自己紹介
症例の話
救急の話
麻酔の話
自分の話
沖縄のお話し
手術室関連
ICU・患者管理関連
感染
その他
観光など
最近のお買い物
ドクターカー導入への挑戦
柴犬リュウ
医療一般
研修医教育
最新のコメント
はじめまして。4月から、..
by レイカ at 22:11
非公開様、コメントありが..
by nozakoji at 01:57
本当に医師として適性のあ..
by なりた at 10:37

レゴ シティ ドクターヘリポート 4429

新品価格
¥8,000から
(2014/2/2 11:55時点)




SIKU ジク ドクターカー SK1461 【ボーネルンド】

新品価格
¥683から
(2014/2/2 11:58時点)


以前の記事
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月


かなり片寄った?麻酔を担当して半年。

現在の勤務先に移動して半年が過ぎました。
整形外科単科で、しかも肩関節などの上肢の手術がメインで、月に40~50件くらいを一人で担当しています。

麻酔方法は、神経ブロック注射に声門上器具(ラリンゲルマスク、i-gel)による全身麻酔としています。

神経ブロック注射(腕神経叢ブロックがほとんど)は昔のようにランドマーク法ではなく、今どきの「超音波ガイド下神経ブロック」をしていますよ。(^・^)

a0031617_11560899.jpg



たまに、おなかの手術や、重症外傷の手術も担当したくなりますし、救急医療のチームに戻りたくもなるのですが、今は体調を優先するとともに未来にむけて役立つ知識と技術を学ぶ時間にしたいと考えています。


[PR]
# by nozakoji | 2016-07-11 23:36 | 麻酔の話 | Comments(0)

沖縄生まれでも、冬の方が好き?

黒柴リュウは今年の6月で6歳になります。

生まれは沖縄ですが、この寒さの中もいやいやながらも?元気に散歩しております。

a0031617_22065527.jpg


沖縄の暑さの中での散歩の方がハァハァ辛そうでした。σ(^_^;)




[PR]
# by nozakoji | 2016-01-30 22:04 | 柴犬リュウ | Comments(0)

日本医学シミュレーション学会へ

本日より、東京で開催されている日本医学シミュレーション学会に参加しておりますす。
a0031617_21015608.jpg

1日目の今日は朝からきちんと参加。(面白い発表がなければ昼頃から行くこともσ(^_^;))

特に注目は、プレゼンテーションの上手い先生達のシンポジウムです。

どのようなことを考えてスライドを作っているのか?

そのためにどんな練習をするのか?

スライドの構成、大事なことを伝えるためのポイントは?

などを勉強することができました。

とは言っても、「?」ということを言う講師もいたので、みなさんの良いところだけを盗んで今後の院内勉強会に使ってみたいと思います。

明日2日目は、久しぶりに受講生として、超音波ガイド下神経ブロックのセミナーと、気道管理のセミナーを受けてきます。

問題は、この腰の痛みに耐えられるかどうかだけ。σ(^_^;)

では。


[PR]
# by nozakoji | 2016-01-30 20:53 | 麻酔の話 | Comments(0)

異動する事になりました。

2年前に椎間板ヘルニアの再発、脊柱管狭窄症による腰痛下肢痛あっかのまま故郷に戻りました。

その際に就職した病院では、救急科の仕事はほとんどせずに研修医の教育を中心とした仕事をしていました。が、仕事も立場も中途半端となり、一年で退職を決めました。

次にそれほど多忙ではない手術室が一つしかない今の病院へ麻酔科医として勤務を決めました。麻酔科医の仕事以外に、ここでも蘇生講習会や勉強会の開催は担当させてもらいました。ただ、手術件数の増加や体調の悪化(2015年8月、椎弓形成術を受けた)などもあり、1年9ヶ月で退職することにしました。

さて、どうしよう…。

もう、急性期医療からはスッパリ離れて療養型の病院か、訪問診療をやろうと思い施設見学などをしておりました。

ほぼ訪問診療の施設に就職を決めていたところに、週2日半日勤務日も取れる手術室のある整形外科クリニックを後輩から紹介され、あれよあれよと言う間に就職が決まってしまいました。σ(^_^;)

肩書きは副院長。肩書きに負けないよう、そして20床未満のクリニックではありますが、大病院と同じレベルの麻酔管理を患者さんと外科医に提供できるよう、頑張っていきたいと思っております。

これを機にこのブログも閉鎖しようかと思いましたが、まだ過去記事を覗いていただける方も多いため、もう少し置いておくつもりです。

a0031617_08014214.jpg


a0031617_08014212.jpg


[PR]
# by nozakoji | 2015-12-26 07:40 | 自分の話 | Comments(2)

15年ぶりの整形外科での全身麻酔…

ものすごーく、お久しぶりです。

他のSNSでの交流がメインとなり、こちらは放置でした。

近況としては、、、

神経ブロック治療も、飲み薬の効果もあまり無くなり、腰痛と下肢痛に悩む毎日でした。時々、仕事も休んでしまいました。(手術がない日だけですが。ある日はなんとか這ってでも職場に行きました。)

また、間欠性跛行という、脊髄の通り道が細くなった時に起きる症状も出てきたため、MRIを撮影後に脊髄外科を専門とする同期に診てもらうと、

『手術した方が良いと思うけど、自分も信頼しているO先生にも診てもらう?』

との答えでした。すぐに紹介状を書いてもらった後、数日後にはその先生の外来へ。

やはり、答えは

『手術した方が良さそうだね。』

でした。ただ、同期の言う金属で固定する方法を覚悟していたのですが、まだ高齢者では無いのでまずは椎弓形成でと言われて少し安心はできました。

将来的には、さらに金属固定などの手術は必要でしょうが、まずは少しで良いから痛みが楽になることを期待したいと思います。

手術は来月です。身辺整理しなくては。

a0031617_00233971.jpg


写真は一緒に実家に向かうリュウ。パーキングエリアにて。


[PR]
# by nozakoji | 2015-07-19 00:09 | 自分の話 | Comments(0)

リュウがポスターモデルに!?

おばんです。(^人^)

いまは何とか無事に過ごしてますが、2月はかなり手術数が多く大変でした…。

さて、そんな私の癒しは、家族や柴犬リュウです。(^人^)

昔は犬を飼う自分が想像出来ませんでしたし、室内に獣が闊歩するなんてあり得ない!と思ってました。それが今は室内飼いしてますし、話しかけながら毎日愛でております。

そんな犬バカになったオッさんですが、インスタグラムで出会った方のデザイン会社で、写真からデザインを作っていただく完全オリジナルオーダーTシャツを発注いたしました。

その結果、以下のようなデザインを作っていただきました!♪( ´▽`)

a0031617_23103523.jpg

a0031617_23103611.jpg

a0031617_2310372.jpg

a0031617_23103931.jpg

a0031617_23104071.jpg

a0031617_231041100.jpg


他にも色違いバージョンなどもあり、どれにするか、かなり迷いましたが、アヤとのペアTシャツなどを合計四枚オーダーしたところです。

このような素敵なデザインTシャツを作っていただいたのが、

スタジオまめの木
〜犬と飼い主のためのデザインTシャツ with you 〜(リンクはここ


さんです(^人^)

その、スタジオまめの木さんが出展するイベントポスターにリュウが出演することになりました!

それが、これ!

a0031617_23104429.jpg


我が息子が…感無量です。(涙)

私は大阪なので行けませんが、お近くの方はぜひ遊びに行きましょう!
[PR]
# by nozakoji | 2015-03-19 22:50 | Comments(0)

あれから4年。

東日本大震災から4年。

政府が開いた追悼式典での遺族の言葉に涙が出そうになりました。ニュースより抜粋してペーストしておきます。




 宮城県の遺族を代表して菅原彩加さんが思いを述べた。全文は次の通り。

 私は東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市大川地区で生まれ育ちました。

 小さな集落でしたが、朝、学校へ行く際、すれ違う人皆が「彩加ちゃん! 元気にいってらっしゃい」と声を掛けてくれるような、温かい大川がとても大好きでした。

 あの日、中学校の卒業式が終わり、家に帰ると大きな地震が起きました。逃げようとした時には既に遅く、地鳴りのような音とともに津波が一瞬にして私たち家族5人をのみ込みました。

 しばらく津波に流された後、私は運良くがれきの山の上に流れ着きました。その時、足元から私の名前を呼ぶ声が聞こえ、かき分けて見ると、くぎや木が刺さり、足は折れ、変わり果てた母の姿がありました。右足が挟まって抜けず、がれきをよけようと頑張りましたが、私1人にはどうにもならないほどの重さ、大きさでした。母の事を助けたいけれど、ここにいたら私も流されて死んでしまう。「行かないで」という母に私は「ありがとう、大好きだよ」と伝え、近くにあった小学校へと泳いで渡り、一夜を明かしました。

 そんな体験から今日で4年。

 あっという間で、そしてとても長い4年間でした。家族を思って泣いた日は数え切れないほどあったし、15歳だった私には受け入れられないような悲しみがたくさんありました。すべてが、今もまだ夢のようです。

 しかし私は震災後、たくさんの「諦めない人々の姿」を見てきました。震災で甚大な被害を受けたのにもかかわらず、東北にはたくさんの人々の笑顔があります。「皆でがんばっぺな」と声を掛け合い、復興へ向かって頑張る人たちがいます。日本中、世界中から東北復興のために助けの手を差し伸べてくださる人たちがいます。そんなふるさと東北の人々の姿を見ていると「私も震災に負けてないで頑張らなきゃ」という気持ちにいつもなることができます。

 震災で失ったものはもう戻ってくることはありません。被災した方々の心から震災の悲しみが消えることもないと思います。しかしながら、これから得ていくものは自分の行動や気持ち次第でいくらにでも増やしていけるものだと私は思います。前向きに頑張って生きていくことこそが、亡くなった家族への恩返しだと思い、震災で失ったものと同じくらいのものを私の人生を通して得ていけるように、しっかり前を向いて生きていきたいと思います。

 最後に、東日本大震災に伴い被災地にたくさんの支援をしてくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。また、お亡くなりになったたくさんの方々にご冥福をお祈りし、追悼の言葉とさせていただきます。
[PR]
# by nozakoji | 2015-03-11 21:48 | Comments(0)

医師が増員

現在の勤務先は、いわゆる大学医局からの人事はほとんどありません。

初期研修医もいないので、人を増やすには、口コミや医師のリクルート会社を利用していくことになります。(自分もm3キャリアという会社にお世話になりました)

そんな状況の中、小さな民間病院にも関わらず、春からは1人退職はあるものの、内科3名、外科2名の増員となることが発表されました!これは研修医がいない病院としては大変珍しいことだと思います。

麻酔科を担当している立場で言うと、外科医が増員するのは多忙になる可能性があります。
しかし、病院全体としては活性化されますし、近隣の患者さんには診療科が広がるなどのメリットもあります。

救急を離れてゆっくりするつもりで麻酔科に戻ったはずが、こんなことになるとは思ってませんでしたが(笑)、手術の安心•安全をマネージメントしつつ、スタッフへの教育もしていこうと思った次第です。

まあ、良い具合に力を抜きつつ、頑張ります。

a0031617_23322649.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2015-02-25 23:11 | Comments(0)

日本救急医学会ICLSコース 優秀デモンストレーション動画!

日本救急医学会が中心となり、

「突然の心停止患者さんへの最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生を学ぶ」

ための実技を中心としたコースがICLSコースです。

ICLSは、Immediate Cardiac Life Support の頭文字からの略語です。私もこのコースの運営などに関わるようになり10年間が過ぎようとしています。(毎年常に関わっていたわけではないですが。(-_-;))

そんなICLSコースですが、日本救急医学会ICLSのホームページに、公募による優秀デモンストレーション動画がアップされていました。

きちんと同意すると、ダウンロードも可能です。

これから受講する方、自分の勉強のために見たい方など、いらっしゃると思います。

そんな方は、ぜひ以下のリンクからアクセスしましょう!!!


ICLSデモンストレーション動画の再生、ダウンロード(リンクあり)
[PR]
# by nozakoji | 2015-02-01 21:00 | 救急の話 | Comments(0)

兄と妹。

同じ時間に同じように寝ていたそうです。

a0031617_1921581.jpg



さすが、兄妹。U^ェ^U
[PR]
# by nozakoji | 2015-01-30 19:19 | Comments(0)

今日の兄犬と妹

a0031617_23285196.jpg



a0031617_23285030.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2015-01-25 23:27 | Comments(0)

『勉強不足で研修医に無知を晒さないように指導しよう』

昨年の臨床麻酔学会で『超音波ガイド下中心静脈カテーテル挿入』の指導をしました。

その中で2人の若い先生方から質問や嘆き?があったのは、

『エコー下で挿入しようとしてるのに上司から『画面ばかり見ないで患者の体も見ろ!』と言われるのですが、正しいのでしょうか?』

という言葉でした。

結論から言うと、これは上司の方が昔の古い方法であるランドマーク方と超音波ガイド下のやり方を適当に組み合わせており、きちんと理解していないための発言です。言いにくいですが、上司の勉強不足です。こういう指導を続けていると影で笑われてしまいます。

超音波が簡単に使えない時代は、実際にはその下に血管(静脈)がないかもしれないのに、

『動脈を触りながら針先は乳首の方向へ向けて刺せ』

と教えられ、そのようにやっていました。

今は、エコーを当てる時にはもちろん患者さんの身体を見ますが、sweepやswing scanを正しく行ったのならあとは画面しか見る必要がありません。だって、間違いなく血管を見てるのですから。(注意•あくまでscanが正しい前提。)

この先生がたの発言を聞いて、現在の私は研修医に教える機会はあまり無くなりましたが、

『そういう機会があれば、再復習をしっかりして笑われないようにしないと…』

と強く思った次第です。

以前、ネット上で、

『研修医に万が一の時のためにガムエラスティックブジーを使って挿管させました。一度経験しておくと使えると思うので』

のようなことを書いた時、

『それは患者の同意を得たのか?そんなことは許されない。挿管困難のときのものだ』

のようなコメントを書かれたことがあります。しかし、実際は困難なときだけではなく、スタイレットと同様使用しても問題ないのですが、その方は理解が不十分なためそのような発言をネット上で書かれてしまいました。(その後、そのような発言をしたことに対する謝罪はなし)

人のふり見て我がふり直せ。反面教師にしたいと思っています。
[PR]
# by nozakoji | 2015-01-21 12:06 | Comments(2)

『言葉は汗と同じく、 一度出したら戻らない。』

『言葉は汗と同じく、
一度出したら戻らない。』


日本ハムファイターズ 栗山英樹監督


昨日、テレビを見ていたら、ファイターズの栗山英樹監督の監督室に上記の言葉が書かれていました。

選手に言葉をかける時、何も考えずに安易な言葉をかけないよう、気をつけていると話されてました。

言葉を大事にして、自分の発言には常に責任を持つ姿勢は、同僚、患者さん、自分の家族などにも通じますよね。


肝に銘じていこうと思います。
[PR]
# by nozakoji | 2015-01-19 14:53 | Comments(0)

質問や依頼はここまで。(^.^)

最近は、非公開コメントで質問や相談を個人的に受けることもあります。

私のような匿名のブロガーで、今は救急を離れているもの(心は常に救急医療に向いてますが)でも良ければ、お答えできる範囲でお答え致します。

その際は、以下のメールアドレスまでお願いします。

nozakoji@blackjack.jp


訴訟に絡んだこと、病気の相談などはお答えしかねる場合もあります。ご了承下さいませ。

また、あくまでもボランティア的なものですので、仕事が多忙の際はお答えが出来ないこともあります。


a0031617_2235691.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2015-01-16 21:48 | Comments(1)

アヤとリュウの雪遊び

a0031617_23151741.jpg


楽しんだようです。U^ェ^U
[PR]
# by nozakoji | 2015-01-12 23:14 | Comments(0)

エキスパートナース2015年1月号

以前、お知らせしましたが、原稿依頼のあった看護師向けの雑誌が発売になりました。(^.^)

a0031617_2250744.jpg


エキスパートナース2015年1月号(リンクあり)です。

想定する読者層は、

卒後3〜5年目の病棟看護師

で、

医師は知っているが、若い看護師はあまり知らない急変対応に関する裏技•裏知識

について書いて欲しいとの依頼でした。

今までも医師向け、研修医向けに原稿を書いたことはありますが、看護師向け雑誌は初めてなので、『どの分野を書こうか…』と少し悩みました。

が、結局、今までの勉強会や現在の勤務先で看護師達に話をした内容などから、

•気道管理に関すること
•静脈路確保に関すること
•パルスオキシメータに関すること


の3つについて書かせて頂きました。(^.^)

こんなの、裏技でも裏知識でもないじゃん!』

と急変対応の知識がある方には言われそうな内容ですが、なるべく急変対応初心者にも伝わる言葉で書いたつもりですし、拙い文章を補うために分かりやすいイラストも書いて頂きました。(^.^)

書店にまだ並んでいると思いますので、ご笑覧くださいませ。(私の腕の写真も出ていますσ(^_^;))

ページ数の関係で言葉足らずのところもあります。『分かりにくい』、『ここは何?どういう意味?』など、ご意見、ご質問もお待ちしております。コメント欄にお願い致します!
[PR]
# by nozakoji | 2015-01-11 22:24 | Comments(3)

連休は無く全て、待機…。

一人麻酔科で勤務してますと、週末に少し遠出したいときが困ります。

時々は非常勤の医師に待機を代わっていただくのですが、平日夜がメインで土日は月に一回のみとなってます。

そんなわけで、今回の連休もすべて待機となりました。一泊二日で近場の温泉に行きたいのですが、なかなか叶わず…。

ま、春以降は少し体制変わるかもしれません。

それまでは、我慢、我慢。




以後、関係ありませんが、リュウの写真を貼っておきます。(^.^)

a0031617_118289.jpg


a0031617_118328.jpg


a0031617_11844.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2015-01-11 11:01 | Comments(2)

モーチョーは手術に含まれない?

麻酔科をほぼ専従にやるようになり9カ月。手術前の回診で、同じようなことが続いたので書いておきます。


手術の前日に麻酔科医は患者さんの情報収集を行います。

レントゲン、CT、血液検査、心電図はもちろんですが、それ以外に外来カルテの主治医の記載、看護師の問診記録(これが一番詳しいことが多い!)などを見てから患者さんのベッドサイドでさらに情報の確認します。

その中で、必ず

『今までに手術を受けたことはあるか?』

ということを確認するのですが、

『いゃー、手術は受けてないよ。』

と答えた方の中に、数人ですが、その言葉に続けて、

『モーチョー(虫垂炎)はしてるけどね。』

という方がいました。σ(^_^;)


モーチョーは手術ではないのでしょうか???

お腹にキズがありますよね!


その後からは、

『モーチョー、帝王切開、脱腸(鼠径ヘルニア)、骨折なども含めて何か手術を受けたことはありますか?』

と具体的に質問するようになりました。(^.^)
[PR]
# by nozakoji | 2015-01-08 02:05 | Comments(0)

麻酔科に専念

2015年になりました。

昨年春に赴任した現勤務先では、1人麻酔科医師として全身麻酔の担当と、院内の急性期体制に向けた勉強会などを担当しています。

気持ち的にはまだ救急医療に対する未練はありますが、今の体調では絶対に無理なので、自分のため、家族のため、そして勤務先に迷惑をかけないためにも、体調管理に今まで以上に気を配りながら安心安全な麻酔科業務を極めていこうと思っています。

a0031617_6585955.jpg


4月からは医師生活21年目になります。

気持ちは研修医時代と全く変わっておりませんが、知らぬ間に月日だけが過ぎてしまいました。

事故などないように、さらに気を引き締めていきたいと考えております。

a0031617_658592.jpg


リュウや家族は元気にしております。(^.^)
[PR]
# by nozakoji | 2015-01-04 06:48 | Comments(3)

ユウ君との共演

昔は救急のことを一応?書いていた当ブログ。その読者でコメントを書いてくれる『ユウ君』という優秀な医学生がおりました。

しばらく、どのような道を歩まれたのかも知らなかったのですが、昨年、立派な呼吸器内科医になっていることを知り、また交流が始まりました。

そのユウ君はご自身でもブログを続けていたのですが、それが大人気で書籍が出版されたり、連載を持ったりと大活躍をされています。私なんかとは大違いです。(^.^)


そんなユウ君から、

『今度、看護師向けの雑誌でこんな特集をするのですが、急変についての部分を書いてくれませんか?』

とメッセージがきました。

もちろん、断る理由などありません。予定など何も考えずに了承し、先日、原稿を送った次第です。(締め切りを10日以上過ぎてましたがてんσ(^_^;))


急変対応に慣れていない方に、明日から少しでも役立つ内容になるように、そして、なるべく読みやすい文章にするように心掛けたつもりですが、どうでしょうか?
[PR]
# by nozakoji | 2014-11-13 23:38 | 救急の話 | Comments(0)

日本臨床麻酔学会に参加しました。

11月1日からの三日間の会期で開催された日本臨床麻酔学会に参加してきました。

a0031617_1542952.jpg


今年で第34回で会長は東京女子医大麻酔科の尾崎 眞教授でした。

日本麻酔科学会との違いは、より臨床に役立つことを中心に発表や講演、講習か行われていることだと思います。

自分も救急から麻酔科を中心とした仕事になり勉強をしなくては…というタイミングでの開催でした。

しかし、一人で麻酔科を担当しているため休みは1日しか取れない状況…。σ(^_^;)

それならば、少しはお役に立とうと思い、超音波ガイド下での中心静脈カテーテル挿入の講習会のインストラクターとして参加して参りました。

超音波ガイド下中心静脈カテーテル挿入(リンク)

午前は指導者を養成するコース、午後は実践コースと、朝から夕方までその会場にほぼ張り付きでしたが、久しぶりにこのコースに参加して新たな発見もありましたし、数年振りにお会いする先生とお話ができたりと、楽しむことができました。

超音波装置を『正しく』使って首や鎖骨下に中心静脈カテーテルを挿入することで合併症を減らすことが可能となります。(※正しく使うという前提!)

医療安全の観点からも非常に大切な手技ですので、今後も機会があればお手伝いしていこうと考えております。(^.^)

写真は本文とは関係ありませんが、ネェネェをら追いかける次女です。(^人^)

では、また。
a0031617_1543098.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-11-05 14:44 | 麻酔の話 | Comments(2)

日本救急医学会へ参加しました。

福岡で開催中の日本救急医学会総会に一泊二日で参加してきました。

会期は三日間ですが、一人麻酔科体制なためあまり病院を留守にすることができず、一泊二日になってしまいました…。

あまりゆっくり勉強をすることはできませんでしたが、前の勤務先の研修医の発表を見たり、感染症に関する教育講演を聞いたり、機器展示をみたり、必要最低限の勉強?はしてまいりました。

週末は東京出張もあります。腰痛悪化が心配です…(ー ー;)

a0031617_0445100.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-10-29 23:58 | Comments(0)

七五三

次女の七五三でした。

a0031617_23454370.jpg


半纏は長女が11年前に着たものでした。感慨深いです(^.^)


元気に育っておりますが、これからもそのままで…。
[PR]
# by nozakoji | 2014-10-26 23:44 | Comments(2)

近況報告

コメント欄に、『10年前の研修医』さんからコメント頂きました。ありがとう。(^。^)

当時は一年間のリハビリから復帰した後でしたが、今よりは体調は良かったのでした。研修医からは颯爽と動いていたように見えたかもしれませんが、今の私からすると反省すべきことばかりです。σ(^_^;)

さて、現在の私ですが、救急もICUもない病院で、ほぼ麻酔科医専従として働いております。

もう、麻酔科医として働くつもりも無かったため、麻酔科学会の専門医資格は流してしまったのに皮肉なものです。(笑)(現在は学会の認定医です)
現勤務先は数年前に手術室ができて、手術件数が毎年増加しております。自分なりに安心安全のためのシステム作りを進めているところで、今後の目標は手術件数増加→手術室の増室というところです。

麻酔以外では、相変わらず急変対応の教育を担当し、今月からは院内BLS(一次心肺蘇生)のコースを開始したところです。

心の中では、以前のようにドクターヘリや集中治療、救急医療に戻りたいと思ってはいますが、体調的には無理のようです…。


寒くなってくると、やはり足腰の痛みが強くなり、『沖縄に帰りたい…』と思う毎日ですが、定年までは北国にいることになりそうです。

ちなみに、リュウは暑い沖縄より北国の方が生き生きしてます。U^ェ^U

a0031617_0182359.jpg



a0031617_0182452.jpg


まあ、こんな感じで何とか頑張っております。
[PR]
# by nozakoji | 2014-10-10 00:03 | 自己紹介 | Comments(0)

苦しゅうない、近うよれ。

a0031617_011228.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-10-09 22:42 | 柴犬リュウ | Comments(0)

広島の土砂災害

広島の土砂災害で被害に遭われた方、行方不明の方があまりに多く、心が痛んでいます…。小さな命も含め、すでに亡くなられた方には、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

何もできないため、少額ですが、寄付をさせていただきました。

Yahoo基金(リンク)



個人的には、あべ首相には、災害初日に首相官邸に戻るだけでなく被災地入りして欲しかったな。



最後になりましたが、被災地で救助にあたる消防、警察、自衛隊のみなさん、二次災害には本当に気をつけて下さい。陰ながら応援しております。
[PR]
# by nozakoji | 2014-08-23 00:00 | Comments(0)

リュウも避暑

全く医学的なことを書かないブログになりましたが、久しぶりに更新を。σ(^_^;)

麻酔科専従になり、研修医教育からも離れて四ヶ月がすぎました。ICUもなく、物足りない部分もありますが、体調を優先した結果の働き方としては、よいペースなのでしょう。

職場内での勉強会も性格的には一気に進めたいとこですが、慌てずに年間計画でゆっくりやることにします。

話は変わり、日本列島は暑さと豪雨にやられる夏真っ盛りとなりましたね。

北国も日中はかなり気温も上がるようですが(手術室も医局もクーラーあるのでわかりません)、夜はかなり涼しいです。
リュウも日中のリビングでは暑いらしく、今日は玄関の冷たい床で避暑していたようです。U^ェ^U


a0031617_0232622.jpg


北国の短い夏を満喫したいのですが、今年は1人麻酔科体制のため、長い連休は取れません。残念(−_−;)
[PR]
# by nozakoji | 2014-08-07 00:11 | 柴犬リュウ | Comments(3)

兄にボールの色を教える妹

『これは、あお!』

とボールの色をリュウに教えていました。(^。^)

a0031617_17204230.jpg



リュウはオモチャを貰えると思い、おすわりして付き合ってました。

良い兄です。(^。^)
[PR]
# by nozakoji | 2014-07-18 17:16 | Comments(0)

リュウ、保険に入る。

人間の年齢ならば、30歳を過ぎたリュウ。
これから、病気になったり、何があるかわかりません。

と言うわけで、保険に入りました。U^ェ^U

a0031617_2233457.jpg


写真入りの立派な保険証です。飼い主の保険証より立派ですね。(^。^)

使わずに済めばいいな。
[PR]
# by nozakoji | 2014-07-14 22:00 | Comments(2)

初期研修医の君たちへ ⑦ PHSの着信音はシンプルに。

初期研修医が勤務する病院のほとんどで、院内•院外の連絡用にPHSが支給されていることと思います。

さて、そのPHSの着信音、みなさんはどんな音にしていますか?

以前、ちびまる子ちゃんの『踊るポンポコリン』にしていた研修医がいました。

現在、多くの病院で医師以外のスタッフもPHSを持っているため、呼び出し音がなったときに自分なのか他人なのか迷わないように、他の人と重ならない着信音にしたのだと思います。

しかし、真剣なカンファレンス中に、

『タッタタラリラ♪、ピーヒャラピーャラ♫〜』

の着信音は社会人としてダメかもしれません。(雰囲気を良くすることもありはしますが。)

また、患者さんへの病状説明やお看取り、お見送りなどの時にそんな着信音が流れたら、家族はどのように思うでしょうか?こちらにいくら悪気はなくても、やはり印象は悪くなります。

PHSにポンポコリンしか着信音が無いなんてあり得ませんから、必ず、シンプルトーン1などの一般的な着信音に変更をお願い致します。

では、また。
[PR]
# by nozakoji | 2014-06-30 00:03 | 研修医教育 | Comments(1)