救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
by nozakoji
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事ランキング
カテゴリ
自己紹介
症例の話
救急の話
麻酔の話
自分の話
沖縄のお話し
手術室関連
ICU・患者管理関連
感染
その他
観光など
最近のお買い物
ドクターカー導入への挑戦
柴犬リュウ
医療一般
研修医教育
最新のコメント
初めて拝見しました。ナー..
by 19640818 at 09:13
はじめまして。4月から、..
by レイカ at 22:11
非公開様、コメントありが..
by nozakoji at 01:57

レゴ シティ ドクターヘリポート 4429

新品価格
¥8,000から
(2014/2/2 11:55時点)




SIKU ジク ドクターカー SK1461 【ボーネルンド】

新品価格
¥683から
(2014/2/2 11:58時点)


以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月


絶え間ない心マッサージをおこなうために~自動心マッサージ器その名は「LUCAS」!

 先日、当院への救急患者搬送も多いG消防のS救急救命士に新しい自動心マッサージ器(LUCAS心臓マッサージシステム。以下、LUCASとします。)の説明会を行って頂きました。

a0031617_2383766.jpg


 聞いた話では、この自動心マッサージ器を導入するのは、九州沖縄地区の消防では初めてなのだそうです。(「九州沖縄地区の消防で!」というところがミソのようです!(^^)/)

 今までも、いろんな心マッサージ器がありましたが、このLUCASの最も良いところは「軽い」ところだそうです。院内で使用するなら多少重くても耐えられますが、現場で使うには他の器材もありますので、軽くないと救急隊員が大変ですよね。

メーカーのホームページによると、利点は以下の通りです。

•ガイドラインに沿った胸骨圧迫
 圧迫深さ:4-5cm
 圧迫頻度:100回/分
 完全なリコイル

•本体重量約6.3kgと軽量

•X線透過
 本体上部とピストンロッド以外はX線を透過、透視下でも使用可能

•低ランニングコスト
 消耗品は動力源の圧縮空気だけ


 ご家族にとっては器械で患者さんの心臓マッサージをすることに抵抗もあるかもしれませんが、揺れる車内や狭い場所、あるいは、少ないスタッフで効果的な心マッサージを長く続けるにはこの器械の方が人間より明らかに優れていると思います。もちろん、使用前には、救急隊から装着に関する説明も行われます。

 また、このG消防では一度に3器購入したそうで、この4月から各出張署に1器ずつ配備され、心肺停止患者発生時には全ての患者さんに装着予定となっているそうです。

 今までも時々、自動心マッサージ器を使用する救急隊もありましたが、その救急隊は当院までの搬送時間が長いところでした。しかし、G消防では、病院までの搬送距離に関係なく心肺停止であればこの自動心マッサージ器を装着し、心マッサージ以外の処置(気道確保、静脈路確保など)に人員を当てる活動をおこなうようです。また、「ぜひ、病院内でも搬入後に使い続けてほしい。」というありがたい言葉もあり、そのため院内で説明会を開いて頂きました。病院としては、夜間の当直時間帯などは、心マッサージをおこなう人が不足しますので、本当にありがたいです。

 ちなみに、装着方法自体はそんなに難しくありません。心マッサージ中に、体の下に黄色い板(背板)を滑り込ませた後、上から圧迫する器械をカチッとはめ込むのみです。実際の訓練している動画も見せて頂きましたが、スムーズに装着されておりました!

a0031617_23134941.jpg


 この機器の導入が、すぐに救命率や社会復帰率の上昇につながるわけではないかもしれませんが、今以上に「救える命を必ず救うための体制作り」を推し進める上でのシンボル的な存在になりそうな気がしています。


注1:「心マッサージ」は正しくは「胸骨圧迫」です。わかりやすいように敢えて心マッサージとしました。
注2:外傷患者の心肺停止に関しては、自動心マッサージ器の使用はメーカーは推奨していないようです。
 
[PR]
by nozakoji | 2010-03-29 23:17 | 救急の話 | Comments(10)
Commented by andante at 2010-03-30 00:19 x
凄いですね。
今はこんな機械も出ているのですね。初めて知りました。
うちの施設もAEDを設置して、玄関を入ってすぐの目立つ場所にありますが、外部の方が興味を持ってケースを開けるのには困ります。
突如として大ボリュウムで音声ガイドが入って、すぐ側の部署にいる私としてはビックリして飛び上がります。
心臓に悪いです。
開けた方はもっとびっくりで、呆然としています。(^_^)
Commented by 僻地外科医 at 2010-03-30 05:17 x
ふむぅ。AutoPulseじゃなくLUCASにしたのは何故なんだろ?
ランニングコストの問題?
Commented by nozakoji at 2010-03-30 08:44
andanteさん、コメントありがとうございます!

自動心マッサージ器自体はかなり昔からあります。それが、より質の良いものに変わってきたと言う感じでしょうか。

AEDのケースは必ず開けてしまう方がいますよね。「開けると大きな音が出ます」と張り紙がしてあるのをみると、「きっとよく開けられてしまうんだろうな」と思ってしまいます。
Commented by nozakoji at 2010-03-30 08:46
僻地外科医先生、コメントありがとうございます!

現場での装着のしやすさ、軽さの問題でしょうか。自分はオートパルスは使用経験はありませんが、装着後に電気ショックするときに面倒そうですよね。この機器だとそのままできそうです。
Commented by 僻地外科医 at 2010-03-30 08:55 x
 AEDに関しては全く問題ないですよ。
 そもそもAutoPulse付ける時ってCPAの時ですから、あらかじめ除細動パッド貼ってますし。装着のしやすさでも多分AutoPulseの方が容易です。昨年の臨床救急医学会のブースで装着コンテストやってましたが、最短記録は12秒でした。あと、重さも10キロ切りますので大差ないと思います。

 ただねぇ、ランニングコストは半端じゃないのが・・・(泣)
Commented by nozakoji at 2010-03-30 13:57
僻地外科医先生、コメントありがとうございます!
確かに、AEDパッドはすでに貼ってありますね。(^^;)

重さは6キロと10キロでは現場に持っていくことを考えるとかなり違うのかな~と思います。あとは、装着時間は6秒ぐらいだったと思います。ランニングコストはわかりません。(^_^;)
Commented by さうざんばー at 2010-03-30 22:38 x
これは、良いですね(^^)マンパワーでは、心肺蘇生には限界があります(^^)それを補う機器は、とても助かりますよね(^^)
Commented by nozakoji at 2010-03-31 11:54
さうざんばーさん、コメントありがとうございます!

仰るとおり、マンパワー不足を補うにはとても有効な器機です。学生時代に他施設の救急部見学に言ったところ、マンパワー不足解消のために自動心マッサージ器があったのですが、それを見て「餅つき器みたい・・・。」と思ったことを思い出しました。(^^)
Commented by shiraisi at 2010-04-01 21:11 x
胸骨圧迫が機械化されているなんて初めて知りました。
写真は、意外と衝撃を受けました。
でも、記事の内容のメリット部分を見て納得しました。
ただ…体型が大きすぎると使えないようにも思えますが…?
Commented by nozakoji at 2010-04-02 17:55
shiraisiさん、コメントありがとうございます!

自分も、最初に見たときは同じように衝撃をうけました。胸骨圧迫って人が手で押すから魂がこもっている感じもしますよね!?でも、実際は人は疲れるし、同じ場所を同じ強さで押せないのです。

>ただ…体型が大きすぎると使えないようにも思えますが…?
→するどいです!(^^)/ 外国製品ですが、あまりにメタボリックだと入らない可能性もあります。また、逆に体が薄い華奢な方も使えないのです。
<< 救急部も新体制へ 知人の家の屋根が飛びました!(... >>