救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
by nozakoji
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
記事ランキング
カテゴリ
自己紹介
症例の話
救急の話
麻酔の話
自分の話
沖縄のお話し
手術室関連
ICU・患者管理関連
感染
その他
観光など
最近のお買い物
ドクターカー導入への挑戦
柴犬リュウ
医療一般
研修医教育
最新のコメント
初めて拝見しました。ナー..
by 19640818 at 09:13
はじめまして。4月から、..
by レイカ at 22:11
非公開様、コメントありが..
by nozakoji at 01:57

レゴ シティ ドクターヘリポート 4429

新品価格
¥8,000から
(2014/2/2 11:55時点)




SIKU ジク ドクターカー SK1461 【ボーネルンド】

新品価格
¥683から
(2014/2/2 11:58時点)


以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月


「麻酔前投薬」の効果って素晴らしい・・・・???

 久しぶりに麻酔の話を書きます。(最近、ほとんど麻酔担当してないけど。)

 a0031617_152223100.jpg今から約4年前、私が術後腰下肢痛で「麻酔フリーター生活」を送っていたときに、母が開腹手術を受けることになりました。私は、その病院の外科・麻酔科にお願いして手術に立ち会わせて頂くことにもしました。

 手術室に入る30分ぐらい前に、母に「麻酔前投薬」が筋肉注射されました。

 
 麻酔前投薬(以下、前投薬)を患者さんに行う主な目的は、「患者さんの不安をとってあげて、軽い鎮静状態をつくる」ということです。
 
 前投薬の種類は色々ありますし、投与の仕方(内服薬、静注、筋注、注腸(肛門から注入。乳幼児向き)も麻酔科医の好みにより様々です。
 研修医が高齢者に多めの量の前投薬を指示してきたりすると、手術室に来たときには「意識レベル300」(体に痛み刺激を与えても体を動かさないほどの昏睡状態!)なんてこともあります!((^_^;)あ、事故にはなってませんよ!念のため。)

 母の場合は、「ミダゾラム」という薬が使用されたのですが、この薬の良いところは「健忘」つまり、手術室入室時の嫌な記憶などを忘れさせてくれるのです。

 
 nozakojiは母が入室する前に手術室に先回りし、「一応、医師であるバカ息子が側にいるよ!」ということをアピールしに行きました。

 nozakoji:(マスクをずらして顔を見せた状態で)「どう、緊張してる?」

 母:「いや~、あの薬、ぜんぜん効かないみたい。眠くならないし、頭もハッキリしてるわ。」

 nozakoji:「うん、まあ、でも、麻酔科の先生はベテランだから、大丈夫だよ。」(あれ、ホントに結構ハッキリしてるな。全然眠たそうでもないな。量、少なめか?)


 その後、安全に麻酔の導入が行われ、夕方までかかる長時間の手術となりましたが、無事、手術は終わりました。

 麻酔の影響も抜けて母の頭がスッキリした状態で、最愛の息子は母に問いました。

 nozakoji:「どこからの記憶が無くなってる?手術室入り口でnozakojiが話しかけたところは覚えてるでしょ?」

 母:「え、あんた、手術室にいたの?」

 nozakoji:「・・・・・」(T_T)


 そりゃ、麻酔科専門医ですから、解っていますよ。しっかり話している方でもあとで全く覚えていない人がたくさんいることは!

 でも、あそこ(手術室での母子の会話)の記憶は残しておいてくれよ、ドルミカム(一般名ミダゾラム)!痛い足を引きづって手術室に先回りした意味ね~じゃん!!!

 ま、母にとっては良いことでしたが。
[PR]
by nozakoji | 2005-12-13 15:28 | 麻酔の話 | Comments(4)
Commented by あたた at 2005-12-16 21:14 x
人の感覚って、最後に残るのは聴覚だと聞きました。
記憶の深いところにあるのではないでしょうか?
術場で、顕微鏡を覗き動脈瘤にクリップしながら、
あそこの焼き肉屋はいいとか、BGMの趣味が悪いとか、
もしかしたら患者さんの記憶の奥には残っているのかも?
って思うと、おいおいそんな会話していいのって感じるときがあります。
Commented by nozakoji at 2005-12-16 22:05
 あたたさん、こんにちは!確かに、術中の医療従事者の「日常会話」は患者様には聞かせられないようなものがありますね。百歩譲って、会話してても手術が早ければ良いのですが、会話に夢中で手術が遅くなる外科医もいたりします・・・。
 患者の記憶に関しては、「術中覚醒」という言葉があります。麻酔科医の不注意やその他の原因(患者の状態が麻酔をかけられないほど不良であったなど)で麻酔が「浅麻酔」の状態になってしまったとき、患者は目は閉じていてもしっかり記憶が残っている状態です。「かかっている音楽を覚えている」とか、「外科医が自分の容姿に関する悪口を言っていた」ことをしっかり覚えていたりしたら、間違いなく「術中覚醒」です。(^_^;)
ちなみに、自分は麻酔を覚まし始めた時に、くだらん会話を大声でしている外科医がいた場合、「○○さ~ん、わかりますか?もう、終わりましたよ~!」と外科医にアピールして気付かせるようにしております。
Commented by あいこ at 2006-06-10 17:12 x
こんにちは。お母さんは、無事に終わってよかったですねええ♪私の祖母は歯科医ですがオペ室に入れてもらえ、祖父に付き添われ終わった後は「腹黒かったわ。(笑)」と、一言言って、祖母を気分転換させたつもりだったみたいです。(笑)
Commented by nozakoji at 2006-06-10 18:09
あいこさん、コメントありがとうございます!半年前の記事にコメントでちょっと驚きました。(笑)
 医療従事者が開腹手術を受けたときに同僚が言う「ベタなコメント第一位!」が「腹の中は真っ黒だったよ!」ですよね。(^_^;) 
 でも、お祖父様の「腹黒かったわ。(笑)」の一言は、お祖母様を気遣った思いやりの一言だったのでしょうね!
 まあ、本当に腹黒かったときは「腸管壊死」ですしね!(苦笑)
<< 胃切除術後の意識障害・・・?原... 「えずく」って言葉は36年間、... >>