救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
by nozakoji
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
記事ランキング
カテゴリ
自己紹介
症例の話
救急の話
麻酔の話
自分の話
沖縄のお話し
手術室関連
ICU・患者管理関連
感染
その他
観光など
最近のお買い物
ドクターカー導入への挑戦
柴犬リュウ
医療一般
研修医教育
最新のコメント
初めて拝見しました。ナー..
by 19640818 at 09:13
はじめまして。4月から、..
by レイカ at 22:11
非公開様、コメントありが..
by nozakoji at 01:57

レゴ シティ ドクターヘリポート 4429

新品価格
¥8,000から
(2014/2/2 11:55時点)




SIKU ジク ドクターカー SK1461 【ボーネルンド】

新品価格
¥683から
(2014/2/2 11:58時点)


以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月


稀少職種?麻酔科医の仕事とは!

a0031617_15505.jpg たまに「麻酔科医の仕事」についても書いてみますね。(出張先でしか「いわゆる麻酔科医」になってませんが。(^_^;))

 麻酔科医のカバーする範囲は手術室の麻酔のみではありません。各種神経ブロック技術をいかしたペインクリニック&緩和ケア(末期ガンの方への麻薬等による痛みの緩和)もあれば、私のように救急・集中治療領域を中心にやっている人など、様々です。

 ただ、「俺は手術麻酔だけで実力充分!」とか、「救急なんか俺の技術があればいつでもできる!」という(勘違いした)人もたまに目にします。術中麻酔管理の経験しかない麻酔科医では、「術中は全く問題ありませんでした!」とICUに患者さんを送ってきても、まもなく血圧がスルスルと下がってしまうことがたまに(多く?)あります。(手術中の輸液、輸血が不足している。)
 また、術後管理をしたことがない麻酔科医では、病棟で各科の医師に「こういう患者がいるのですが・・・。」と相談されてもどうしていいか具体的にコメントできないと思います。
 少なくとも、自分より下の後輩には上記のような麻酔科医にはなって欲しくありません。
 
  あと、麻酔科医は現在、小児科、産婦人科、脳神経外科らと共に「絶滅の危機(?)」に。あるため、各地の病院に出張ででかけることも多い科です。そのため、各地の各病院の外科系医師の実力に関して良くわかっていることが多いです。

 「○○病院の△△医師は手術が上手いし早い!」

とか、

 「●●病院の◇◇医師は遅いし、出血量は多いし、、、。」

など・・・。

 なので、身内が手術を受ける際には知り合いの麻酔科医に相談することをお勧めします。(って、そんなに周囲に麻酔科医はいませんけどね。稀少動物ですから。(^_^;))
[PR]
by nozakoji | 2006-07-09 01:14 | 麻酔の話 | Comments(10)
Commented by 寧夢 at 2006-07-09 01:35 x
絶滅危惧種とは存じ上げませんでした。(笑)
かかりつけの小児科医の隣はペインクリニックだし、帯状疱疹・鞭打ち・テニス肘・ムカデに刺された時まで、職場の近くのペインクリニック兼整形外科兼内科に通院・入院していたので。(そこの先生はやり手なのか、今は老人医療施設まで経営している) 麻酔科の先生は、開業医もたくさんいるんだと思ってましたから。
ちなみに鍼治療(兼PT)をしてくれたのも、ペイン入院中だったので、10年以上鍼灸院に通うきっかけを作ってくれたのもペインクリニックだったのになあ。(うん、あんまり大きい手術でお世話になるのは・・・避けたいです。怪我も病気も)
だから身近で、それでいてちょっと怖い、(遠い)イメージのある不思議な科ですね。正直言って、麻酔科っていうのは。
Commented by nozakoji at 2006-07-09 02:05
 たぶん少しずつ増えてはいるので絶滅はしませんが、需要に対して専門医師数はかなり少ないのです。普通に全身麻酔をしている大きな病院でも、麻酔担当医は外科という病院は山ほどあります。なので、外科医の中には「麻酔なんて誰でもできるよ。」という方もいらっしゃいます。だからこそ、専門性をしっかり持って、さらに得意分野ももった守備範囲の広い麻酔科医が育ってくれたら・・・と思います。(少々、熱いコメントになりました。(^_^;)
 高校生の頃、麻酔科の病院が市内に初めてできたとき、「麻酔科?不眠の人が行くのかな?」とマジで思っていた私です。(恥)
Commented by yangt3 at 2006-07-09 08:46
外科ではありませんが、常勤の麻酔科医師の
ありがたみは、よくわかっているつもりです.
病棟の患者が急変して集中治療を必要とした時
挿管困難となった症例などなど
麻酔科の先生がいてよかった!という場面に
沢山遭遇しています.
もっと麻酔科の先生が増えて欲しいと
本当に思いますね.
Commented by nozakoji at 2006-07-09 14:14
 yangt3先生、嬉しいコメントありがとうございます! 
 ある外科系の先生には、「麻酔科の先生は忍者部隊だよね。あまり表には出てこないけど、いい仕事をしてくれるし。」と言われました。社交辞令かもしれませんが、他科の先生に認めて頂けたり必要とされる限りは、救急を中心に麻酔科医の仕事も続けていきたいと思います。あと、後輩も育てたいですね。
 大学によっては麻酔科医が大量離脱したところもあるようですが、私のところは少しずつですが増えております。
Commented by cozy at 2006-07-10 01:05 x
大量離脱って H? S?
一応うちは大量に補充もされてます,総個体数は増えてませんけど ^^;
外科医に「麻酔なんて・・・」 などと言われるようなQualityの仕事は
しないようにしなければいけませんね.
「あんたの麻酔と同レベルくらいには,私もアッペなら出来るよ」と
言ってやりたいなぁ・・・
 
私が今まで一番うれしかった外科医の一言は,
「先生の麻酔,なんか術後が楽なんだよね.回復早いし.」 です.
Commented by ユウ@当直明け at 2006-07-10 07:35 x
肺癌末期で死亡直前の患者さんにモルヒネを持続点滴するとき、
麻酔科医の先生にすごくお世話になりました。
「LKの最期はほんと苦しいからね、少しでも苦しみをとってあげるのが
せんせ、医者の義務・責務なんだよ。」
なんておっしゃっておられました。
人間的にもめっちゃいい先生でした!
Commented by nozakoji at 2006-07-10 11:15
cozy先生、コメントありがとうございます!離脱は他県の話です!(^_^;)(ウチは少数離脱はありますが…)記事には偉そうな話を書きましたが、私自身、まだまだ修行中でした。(笑)
Commented by nozakoji at 2006-07-10 19:06
ユウ君こんにちは!緩和ケアは今救急を中心に働いている自分には一番遠くて一番弱い分野です。でも、癌患者さんにとってなくてはならない分野ですよね。救急を離れて麻酔科医としてやっていくには、再勉強しなくてはならないなあと思っています。
Commented by haruurara-net at 2006-07-16 19:49
麻酔科医の先生と一緒に仕事したのは、はるか昔・・・
福岡時代です(^^;
でも、あの時もnozakoji先生みたいに術前術後をしっかり診る先生は少なかった記憶が・・・
術前は、いろいろ文句いうのに手術終われば知らないって先生の記憶のほうが強いです。
でも、nozakoji先生のブログを読んで麻酔科医とまた働いてみたいなぁと
思う今日この頃です(^^)
Commented by nozakoji at 2006-07-16 21:45
私はそんな立派な医師ではありません。できれば休んでいたいです!(笑)でも、担当した患者の術後のことで相談を受けたときには力になりたいし、なれるような医者が増えてくれたらと祈っているだけです。
<< そういや、ブログを始めて1年過... 夏休み(?)でした。 >>