救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
by nozakoji
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事ランキング
カテゴリ
自己紹介
症例の話
救急の話
麻酔の話
自分の話
沖縄のお話し
手術室関連
ICU・患者管理関連
感染
その他
観光など
最近のお買い物
ドクターカー導入への挑戦
柴犬リュウ
医療一般
研修医教育
最新のコメント
初めて拝見しました。ナー..
by 19640818 at 09:13
はじめまして。4月から、..
by レイカ at 22:11
非公開様、コメントありが..
by nozakoji at 01:57

レゴ シティ ドクターヘリポート 4429

新品価格
¥8,000から
(2014/2/2 11:55時点)




SIKU ジク ドクターカー SK1461 【ボーネルンド】

新品価格
¥683から
(2014/2/2 11:58時点)


以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月


傷は不必要な消毒ならしない、不必要な縫合もしない。

 ※きたねこ先生にコメントを頂き、表現を一部変えました。
 
 ここ数年、傷の処置に対する常識は大きく変わってきました。

 以前の私なら、外傷で患者さんが救急外来に来ると、ほぼ全例、すぐに茶色い消毒液(イソジン液)で傷口を消毒していました。傷を洗うときは、生理的食塩水を使用していました。そして、擦り傷のように縫う必要がなければガーゼを当てて帰宅させていました。また、少しでも傷が開いていれば、必ず縫っていました。

 今は、違う方法もあります!

 例えば、以下の写真の傷は、おでこを壁にぶつけてぱっかりと傷口が開いた患者さんでしたが、傷口は水道水で軽く洗ってあとは傷をあわせるテープで傷を閉めただけです。4日目にはこれぐらいの傷になりました。このあとは、さらに傷の治りをよくする被覆材(傷を乾燥させないようにする)をあてて経過を見ましたが、きれいに傷は治りました。
a0031617_11252124.jpg


 押さえつけて痛み止めの注射もしなくていいので、子供にもやさしい治療です。縫合した場合に残る可能性のある糸のあとも残りません。(注:特に顔面の傷に有効です。手や足など動かす部分の傷は開きやすいので縫合が必要なことが多いです。でも、不必要な消毒はしません。)


 
 傷治療の基本事項として自分が気をつけていることは、

 ・必要なければ消毒はしない(消毒液そのものが傷の治りを悪くする。)
 ・傷は乾かさない(湿潤環境を保つ。ガーゼもあまり使わない。※例外あり。)
 ・傷を洗うのは水道水でOK(飲み水は汚くありません!)
 ・少し開いた傷でも縫合は必ずしも必要ない。(特に顔面。※絶対に縫わないわけではない。)


 といったところです。(全症例というわけではありません。私の手に負えない(外来で長期フォローが必要な方、感染が起きる可能性が高い方など)と思えば適宜、専門医にコンサルトしています。)

 あとは、被覆材もいろんなものがあるので適宜組み合わせて使っています。(注:傷のタイプ(例:動物にかまれた汚い傷など)によっては治療方法が違うこともあります。)

 この治療方法は、夏井先生のHP(以下にリンクを載せます)や夏井先生の本で学んでやり始めましたが、本当に良い方法です!自分の満足度も患者の満足度も高いので今後もさらに勉強して続けていきたいと思っています。

 この治療方法をやってからは、キズド●イスプレーとか、マキ●ンなどは何もいいことしていない(逆に悪い!)ということがよ~くわかります!

 私たちが使っているのと同じ材料の被覆材で市販されているモノとしては、キズパワーパッドというものがあります。少しすりむいたキズなら、水道水で洗って砂を落とし、ティッシュで水分を拭き取って貼るとかさぶたも作らずにきれいに治ります!
a0031617_1293079.jpg

a0031617_1295352.jpg


バンドエイド キズパワーパッド ひじ・ひざ 3枚

新品価格
¥704から
(2014/1/30 23:09時点)


 (※きたねこ先生のコメントにありますように、屋外で泥だらけ、砂だらけのキズはしっかり洗い流さないと、逆に治りにくい可能性もあります。)
 夏井先生のHPはここです。実際の治療例などは本当に勉強になります。(血に弱い方はあまり見ない方が良いかも。)

 
追記: ※医療従事者以外の皆様へ。

 このやり方が万能ということではありません。私も、自分で外来フォローできる方を中心にこの療法を取り入れています。「私が行った病院では縫われた!」とか、「消毒された!」などというご意見もあるかと思いますがそれが悪いわけではないと思っていただきたいと思います。必要に応じて一番よいと思うことを医師はやっているわけです。
 



[PR]
by nozakoji | 2008-08-30 11:56 | 救急の話 | Comments(22)
Commented by きたねこ at 2008-08-30 14:18 x
某北国大学出身、皮膚科で細々と働いています。
最近、キズパワーパッドを十分に洗浄しないまま貼りっぱなしにして、二次感染を起こしてくる方がいらっしゃいます・・・・・・
特に、自転車とかですりむいて、普通だと洗ってとれないような細かい砂粒が入り込みっぱなしの場合とかに多いです。
閉鎖環境での治療はいい面と悪い面が混ざっています。
当直医や他院から被覆材を貼りっぱなしで、
皮膚科にいってね~と、言われ・・・・・診てみたら頭を抱えたことも、1度や2度ではありません・・・・・
最後まで傷をみれる環境で使うのであれば、問題は全くないと思うのですが・・・

すべての治療にはいいことも悪いことも、あるのは、当然だし、
悪いことばっかりみてたら、前にすすまないのはわかっているのですが・・・・・・
この、消毒から始まる問題は、もともとネットでいいことだけを強調しすぎて、
十分な観察眼を持たないまま、どろどろな創がたくさん現場で生まれているので・・・・・・
どろどろになってから、こまって相談されてる側としては、バランス感覚がほしいなぁと、思う、この頃です。

水をさすような、書き込みでごめんなさい。
Commented by nozakoji at 2008-08-30 14:54
きたねこさん、コメントありがとうございます!皮膚科の先生にコメント頂くと嬉しいです。

仰るように、感染があるの閉鎖されてしまうとこのあたりの啓蒙は難しいですね。

自分も救急外来で自分が勤務しているときにフォローをしています。そして、最初から「これはきちんと皮膚科医に診てもらわないと」という時は最初からお願いしてしまうこともあります。決して万能の治療であるとは思っていません。(言い訳っぽいでしょうか?(^_^;))

>十分な観察眼を持たないまま、どろどろな創がたくさん現場で生まれているので・・・・・・
→肝に銘じて診療に当たります。m(_ _)m

>水をさすような、書き込みでごめんなさい。
→そんなことありません。今後ともいろいろ教えてくださいませ。

私も「絶対にこれ!」とは決めつけず、先生の仰るようにバランス感覚をもって頑張ります!
Commented by nao at 2008-08-30 17:08 x
初めまして。ちょくちょく拝見しています。沖縄で頑張っていらっしゃるお医者さんの話がきけてうれしいです。
傷ときいて…ちょっとひっかかっていたことがるんですが…(低レベルな質問ですいません)。以前働いていた学校で、子供が転んで怪我をして、水道水で洗ってやっていたときのこと。ちょうど若い養護教諭がやってきて、
「ちゃんと洗って消毒しなきゃダメですよ」
と、おもむろに傷口を石けんで洗い始めました。とてもびっくりしたのですが、「細菌が入るといけないから」と。
「えー、でも石けんって界面活性剤ですよね?」
「消毒作用がありますから」
「しみますよ、あぶないですよ」
「消毒剤だってしみます」
「傷口に石けんって初めてききましたけど…」
「石けん使ったことないんですか? 不潔ですよ」
…。
彼女の母親は現役の看護師です。彼女も養護教諭として専門なわけですが…。その後、マキロンか何かで消毒していましたが、めちゃめちゃあぶないんじゃ…?と思いました。

これって、ありなのでしょうか? わたしから見れば、ほっときゃ治る程度のすり傷だったのですが…石けんがインパクトありすぎて思い出しました。
Commented by Kim at 2008-08-30 17:19 x
閉鎖療法はまだまだ問題が多いです。知らない先生、医療従事者はまだたくさんいます。当院で閉鎖療法をしていて、他院にかかり、感染していると言われたと激怒して来られる方がいます。
閉鎖療法をすると変なにおいがするのですが、これは良い液が出てきている証拠です。知らない先生が見ると化膿していると言う事になります(もちろん本当に化膿している事もありますが)。
最近は、変な匂いがしますが、これは化膿ではありません。また途中で別の病院へかからないで下さいと言っています。近くがよければ、閉鎖療法はそちらでやってもらって下さいと、、、
また消毒しないと納得してくれない人もいますので、、、消毒するふりだけしています(^.^)。
Commented by poroporo2000 at 2008-08-30 17:23
今まで、リンクありがとうございました。
この度、一身上の理由により、ブログを閉鎖することに
なりました。

 本当にありがとうございました。
単なる一介の救命士としてお会いできる日がありますように・・

アリガトゴザイマシタ♪(*’-^)-☆パチン

        一期一会
Commented by yangt3 at 2008-08-30 19:39
余談ですが、頭部外傷などで縫合が必要というと
有無を言わさず、看護師さんが創部付近の頭髪
切ってしまうのですが、その辺は
最近はどうなのでしょうか?

Commented by あたた at 2008-08-30 21:30 x
ごぶさたしてます
これ、乳幼児から小児までのお母さん方のCPR講習会で、
3年ほど前から紹介していました。
みなさん半信半疑で聞いています。
一度ホームページを見てもらって、お母さん方の責任で...
と、責任転嫁してますが(-。-;)
我が家に消毒液はなくなりました(*^^)v
近くに実践しているDr.がいればいいのですが...
Commented by nozakoji at 2008-08-31 14:04
naoさん、コメントありがとうございます!

傷口に砂や泥が入っているような傷ならその周りを石けんつけて洗っても良いでしょう。でも、それは殺菌という意味はなく、泥を落としやすくするという意味しかないでしょうね。傷の中ならとにかく大量の水(水道水で)で洗い流すのが一番でしょうね。

>わたしから見れば、ほっときゃ治る程度のすり傷だったのですが…石けんがインパクトありすぎて思い出しました。
→家の中や校内ならそんなに汚い怪我になることはないでしょうから、基本は仰るようにほっときゃ直りますよね。
 今回紹介した治療法もまだ医療関係者でも知らない人がおおいので養護教諭の先生ならまだ知らない方も多いと思います。
Commented by nozakoji at 2008-08-31 14:08
Kim先生、こんにちは!フォローありがとうございます!

確かに自分も、においや、デュオアクティブが白くふやけることなどをきちんと説明するようにしています。

>また消毒しないと納得してくれない人もいますので、、、消毒するふりだけしています(^.^)。
→確かに。そういう方には意固地にならず、傷の外側だけでも薄くいろをつけてあげても良いかもしれませんね。今度やってみます。(笑)
Commented by nozakoji at 2008-08-31 14:09
poroporoさん、こんにちは!またコメントなどお寄せください!では!
Commented by nozakoji at 2008-08-31 14:15
yangt3先生、コメントありがとうございます!

頭の怪我で髪を切ったことはありません。脳神経外科の手術でも今はほとんど切りません。(昔は全例丸坊主という病院が多かったですよね。)
髪があると縫いにくかったり抜糸しにくかったりはしますが、感染には全く関係ないと思います。(もちろん、泥や汚れを落とすために、水道水で髪・頭皮は洗浄します。)

看護師さんには「あなたやあなたの最愛の方が怪我したとき、不必要な散髪されて嬉しい?」と聞いてみたらよろしいのではないでしょうか?
Commented by nozakoji at 2008-08-31 14:21
あたたさん、こんにちは!

自分も3年ぐらい前からこの治療を少しやり始めましたが、前の勤務先では基本的に怪我のフォローまで自分たちでやっていなかったのであまり真剣に取り組んでいませんでした。やはり、一貫性をもって治療できる外来や医師がいないと広がるのは難しいですよね。

救命講習で紹介しても、近医が行っていないとそこに矛盾が生まれますよね。難しいですね。
Commented by きたねこ at 2008-08-31 22:46 x
nozakoji先生 お返事ありがとうございました。

えっと、この前の書き込みではかけなかったのですが、
私は閉鎖療法反対派、では、ないんです、
術創とか、褥瘡とか、擦り傷とか・・・・・・いろいろ使ってます。
自分のキズにもET愛用しています。

ただ、閉鎖療法はいい方法であるが故に、
勝ち戦になるものしか、使わないようにしています。
たとえば褥瘡でも、必ず週に1回はあけてシャワー浴にしてるし、(それ以上貼るのはたぶん、培養、になるので、標準的にも被覆材は最低1週間に1回交換がいいと思います)
機械油とか、農機具などの汚染創は、軟膏にして毎日洗います。
軟膏でも、ドレッシング材を工夫するとwetにできます。
あと、屋外外傷では、50代以降の方には破傷風トキソイド接種の有無を確認しています。この前も破傷風の新鮮例が勤務先で出て青くなりました。指先の小さなキズに絆創膏が貼りっぱなしになっていたそうです・・・

コストも安くはないので、患者さんに負担をかける分、
患者さんに損はさせないように、そして、下手な賭をしてこの療法の可能性をつぶすようなことのないように、と、使っています。

Commented by nozakoji at 2008-09-01 00:41
きたねこ先生、コメントありがとうございます!

>えっと、この前の書き込みではかけなかったのですが、私は閉鎖療法反対派、では、ないんです、
→この前のコメントでそれは十~分わかっております!でも、先生に指摘されて、「傷に関してあまり知識の無い方なら、安易にこの治療法に走ってしまうかな」、と読み返して思いましたので、少し表現を変えたしだいです。

>ただ、閉鎖療法はいい方法であるが故に、勝ち戦になるものしか、使わないようにしています。
→同感です。自分がきちんとフォローできるかどうかを私も見極めているつもりです。フォローできないと思われる方は、皮膚科の先生に泣きついています。(笑)

 今後も色々と教えてくださいませ!

Commented by 元保育士 at 2008-09-01 22:49 x
nozakoji先生こんにちは。
いまさらコメントすることお許しくださいませ。
私にとってタイムリーな話題でしたので・・・。

私は学童保育の施設で働いております。
そこで、ちょっとしたかすり傷とか虫刺されの跡をかきむしって傷になったとかで、子どもが「ばんそうこうを貼ってくれ」と訴えてきます。

激しく遊ぶのに痛くないようにという意味で、「何かにぶつかったら痛いから貼ってあげるけど、家に帰ったらおうちの人に見せてきちんと手当てしてもらってね」と言い聞かせて、血をぬぐうとか、消毒液(よくないかなとか思いつつも・・・)をちょいちょいとつけたりとかしてから、ばんそうこうをはってやります。

最近困るのが、そうやって貼ってやったばんそうこうが貼りっぱなしになっている子が複数いること。

先生の記事にある正しい治療法に基づくものではなく、ただ「不潔なばんそうこう(滲出液や血液で汚れているのがわかるような)」が貼りっぱなしであるという場合です。
Commented by 元保育士 at 2008-09-01 22:51 x
暑い時期ですし、皮膚の弱い子どもです。
傷が化膿しておおごとになってもいけませんし、とびひになっても困ります。
何といっても保護者が仕事で忙しいから学童に来るのです。
こじらせて病院通いをするようなことになれば、子どもの苦痛だけでなく、保護者にも負担がかかりますから、気になります。
だから、そんな時は、取りあえず、ばんそうこうよりはいいかと思い、ガーゼを当てて、紙ばんそうこうで留めておくのですが・・・。

消毒液とばんそうこうとガーゼと脱脂綿ぐらいしかない、貧しい救急箱。
どうしたものか、毎日困っています。
Commented by nozakoji at 2008-09-03 00:41
元保育士さん、こんにちは!

ご心配、よ~くわかります。

ただし、保育の現場でのキズ治療の原則は、

 ・血が止まらない!→ガーゼを当ててしっかり圧迫止血する。普通は3分間も圧迫すると止まります。
 ・泥がついてるようなけが!→消毒液より、とにかく流水(水道水)でしっかり洗い流す。ガーゼを使って砂や泥が残らないように軽くこすってください。
 ・あとは、絆創膏かガーゼをあてて親に報告で十分でしょう。治療は病院の仕事ですので、あとは医者にまかせましょう。

 これで十分だと思いますよ。

>消毒液とばんそうこうとガーゼと脱脂綿ぐらいしかない、貧しい救急箱。
→十分ですよ。大丈夫!

 貼りっぱなしの汚い絆創膏もガーゼにする必要はないでしょう。はがしてみて、赤くなっていたり化膿してなければ絆創膏をはりなおせばOKです。迷うときは医者に行かせましょう!
Commented by 元保育士 at 2008-09-04 00:27 x
nozakoji先生、こんにちは。

丁寧な説明ありがとうございました。

素人目にはついつい重症に見えるので、神経質になっていました。
しかし、よく考えてみれば、キズの治りで言えば、一般的に大人の何倍も自然治癒力の高いように思える子どものこと、あまり心配はいらないようです。
先日、私が気になって見ていた子も、次の日になったら、ジクジク怪しげな傷だったものが、多少赤みはあるものの傷は確実に治りつつあり、「取り越し苦労だったようだ」と思いました。

子どもは時にか弱いですが、一方ではとてもたくましいです!
Commented by nozakoji at 2008-09-05 00:06
元保育士さん、こんにちは!

>子どもは時にか弱いですが、一方ではとてもたくましいです!
→その通りですね!

 これからも何かありましたら気楽に質問してくださいね。(ただし、直接診る訳ではありませんので、参考意見になることが多いと思いますが。)
Commented by aya* at 2008-10-20 18:36 x
こんにちは。はじめまして。
1歳5ヶ月の男の子のママです。
2週間ほど前におでこを2センチぱっくり切り。
テープでとめて頂きました。
傷は閉じているのですが、ピンクの状態です。
少し真ん中が凹んでいます。
今からキズパワーパットを貼っても無意味でしょうか?
突然質問してしまい申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。
Commented by nozakoji at 2008-10-21 20:21
ayaさん、こんにちは!

患者さんを見ていないのでいい加減なことしか言えないという前提で書きますね。

文章からはもう閉鎖療法は必要ないと考えます。傷が閉じていてそこから液体がでていないのならもういらないでしょうね。

>傷は閉じているのですが、ピンクの状態です。少し真ん中が凹んでいます。
→とてもよく治ったのですね。けがをする前の状態と同じには絶対になりませんので、縫わずにここまで治ったということはお子さんにとって一番いい経過だったと思います。

最後にもう一度言いますね。患者さんを見ていませんので、参考程度に聞いてくださいませ。(私が本当の医師であるかどうかも不明ですしね!(笑))
Commented by aya* at 2008-10-22 01:36 x
お返事いただけて光栄です。ありがとうございます。
こちらの方こそ・・無理に質問してしまい・・申し訳なく思っております。傷を見ていない状況で・・お答えいただけただけでも本当にありがたいです。

自分では何もしてやれないのが悲しくて・・。
ただ・・出来る限りのことは・・と。わらをもつかむキモチです。

ありがとうございました。
<< 沖縄の24時間テレビ! ダイエット挑戦中です!(^_^;) >>