救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
by nozakoji
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事ランキング
カテゴリ
自己紹介
症例の話
救急の話
麻酔の話
自分の話
沖縄のお話し
手術室関連
ICU・患者管理関連
感染
その他
観光など
最近のお買い物
ドクターカー導入への挑戦
柴犬リュウ
医療一般
研修医教育
最新のコメント
初めて拝見しました。ナー..
by 19640818 at 09:13
はじめまして。4月から、..
by レイカ at 22:11
非公開様、コメントありが..
by nozakoji at 01:57

レゴ シティ ドクターヘリポート 4429

新品価格
¥8,000から
(2014/2/2 11:55時点)




SIKU ジク ドクターカー SK1461 【ボーネルンド】

新品価格
¥683から
(2014/2/2 11:58時点)


以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月


モーチョーは手術に含まれない?

麻酔科をほぼ専従にやるようになり9カ月。手術前の回診で、同じようなことが続いたので書いておきます。


手術の前日に麻酔科医は患者さんの情報収集を行います。

レントゲン、CT、血液検査、心電図はもちろんですが、それ以外に外来カルテの主治医の記載、看護師の問診記録(これが一番詳しいことが多い!)などを見てから患者さんのベッドサイドでさらに情報の確認します。

その中で、必ず

『今までに手術を受けたことはあるか?』

ということを確認するのですが、

『いゃー、手術は受けてないよ。』

と答えた方の中に、数人ですが、その言葉に続けて、

『モーチョー(虫垂炎)はしてるけどね。』

という方がいました。σ(^_^;)


モーチョーは手術ではないのでしょうか???

お腹にキズがありますよね!


その後からは、

『モーチョー、帝王切開、脱腸(鼠径ヘルニア)、骨折なども含めて何か手術を受けたことはありますか?』

と具体的に質問するようになりました。(^.^)
[PR]
# by nozakoji | 2015-01-08 02:05 | Comments(0)

麻酔科に専念

2015年になりました。

昨年春に赴任した現勤務先では、1人麻酔科医師として全身麻酔の担当と、院内の急性期体制に向けた勉強会などを担当しています。

気持ち的にはまだ救急医療に対する未練はありますが、今の体調では絶対に無理なので、自分のため、家族のため、そして勤務先に迷惑をかけないためにも、体調管理に今まで以上に気を配りながら安心安全な麻酔科業務を極めていこうと思っています。

a0031617_6585955.jpg


4月からは医師生活21年目になります。

気持ちは研修医時代と全く変わっておりませんが、知らぬ間に月日だけが過ぎてしまいました。

事故などないように、さらに気を引き締めていきたいと考えております。

a0031617_658592.jpg


リュウや家族は元気にしております。(^.^)
[PR]
# by nozakoji | 2015-01-04 06:48 | Comments(3)

ユウ君との共演

昔は救急のことを一応?書いていた当ブログ。その読者でコメントを書いてくれる『ユウ君』という優秀な医学生がおりました。

しばらく、どのような道を歩まれたのかも知らなかったのですが、昨年、立派な呼吸器内科医になっていることを知り、また交流が始まりました。

そのユウ君はご自身でもブログを続けていたのですが、それが大人気で書籍が出版されたり、連載を持ったりと大活躍をされています。私なんかとは大違いです。(^.^)


そんなユウ君から、

『今度、看護師向けの雑誌でこんな特集をするのですが、急変についての部分を書いてくれませんか?』

とメッセージがきました。

もちろん、断る理由などありません。予定など何も考えずに了承し、先日、原稿を送った次第です。(締め切りを10日以上過ぎてましたがてんσ(^_^;))


急変対応に慣れていない方に、明日から少しでも役立つ内容になるように、そして、なるべく読みやすい文章にするように心掛けたつもりですが、どうでしょうか?
[PR]
# by nozakoji | 2014-11-13 23:38 | 救急の話 | Comments(0)

日本臨床麻酔学会に参加しました。

11月1日からの三日間の会期で開催された日本臨床麻酔学会に参加してきました。

a0031617_1542952.jpg


今年で第34回で会長は東京女子医大麻酔科の尾崎 眞教授でした。

日本麻酔科学会との違いは、より臨床に役立つことを中心に発表や講演、講習か行われていることだと思います。

自分も救急から麻酔科を中心とした仕事になり勉強をしなくては…というタイミングでの開催でした。

しかし、一人で麻酔科を担当しているため休みは1日しか取れない状況…。σ(^_^;)

それならば、少しはお役に立とうと思い、超音波ガイド下での中心静脈カテーテル挿入の講習会のインストラクターとして参加して参りました。

超音波ガイド下中心静脈カテーテル挿入(リンク)

午前は指導者を養成するコース、午後は実践コースと、朝から夕方までその会場にほぼ張り付きでしたが、久しぶりにこのコースに参加して新たな発見もありましたし、数年振りにお会いする先生とお話ができたりと、楽しむことができました。

超音波装置を『正しく』使って首や鎖骨下に中心静脈カテーテルを挿入することで合併症を減らすことが可能となります。(※正しく使うという前提!)

医療安全の観点からも非常に大切な手技ですので、今後も機会があればお手伝いしていこうと考えております。(^.^)

写真は本文とは関係ありませんが、ネェネェをら追いかける次女です。(^人^)

では、また。
a0031617_1543098.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-11-05 14:44 | 麻酔の話 | Comments(2)

日本救急医学会へ参加しました。

福岡で開催中の日本救急医学会総会に一泊二日で参加してきました。

会期は三日間ですが、一人麻酔科体制なためあまり病院を留守にすることができず、一泊二日になってしまいました…。

あまりゆっくり勉強をすることはできませんでしたが、前の勤務先の研修医の発表を見たり、感染症に関する教育講演を聞いたり、機器展示をみたり、必要最低限の勉強?はしてまいりました。

週末は東京出張もあります。腰痛悪化が心配です…(ー ー;)

a0031617_0445100.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-10-29 23:58 | Comments(0)

七五三

次女の七五三でした。

a0031617_23454370.jpg


半纏は長女が11年前に着たものでした。感慨深いです(^.^)


元気に育っておりますが、これからもそのままで…。
[PR]
# by nozakoji | 2014-10-26 23:44 | Comments(2)

近況報告

コメント欄に、『10年前の研修医』さんからコメント頂きました。ありがとう。(^。^)

当時は一年間のリハビリから復帰した後でしたが、今よりは体調は良かったのでした。研修医からは颯爽と動いていたように見えたかもしれませんが、今の私からすると反省すべきことばかりです。σ(^_^;)

さて、現在の私ですが、救急もICUもない病院で、ほぼ麻酔科医専従として働いております。

もう、麻酔科医として働くつもりも無かったため、麻酔科学会の専門医資格は流してしまったのに皮肉なものです。(笑)(現在は学会の認定医です)
現勤務先は数年前に手術室ができて、手術件数が毎年増加しております。自分なりに安心安全のためのシステム作りを進めているところで、今後の目標は手術件数増加→手術室の増室というところです。

麻酔以外では、相変わらず急変対応の教育を担当し、今月からは院内BLS(一次心肺蘇生)のコースを開始したところです。

心の中では、以前のようにドクターヘリや集中治療、救急医療に戻りたいと思ってはいますが、体調的には無理のようです…。


寒くなってくると、やはり足腰の痛みが強くなり、『沖縄に帰りたい…』と思う毎日ですが、定年までは北国にいることになりそうです。

ちなみに、リュウは暑い沖縄より北国の方が生き生きしてます。U^ェ^U

a0031617_0182359.jpg



a0031617_0182452.jpg


まあ、こんな感じで何とか頑張っております。
[PR]
# by nozakoji | 2014-10-10 00:03 | 自己紹介 | Comments(0)

苦しゅうない、近うよれ。

a0031617_011228.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-10-09 22:42 | 柴犬リュウ | Comments(0)

広島の土砂災害

広島の土砂災害で被害に遭われた方、行方不明の方があまりに多く、心が痛んでいます…。小さな命も含め、すでに亡くなられた方には、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

何もできないため、少額ですが、寄付をさせていただきました。

Yahoo基金(リンク)



個人的には、あべ首相には、災害初日に首相官邸に戻るだけでなく被災地入りして欲しかったな。



最後になりましたが、被災地で救助にあたる消防、警察、自衛隊のみなさん、二次災害には本当に気をつけて下さい。陰ながら応援しております。
[PR]
# by nozakoji | 2014-08-23 00:00 | Comments(0)

リュウも避暑

全く医学的なことを書かないブログになりましたが、久しぶりに更新を。σ(^_^;)

麻酔科専従になり、研修医教育からも離れて四ヶ月がすぎました。ICUもなく、物足りない部分もありますが、体調を優先した結果の働き方としては、よいペースなのでしょう。

職場内での勉強会も性格的には一気に進めたいとこですが、慌てずに年間計画でゆっくりやることにします。

話は変わり、日本列島は暑さと豪雨にやられる夏真っ盛りとなりましたね。

北国も日中はかなり気温も上がるようですが(手術室も医局もクーラーあるのでわかりません)、夜はかなり涼しいです。
リュウも日中のリビングでは暑いらしく、今日は玄関の冷たい床で避暑していたようです。U^ェ^U


a0031617_0232622.jpg


北国の短い夏を満喫したいのですが、今年は1人麻酔科体制のため、長い連休は取れません。残念(−_−;)
[PR]
# by nozakoji | 2014-08-07 00:11 | 柴犬リュウ | Comments(3)

兄にボールの色を教える妹

『これは、あお!』

とボールの色をリュウに教えていました。(^。^)

a0031617_17204230.jpg



リュウはオモチャを貰えると思い、おすわりして付き合ってました。

良い兄です。(^。^)
[PR]
# by nozakoji | 2014-07-18 17:16 | Comments(0)

リュウ、保険に入る。

人間の年齢ならば、30歳を過ぎたリュウ。
これから、病気になったり、何があるかわかりません。

と言うわけで、保険に入りました。U^ェ^U

a0031617_2233457.jpg


写真入りの立派な保険証です。飼い主の保険証より立派ですね。(^。^)

使わずに済めばいいな。
[PR]
# by nozakoji | 2014-07-14 22:00 | Comments(2)

初期研修医の君たちへ ⑦ PHSの着信音はシンプルに。

初期研修医が勤務する病院のほとんどで、院内•院外の連絡用にPHSが支給されていることと思います。

さて、そのPHSの着信音、みなさんはどんな音にしていますか?

以前、ちびまる子ちゃんの『踊るポンポコリン』にしていた研修医がいました。

現在、多くの病院で医師以外のスタッフもPHSを持っているため、呼び出し音がなったときに自分なのか他人なのか迷わないように、他の人と重ならない着信音にしたのだと思います。

しかし、真剣なカンファレンス中に、

『タッタタラリラ♪、ピーヒャラピーャラ♫〜』

の着信音は社会人としてダメかもしれません。(雰囲気を良くすることもありはしますが。)

また、患者さんへの病状説明やお看取り、お見送りなどの時にそんな着信音が流れたら、家族はどのように思うでしょうか?こちらにいくら悪気はなくても、やはり印象は悪くなります。

PHSにポンポコリンしか着信音が無いなんてあり得ませんから、必ず、シンプルトーン1などの一般的な着信音に変更をお願い致します。

では、また。
[PR]
# by nozakoji | 2014-06-30 00:03 | 研修医教育 | Comments(1)

リュウが4才になりました。

a0031617_1638246.jpg


a0031617_1638449.jpg


次女にまとわりつかれることが多く、ストレスがかかっているかもしれませんが、これからも長生きしてほしいです。
[PR]
# by nozakoji | 2014-06-27 16:35 | 柴犬リュウ | Comments(2)

リュウの災難

もう少しで4歳になるリュウ。

a0031617_1165288.jpg


時々、次女からの攻撃にあいますが必死で耐えてます。σ(^_^;)
a0031617_1165394.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-06-25 11:04 | 柴犬リュウ | Comments(0)

初期研修医の君たちへ⑥ 研修医一年目に必要なもの、許されること

体調不良が続いている自分です。(-_-;) みなさんはお元気でしょうか?

さて、本日、社会人一年目を迎えた研修医のみなさん、おめでとうございます!

20年目のおっさんから小言をいくつか。(いままで書いたことも含めて)

1:挨拶は何度しても損はしません。しないと損します。

→「おはようございます、お疲れ様です、お先に失礼します。」残念ながらこのような当たり前の挨拶ができない社会人不適合なベテラン医師はたくさんいます。そんな医師には絶対にならないでください。医師以外の医療スタッフ、事務、清掃会社の方、すべてみなさんと同期かそれ以上の社会人です。直前に挨拶したばかりなら、会釈だけでもいいのです。挨拶できる研修医にはなんでも教えたくなります。しなければ、勉強できる場があっても呼ばれもしません。

2:遅れるならば必ず連絡を

→これも社会人として当たり前。出勤に遅れるなら、指導医か同僚、あるいは研修医担当の事務へ必ず連絡。研修医のレクチャー(特に勤務時間内のもの)に遅れるときも必ず連絡しましょう。指導医はそれなりの時間をかけて準備をしています。みなさんはお金をもらって研修をしレクチャーを受けられる珍しい立場です。相手に失礼をしてはいけません。
「予想以上に手術が長くなって・・・」というのはダメ。長くなることも予想して朝のうちに、「本日のレクチャーなのですが担当患者さんの手術に入るため状況によっては遅れてしまうかもしれません。手術中は電話できないため、まずは連絡をと思いまして。」と言っておくとよいでしょう。

3:電話の際は、「初期研修医の○○です」と名乗りましょう。

→みなさんからお電話する際は、
「初期研修医の○です。noza先生でしょうか?今、お話しても大丈夫でしょうか?」
 かかってきたら、
「はい!初期研修医の○です。」
と元気よく。

4:質問、コンサルトはどんどんしよう。

→後期研修医になると、「そんなことも知らないのか?」と怒られることも、初期研修医のみなさんは許されます。(もちろん、すぐにテキストで調べられることは除く)また、指導医へのコンサルとが遅れることによって患者さんに不利益が生じても困りますので、夜中だろうと迷わずにコンサルとしましょう。中には、研修医が夜中にコンサルトをすると怒るような指導医失格の先生もいるかもしれないですが、そんなことは気にしないでください。呼ばないで患者さんが悪化したほうが、怒られますし、患者さんが不幸です。

今回はこのへんで。
[PR]
# by nozakoji | 2014-04-05 09:56 | 研修医教育 | Comments(2)

初期研修医の君達へ⑤ スタイルから入るのも大事かも(笑)

まだ、臨床の力は備わっていない研修医。

まずは、スタイルから『医者っぽく』見せるのも大事です。(^人^)

ぜひ、同期とともに、スクラブ(手術衣)や白衣に同じマーク(病院のシンボルマーク)やロゴなどを入れたユニホーム(?)を作りましょう!


同期チームの結束力を高め(たような気になるし)、指導医からも、

『お、やる気あるな?』

と思われ(るかもしれないし、そうじゃ無いかもしれない…(^_^;))、医療スタッフからも一目で、

『あ、研修医だわ。仕方ないわね、教えてあげるか〜。』

と認識してもらえます。(^人^)

私の病院の研修医は、THS白衣NETで作りました。

a0031617_2334937.jpg


a0031617_2334921.jpg


最初はロゴを作成するための料金がちょっとかかりますが、一度作るとその後の追加が楽になります。

プリントで作ると洗濯を重ねるとボロボロに剥がれることがあるため、高くなっても刺繍がお勧めのようです。


最近は白衣業界に、スポーツブランドメーカーが加わり、いろんなデザインも増えてきました。(迷彩柄もあります。(^_^;))

まずは、スタイルから入り、自己アピールをしていきましょう!
[PR]
# by nozakoji | 2014-03-25 23:10 | Comments(0)

断髪式?

a0031617_2335754.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-03-20 23:34 | Comments(1)

初期研修医の君達へ④ PDFのテキストはGoodReaderで!

 今日は医師国家試験合格発表の日。みなさん、結果はいかがでしょうか?

 前回、ご紹介したエバーノートも使いやすいアプリの一つですが、もうひとつオススメなのは、

 GoodReaderです。

 
a0031617_17292225.png


 例えば、ネット上から自由にダウンロードが可能なPDFの書類や、ガイドライン。あるいは、自分の教科書を「自炊」(→裁断してスキャンすること)したものをPDFでみるビューワーソフトとしては、これがお勧めです。(^^)

 さくさく動くし、PDF書類以外も開くことも可能です。また、自分は現在はあまり使用していないのですが、DropBoxという保存のためのクラウドアプリなどとも連携がスムーズです。

 
 ぜひ、お試しを。

 使い方をまとめたページはここ(リンクあり)にあります。
[PR]
# by nozakoji | 2014-03-18 17:37 | 研修医教育 | Comments(0)

初期研修医の君達へ③ 資料の整理は「エバーノート」を有効活用しよう!

 ビジネスマン向けの雑誌などにもよく取り上げられるアプリである、「EVER NOTE」。これは、研修医のみならず、ベテラン医師にも使える、いや、使わなければいけないアプリです!

a0031617_1331922.png


 無料でも使えますが、自分は年間(複数年もできます。この方がお得)契約しています。

 まあ、まずは無料契約で慣れてからでもいいかもしれません。

 似たようなソフトもあるのですが、自分の使い方は以下の通りです。

 1:まず、自分のmailやパスワードなどを登録する。パソコンでもスマホでもOK。(1度登録すると、パソコンでもスマホでも同期するたびに同じ資料を見ることができます。)

 2:パソコンでパワーポイント、ワード、エクセル、PDFの書類を作ったら、エバーノートにどんどん保存します。

 3:ただ保存するだけでも検索はできますが、タグをつけていくとより便利に使用できます。また、ひとつの資料に複数のタグをつけるとより便利です。
 例えば、「敗血症ガイドラインの基本」というパワーポイント資料を作成している途中でエバーノートに保存します。この資料は、研修医向けに作ったので「研修医教育」というタグを作りタグ付けします。また、それ以外に、「ER&ICU」や「ガイドライン」というタグもつけておくと、あとになってから探すのが非常に便利になります。

 4:iPhoneなどのスマホなら、写真もエバーノートを立ち上げてカメラマークから撮影しすぐに保存できます。スナップ写真の保存も良いですが、勉強会のホワイトボードを撮影したり、人のテキストの一部を撮影したりするとあとで見直すのも便利です。


 有料のプレミアムと無料違いはここ(リンクあり)に書いてあります。

↓ソースネクストは現時点で9000円(3年間)だけど、IDのみ購入するならクレジットカード等が必要かも。
ソースネクスト:エバーノート(リンク)

↓アマゾンは現時点で10000円だけど、アマゾンを日頃から使っている方ならパックが送られてきてそのIDを入力すると良い。

EVERNOTE プレミアムパック 3年版

新品価格
¥9,694から
(2014/3/13 13:24時点)




エバーノートのホームページからなら、現時点では年額4000円です。


 有料の機能で一番便利なのは、「オフラインノートブック」機能です。ネットのない状態でもすでに同期済みなら閲覧が可能です。(^^)


 給与がたまってきたなら、スキャナーも購入するとよいです。すると、勉強会資料をどんどん取り込んでエバーノートにポン!あれ、あの資料どこ?ということが少なくなります。(という自分も、会議や仕事の資料のスキャンはあまりしてませんが。(^_^;))

 
 
[PR]
# by nozakoji | 2014-03-13 17:56 | 研修医教育 | Comments(0)

ペインクリニック受診しました。

 昨日は休みをいただき、ペインクリニック外来を受診しました。

 おかげさまで、前回入院時に処方していただいたサインバルタという薬の効果で、睡眠障害は改善してきました。また、毎朝の激しいぎっくり腰のような痛みも少し良くなったような気もします。(気のせいか?(^_^;))

 また、サインバルタ20、30mgと増加し効果があるようなので、40mgに増量することになりました。

 ブロックは、仙骨硬膜外ブロック(いわゆるコーダル)と、仙腸関節ブロックをしていただき帰ってきました。

 仙腸関節ブロックは前回の入院時に、効果があったのでまたお願いしました。ヘルニアからの痛みではなく、仙腸関節からの痛みで腰痛下肢痛もでることもあるようなので、私の場合も関係有るのかもしれませんね。

 
 では、また。
[PR]
# by nozakoji | 2014-03-13 12:59 | 自分の話 | Comments(0)

洗濯物を干すのって、難しい…。

2歳、次女は何でも真似したいお年頃。

a0031617_16134953.jpg


今はパパの靴下を干してくれてますが、そのうち、

『パパの靴下と一緒に洗わないで!』

とか言うのかな。(ー ー;)
[PR]
# by nozakoji | 2014-03-13 08:00 | 自分の話 | Comments(0)

看護師向けの勉強会『静脈注射の合併症、神経損傷』

先日、看護部に頼まれ、静脈注射実施に関する講義を担当しました。

依頼されたのは、

•静脈注射(採血)時の神経損傷

•輸液の基本

の二つ。対象は新人看護師ではなく、指導する立場にある看護師で、そこそこの経験がある人。

その人達に、指導するための知識の再復習をしてもらうのが狙いの講習会でした。


準備にあたり、いろんなテキストや文献、インターネットを調べたのですが、問題のあるページを見つけました。(ー ー;)


『点滴する時に良い血管が見つからなければ、手の関節の親指側に良いのがあるよ。』(※文は変えてます)


という感じ。

実はこの部位は、神経損傷のリスクが高くなるところのひとつなんです。

それを、リスクのことを書かずに勧めるのは問題ですよね…。

他に、神経損傷リスクの高い部位は、採血の時の尺側皮静脈と言われています。



改めて、自分も勉強になりました。

『教えることは学ぶこと』

ですよね。
[PR]
# by nozakoji | 2014-03-12 08:44 | Comments(0)

初期研修医の君たちへ② タブレット端末にはまず、「M2+」を入れよう!

 タブレット端末は医療に深く入り込んできました。

 タブレット端末対応のポケットが入った白衣も各社から出ています。(iPadを入れると、ちょっと、重そうですが。(^_^;))

a0031617_11524155.png


 研修医がまず必要なのは薬の名前を調べたり、疾患や怪我の初期対応かと思います。

 以前(の古い研修医)はいくつかのポケット版教科書をポケットに詰め込んで診療にあたってましたが、すでに生まれた時からPCやネットが近くにある環境に育った初期研修医はそんな前時代的はことはしてはいけません!

 そんな時に、まず役立つのが、タブレット端末に無料でインストールできる

M2+ランチャー

 というアプリです。

a0031617_1202859.png


 このアプリを入れたあとに、ネットで今の自分に必要なテキストを購入します。一冊ずつ購入しても良いでしょうが、セット販売もされています。(給与を貰う前の研修医にはちょっと高いので、給与後に購入でもいいかも)

 自分は、抗菌薬のテキストや、今日の治療薬などを購入しています。じっくり読みたい本は書店で購入し、ただ調べるためのテキストはタブレットに入れておくべきだと思います。検索もすぐに出来ますしね。

 昔は1つの端末にテキストを購入すると、他の端末では使えないという不便がありましたが、今は、iPhoneとiPadで使えるなど融通が効くようになりました。

 自分はiPad miniは持っていないのでiPhoneで見てますが、ちょっと老眼気味の目には疲れるようになりました。(^_^;) 
[PR]
# by nozakoji | 2014-03-11 12:30 | 研修医教育 | Comments(0)

初期研修医の君たちへ① まず、初任給でタブレット端末を買おう。

もうすぐ医師国家試験の合格発表があるので、個人的な(独断と偏見に満ちた)意見であることを前提とした『初期研修に役立つ情報』を書いてみたいと思う。

①え、まだメモ帳に記録⁈ 〜タブレット端末を使おう。

今の職場の研修医はiPhoneを持っている者がほとんどなのだが、それを有効に利用しているものは少なかったように感じる。
ある日、研修医室に入っていくと、研修医がテキストのコピーをメモ帳に貼っている光景が目に入ってきた。思わず、

『昭和生まれの研修医か!』

とツッコミを入れた。

私の研修医時代とは違い、今は、iPhone、そしてiPad、iPad mini、iPadAirがある。

医学テキストも紙媒体以外に電子版もあり、キーワード検索も簡単!
手書きで書き込みできるアプリもあるし、写真でテキストの一部を取り込んだり、PDFファイルを保存したりいろんなことがタブレット一つで出来てしまう。
これを使わないなんて、時間を無駄にしているだけ!

てなわけで、次回は自分が使っているアプリを紹介していこうとおもう。^_^
[PR]
# by nozakoji | 2014-03-08 23:55 | 研修医教育 | Comments(0)

就職先が決まりました

4月からの就職先が決まりました。

無理なく働き、そして、今は救急や集中治療から少し距離をおいた場所で働けるようになります。

でも、もちろん、救急や集中治療、災害医療の勉強は続けるつもりでいます。


まずは、一安心。
[PR]
# by nozakoji | 2014-02-28 22:39 | Comments(5)

救急領域でエコーを使いこなそう!「あてて見るだけ! 劇的! 救急エコー塾」

羊土社から以下のテキストが発売されました。

あてて見るだけ! 劇的! 救急エコー塾~ABCDの評価から骨折、軟部組織まで、ちょこっとあてるだけで役立つ手技のコツ

あてて見るだけ! 劇的! 救急エコー塾~ABCDの評価から骨折、軟部組織まで、ちょこっとあてるだけで役立つ手技のコツ

新品価格
¥3,780から
(2014/2/27 12:47時点)




低価格化と小型化により、エコーは病棟や手術室でも気軽に利用できる環境が作られています。しかし、研修医(ベテランも)がそのエコーを十分に使いこなせてはいない状況があります。

最近は中心静脈カテーテルという太い点滴を挿入する際は、安全のためにエコーを使うことが標準化されてきましたが、それ以外にも、エコーをちょっと当てるだけで研修医でもわかることはたくさんあります。それをたくさん、楽しくまとめてくれたのがこのテキストだと思います。

お勧めです!
[PR]
# by nozakoji | 2014-02-27 12:53 | 救急の話 | Comments(0)

100均にドクターヘリが‼︎

今日、マイナーな名前の100均で買い物をしていたら、ドクターヘリが目に入りました!

a0031617_22362293.jpg


全長15cmぐらいで、ヒモを引くと羽根を回しながら前進します。

…残念ながら、飛行はしません。σ(^_^;)

テールを見る限り、EC135かな。



まだまだ、救急グッズに目が行きます。諦めが悪いですね。
[PR]
# by nozakoji | 2014-02-26 22:29 | Comments(0)

ダイエット開始から1週間

63.5kgから開始したダイエット。

本日63.8kg。

炭水化物も外食で取ってしまったし、バレンタインチョコもたべてしまった…。
[PR]
# by nozakoji | 2014-02-23 21:52 | Comments(0)

就職活動中。

現在、4月からの職場を探しています。


この数年は、幸いなことに、

『こんなことをして欲しい。』

『救急部門の立ち上げを』

など、具体的な仕事内容でお誘いを受けて就職することが多かったので、あまり悩まなかったのです。しかし、今は、自分の体調を第一に考える必要があるため、自分から様々な条件を見ながら選びにいく必要があります。


当直なし(あってもほぼ呼ばれない)、週末も比較的休める、持病の定期通院がしやすい環境、通勤時間、給与など、いろいろ考えて選択中ですが、どこも一長一短なためまだ決められません。(体調が良くて元気ならとっくに決まってるのですが。)

また、

麻酔科専従の医師になるのか

麻酔科&総合診療の医師になるのか

全く違うフィールドの医師になるのか

などでも迷っています。(これも体調面からの迷い。)


今月中には決めなければ…。
[PR]
# by nozakoji | 2014-02-16 11:20 | Comments(0)