救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
by nozakoji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
カテゴリ
自己紹介
症例の話
救急の話
麻酔の話
自分の話
沖縄のお話し
手術室関連
ICU・患者管理関連
感染
その他
観光など
最近のお買い物
ドクターカー導入への挑戦
柴犬リュウ
医療一般
研修医教育
最新のコメント
初めて拝見しました。ナー..
by 19640818 at 09:13
はじめまして。4月から、..
by レイカ at 22:11
非公開様、コメントありが..
by nozakoji at 01:57

レゴ シティ ドクターヘリポート 4429

新品価格
¥8,000から
(2014/2/2 11:55時点)




SIKU ジク ドクターカー SK1461 【ボーネルンド】

新品価格
¥683から
(2014/2/2 11:58時点)


以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月


体幹トレーニングを真剣に

先日までの入院中に、リハビリテーション担当の理学療法士さんから、右下肢の筋力低下などの指摘とともに、腹筋など体幹トレーニングをしっかりすることを指導されました。

日頃から、足腰が痛い時でもなるべく4階まで階段を使用し下肢の筋力は落とさないようにしていたのですが、腹筋や背筋などを含め筋トレは正直、サボっていました。(ー ー;) (ドローインと呼ばれる常に下腹部を凹ませることはしていたのですが。)


サッカーの長友選手が学生時代にヘルニアになり、そこをカバーするためにインナーマッスルを鍛える『体幹トレーニング』を行ない、腰痛を克服したのは有名な話です。

もちろん、腰痛すべてに効果があるわけではありません。(ヘルニアが戻るわけではないし、狭い脊柱管が広がるわけではないですし。)

ただ、腰痛はいろんな要素が絡んでおり、その中には筋力の要素もかなり大きいウエイトを占めているのも事実です。


腹囲を減らす意味も含めて、少し頑張ります。


『体幹トレーニングに関するホームページへのリンク』


『長友選手の体幹の強さを表す動画のリンク』


フライングドッグ、ヒップリフト、などなどやってます。

a0031617_11371299.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-02-10 09:13 | Comments(0)

尿路感染→抗菌薬投与で良いのか?

自分はもともと麻酔科医でその後、救急、集中治療に関わるようになりました。

また、現在の研修医制度とは無縁の時代でしたので、内科のローテーションはしていません。


そんな私ですが、医師になり13年目から18年目まで勤務した沖縄で学んだ

『総合診療、感染症』

の学びはとても大きいものでした。

特に、救急車で来た重症患者さんではなく、例えば、歩いてきた発熱患者さんの病態を考える能力は、集中治療ばかりしてると進歩しなかったと思います。


件名に書いたように、昔の自分なら、

『高齢者男性、肺炎は無い、発熱で、オシッコに細菌がいるし、白血球も出ている。よし、抗菌薬と点滴!』

で終わっていたように思います。

でも、今なら上記のことをした研修医がいたらかなりの指導が入ることになります。( ̄ー ̄)ニヤ...


男性の尿路感染は多くはありません。ならば、その原因がどこか、例えば、前立腺の触診やエコーによる水腎症や結石のチェック、背部の叩打痛などをしっかり見ていなかったりするのは問題ありです。

また、

『本当に尿路感染で良いのか?』

のチェックが甘いこともあります。尿路以外の部位などに本当に感染のフォーカスは無いのか、また、抗菌薬の選択も適切ではないこともあります。


自分を振り返ると、もともと手術室やICUでまわりの多くのモニターやレントゲン、CTなどに頼る観察をしてたので、医療の基本である

『患者さん自身から所見をとる』

という当たり前のことが出来ていなくて、そこのあたりも沖縄で多くの先生方から教えていただきました。本当に感謝です。


自分は救命、ICUなどからは離れますが、総合診療や感染症などについてはこれからも勉強は続けていこうと思っております。
[PR]
# by nozakoji | 2014-02-09 08:30 | Comments(0)

入院記録5日目

昨夜は23時ごろには眠りについたと思うが、朝は痛みで5時に目覚めた。自宅のように朝シャワーで腰を温められたら楽なのだけど。

午前中の回診では、仙骨硬膜外ブロックをして頂いた。
また、最近、頸椎症の悪化による症状もあるため、久しぶりに星状神経節ブロックもして頂いたが、超音波ガイド下の穿刺だった。超音波ガイド下にしてから嗄声などの合併症は減ったとのこと。もちろん、他の腕神経叢ブロックも超音波を使用しているとのこと。

エコー機器の小型化と低価格化による麻酔•救急•集中治療領域への普及は、自分が医師になった20年前には予想してなかったことだ。(こういうことを書くと年を取ったことを感じる(^_^;))

主治医のA先生とお話して、今日で退院することに。新たに開始したサインバルタは20→30mg/日へ増量し、2週間の退院処方として頂いた。

ブロック後にベッドサイドで、A先生から、

『あんまり頑張り過ぎないで、調子悪くなったらまた同じように治療しましょう』

と言って頂き、本当にありがたかった。辛い時はこのような言葉が本当に嬉しく感じるものだ。

本当にありがとうございます。m(_ _)m


さて、お家に帰ろう。妻子が待っている。(たぶんσ(^_^;))


写真は最後の病院食。ご馳走様でした。

a0031617_1437322.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-02-07 05:41 | Comments(0)

入院記録4日目

睡眠時間は約5時間半。いつもよりは途中覚醒は少なかった。しかし、腰痛で起きた後、自宅と違い、シャワーで温めて痛みを緩和出来ないのが辛かった。ベッド上のストレッチでなんとか誤魔化した。

午前の回診では、痛みのある右の仙腸関節ブロックを施行して頂いた。

昼食はたぬきそばに、小さなおにぎり2個、バナナ、レンコンなどのキンピラ。おにぎりは食べずに残した。

午後はリハビリ。ストレッチをして頂いた後は、体幹トレーニング。結構ハードに行ったが、これを家でも続けられたら筋力増強できそうだ。(やらなければ。(^_^;))


夜になると坐骨神経痛が出てきた…。
[PR]
# by nozakoji | 2014-02-06 11:56 | Comments(0)

入院記録3日目

昨日はトラムセットとリリカは18時、サインバルタは20時過ぎに内服。

おそらく1時ごろまでには眠り、何度か覚醒したものの6:30までは寝ていられた。

午前中は次女に忘れられないように、iPhoneのFaceTime機能を使いテレビ電話で顔を見せた。まだ3日なので忘れられてはいないか。(笑)

11:30から、昨日に続きリハビリテーション。今日はかなり辛い動きの体幹トレがあり、全身がプルプルし汗も出た。改めて下肢筋力の左右差や腹筋の弱さを自覚した。(−_−;)

午後の回診の後はシャワーを浴びて読書。回診時に、

『今日はブロックの予定なし』

と言われていたので安静に専念しようと思っていたら、16時ごろに

『これから外来でブロックありまーす。』

と看護師。不意を疲れた。(・・;)

外来では、腹臥位での坐骨神経ブロックだった。坐骨神経ブロックは初めてだったが電気刺激法で確実な効果が得られた。麻酔科医としては、手術室で電気刺激法をしているが、やられたのは初めて。また、良い経験になった。(笑)

痺れ感は、神経根ブロックとは比べ物にならないくらい強い。2時間30分が経ってもまだまだ痺れている。

夕食はやはり、お浸し付き。(笑)

a0031617_1820253.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-02-05 12:20 | Comments(0)

出家???

昨日、入院先の『豪華ディナー』の写真(昨日の記事の写真)を妻に送信しました。

これを見た妻からは、

『寺にこもった?』

と返信あり。(^_^;)


高齢者が多い病院なので仕方が無いです。葉物野菜のお浸し系が必ずつくので、子供なら耐えられないメニューかも。(笑)


日頃カロリーオーバーになっている自分にとっては、ダイエットのチャンスでもありますね。自宅ならお菓子も食べますが、そんな誘惑も無いですし。(あ、食事の米は多いので、いつも残してます。)


二年前に入院した東京の民間総合病院では朝からコーヒーや焼き立てパンが選択できた(追加料金あり)けど、あれは希少な存在でしょうね。
[PR]
# by nozakoji | 2014-02-05 09:57 | Comments(0)

入院記録2日目

昨日は新しい内服薬サインバルタを夕食後に飲んだ影響なのか、消灯時間前の8:30PMごろから寝てしまい、10:00PMごろに目が覚めた。

その後は、朝の3:30過ぎまで眠れず、起きたのは7:30だった。

本日は14:00より、両側の椎間関節ブロックを各3箇所して頂いた。

夕方より、理学療法士さんから体幹の筋トレの指導を受けた。やはり、かなり弱っているみたいなので、真剣にやらないといけない…。

夕食は精進料理のような献立。痩せるかな (^_^;)
a0031617_19195925.jpg


その後は、iPhoneでFM沖縄の番組を聞いた。懐かしい‼︎
[PR]
# by nozakoji | 2014-02-04 14:23 | Comments(2)

ディズニーの基本理念は病院に活かせるのか?

最近読んだ本にあったディズニーランドの基本理念をまとめておきます。

『基本理念はSCSE』

S: Safety
C: Courtesy
S: Show
E: Efficiency

日本語なら、

『安全性』
『礼儀正しさ』
『ショー』
『効率』

となり、何らかの対応が必要な時にキャスト(社員、アルバイトなど)が考えるべき優先順位も上から下の順になっています。

企業ですから、本当は『効率』を優先すべきところですが、ディズニーでは4番目になります。


日常の営業はもちろんですが、東日本大震災の時には、その基本理念をキャスト全員がきちんと共有していることも明らかになりました。(年間180回の防災訓練の賜物でも有るでしょう)


さて、その基本理念。病院には活かせないものでしょうか?

『ショー』のSを『Shinryo 診療』に変えて、

『安全性』
『礼儀正しさ』
『診療』
『効率』

ではどうでしょう。

『病院は楽しいところではない、ディズニーとは違う』

という方もいるでしょうが、楽しくないからこそ、礼儀はもちろん、できる範囲のおもてなしをすべきなのかもしれません。(これは自戒を込めて書いてます。)



自分が昨年春に初期研修医に伝えたことの一つが、

『みんなは社会人一年目、とにかく挨拶、会釈。ウザいと思われても、相手が挨拶を返さなくても。』

でした。


そんな指導をしているので、私も立場の上下、職種に関係なくすれ違う時などかならず会釈をするようにしていますが、50歳過ぎたベテランの医師でも無視する人がいます。(-。-

絶対にあんなアホな医師にはならないでほしいですね•••。


追伸:もちろん、余裕があればSCSEの全て同時に出来れば良いのですが、トラブル発生時や患者さんの多い時などは、効率を優先しようとしたばかりに小さなミスが起きることが考えられます。やはり、安全第一ですよね。
[PR]
# by nozakoji | 2014-02-04 12:23 | Comments(0)

これからの10年間に骨折するリスクを計算!(あくまで計算予想値!)

『FRAX』という、これから10年間の間に骨折をするかもしれないリスクを計算して評価するページがあります。

a0031617_10443093.jpg


リンクはここから

この項目にしたがってご自身に関するチェックを入れていくと、最後に骨折の可能性に関する計算値が出るのです!

ちなみに、私はこれ。骨密度は入れずに計算可能です。

a0031617_10443081.jpg



このチェック項目を見ていくと、お酒やタバコ、家族の骨折歴なども関係するのがわかりますね。


お暇があれば、お試しを。


あ、40歳からの評価ツールなので、わんぱくなお子さんの評価は出来ません。念のため(^_^;)
[PR]
# by nozakoji | 2014-02-04 09:52 | Comments(0)

入院記録1日目

入院の手続きをして、主治医の先生の診察のあとは、採血、心電図、胸部レントゲン撮影、骨塩定量検査(いわゆる骨密度)を施行。

健康的な昼食(?)を食べた後は、Current Perception threshold (CPT)という神経の検査を初めて受けました。

これは、わかりやすく言うと神経の障害に関する『聴力検査』みたいなもので、

『これは感じますか?』

みたいな感じで調べていきます。(分かりにくいか?(^_^;))


その後は、神経根ブロックなどを手術室でして頂きました。(※ルートパルスを3分×3回の計9分)

がっつり神経根にあてて薬液が注入されたので、久しぶりに痛みで冷や汗がでました。(-。-;

安静の後は、現在、夕食を食べています。

今日からサインバルタの内服も開始されます。どのような効果が出るだろうか。


a0031617_18271724.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-02-03 15:26 | Comments(0)

「ガイドラインバカ」になってはいけないけど・・・。

私が20年前に医師になったときには、ガイドラインというものは一部の診療科をのぞき、現在のようには多くなかったと思いますし、手に入りにくかったように思います。

それが現在では、出版数が多い上に、ネット上で公開されていたりします。また、それをPDFを書類にしてポケットのiPhoneやiPad miniなどに簡単に保存することもできます。

患者さんへの声掛け、対応、処置の方法など、ガイドラインにはできず、まだまだ先輩や同僚の言葉に耳を傾けながら自分の方法を見つけていかなければならないこともたくさんありますが、
「とりあえず、現在知っておかないといけないその分野の最低限の常識」
はガイドラインに沿っていれば間違いはないです。

そういう意味では、この救急ICUで必要な最低限のガイドラインが集まったこのテキストは役立ちそうです!

アマゾンで買っちゃいました!

救急・ICUですぐに役立つガイドラインこれだけBOOK: 看護師・研修医必携 (エマージェンシー・ケア2014年新春増刊)

新品価格
¥4,200から
(2014/2/1 15:03時点)



[PR]
# by nozakoji | 2014-02-01 15:11 | ICU・患者管理関連 | Comments(0)

ペインクリニックに入院します。

最近、ちょっと忙しくなったせいもあり、かなり足腰ともに痛みが強くなっていました。

目の前で忙しくしている人がいれば、

『いや、いま自分は足が痺れてるし、無理です。』

とは言えません。

また、寒さもやはり悪化の原因になっていると思います。


そんな体調についてペインクリニックの先生にご相談したところ、入院治療について快諾して頂けましたので、来週から職場の上司達にも甘えることに致しました。

神経ブロック以外にどんな治療になるかはまだ不明ですが、頑張ってきたいと思います。
[PR]
# by nozakoji | 2014-01-31 20:39 | Comments(2)

『茶の間』は死語か。

昨日、長女に

『茶の間に行きなさい』

と言ったら、

『ちゃのま?』

と変な顔されました。

…リビングですね。(^_^;)


死語か。
[PR]
# by nozakoji | 2014-01-31 14:55 | Comments(0)

「よくわかる人工呼吸管理テキスト 第6版」が発売に!

「よくわかる人工呼吸管理テキスト」
は人工呼吸に関するテキストが現在のようにたくさん発行されていない時代から発売されていた歴史的書物(?)の一つだと思います。(研修医制度が始まってから、研修医や看護師向けの救急やICU関係のテキストは本当に充実しました)

正直、昔は「見にくいな〜、分かりにくいな〜」というページもありましたが、改訂により見やすくなっているように思います。

よくわかる人工呼吸管理テキスト

新品価格
¥5,040から
(2014/1/30 23:23時点)




※個人の感想です。( ̄ー ̄)
[PR]
# by nozakoji | 2014-01-30 23:30 | ICU・患者管理関連 | Comments(0)

高齢者が腰痛→食欲不振で救急搬送、続き

前々回の続き。

入院にあたり、内服されている薬を確認すると、私も飲んでいる『トラムセット』が整形外科から処方されていました。

a0031617_045968.jpg



40代の私でも、トラムセットの副作用である吐き気、腹満感、便秘にはかなり悩まされました。吐き気止めは飲んでも、なかなか効果は出ません。また、便秘でお腹が張るので、食べる気があまりしなくなります。


全ての開業医の先生がそうではありませんが、患者さんの年齢や背景をあまり気にせず、添付文書(説明書)に書かれた量をそのまま処方される方がたまにおります。

この高齢者の方も、一日4錠処方されており、その副作用で食欲不振になっていたのでした。


『高齢者、薬に弱いぞ、少しずつ』


の原則にのっとり、まずは一日1から2錠で開始すべきだったように思います。


入院後は、トラムセットの内服を中止にしたところ、食欲も出て元気になったのでした。

確かに、鎮痛剤としては優れたものですが、副作用、特に高齢者ではその処方量に注意が必要です。

以上、経験者は語る。
[PR]
# by nozakoji | 2014-01-26 23:45 | Comments(1)

元 上司の命日

元 上司であった教授の命日が近づいてきた。

人柄の良い方で、会議や手術で忙しい中、私なんかにも優しく接して頂いた。

良い思い出ばかり。

合掌。

気持ちばかりの供花をさせていただきます。

a0031617_21174551.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-01-26 21:10 | Comments(1)

高齢者が腰痛→食欲不振で救急搬送

以前いた職場であったことです。(細かい部分は変えてます)

85歳の女性が10日前に転倒して、腰を強く打ちました。

家族と共に近くの整形外科を受診したところ、

『レントゲンでははっきりした圧迫骨折はないが、痛みが強いのでヒビは入っているかも。』

と説明されて、腰のコルセットと痛み止めを出されて帰宅しました。

a0031617_13435340.jpg



受診後は、コルセットと痛み止めのおかげで痛みも我慢できる範囲となり、日常生活もひとりでできていました。

ところが、受診から1週間後くらいから、元気がなくなり、臥床がちとなり、ご飯を食べなくなりました。

それから3日後、グッタリして会話もうまくできなくなったため、救急搬送されてきました。


呼びかければ何とか会話はできますが、すぐに目を閉じてしまいます。舌は乾燥していますし、血液検査でも脱水を疑う値でした。

高齢者が元気が無くなった場合、尿路や肺炎などの感染症をまず疑うのですが、この方ははっきりしませんでした。

原因は、、、、続く。
[PR]
# by nozakoji | 2014-01-23 13:24 | Comments(3)

次女が2才になりました

先日、次女が2歳の誕生日を迎えました。

なんでも『いやいや』して、妻を困らせていますが、今のところ元気に育っております。

また、11歳年上の長女も面倒をよく見てくれるので、病弱な父親は本当に助かっています。

おじいちゃん、おばあちゃん、そして親からのプレゼントに大喜びしております。

a0031617_23211353.jpg

↑レゴデュプロの汽車と救急車。救急車は父親の趣味で購入。(^_^;)

a0031617_23211493.jpg

↑アンパンマンの踏むと音の出るゲーム。

a0031617_23211483.jpg

↑木製のキッチン。妻のママ友にたのんで、その方の実家に近いIKEAから購入し送ってくれました。


この子が大学に行ったら卒業するのはあと20年。

自分は働けているのだろうか、生きているのだろうか?

レゴブロック LEGO 5793 デュプロ ドクターカー

新品価格
¥2,950から
(2014/2/1 15:00時点)



レゴ デュプロ かずあそびトレイン 10558

新品価格
¥3,150から
(2014/2/1 15:01時点)



[PR]
# by nozakoji | 2014-01-22 23:08 | Comments(0)

黒糖しょうが

沖縄のローソン、サンエーで売られているプライベートブランドから出ている『黒糖しょうが』。

a0031617_1444974.jpg



内面から温まるのには最高です。

『鰯の頭も信心から』

ですので、

『内面から温まり、痛みも取れますように』

と思いながら飲んでおります。^_^
[PR]
# by nozakoji | 2014-01-21 14:00 | Comments(1)

家族サービス

昨日もいつもより多めに薬を飲んで、仕事を乗り切った。帰りには、かかりつけの整骨院で治療を受けた。

で、今日は家族サービス。

妻子の希望にも応えないと、将来、寝たきりになったときに、棄てられますよね。(ーー;)

次女は、大量のレゴに大喜びです。

a0031617_1435574.jpg



a0031617_1435646.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-01-18 14:29 | Comments(0)

医学書の処分

毎日、少しずつ救急関係の医学書、雑誌を処分している。

使えそうなものは研修医や看護師に渡しているが、医学書は重たいものが多いので腰痛のある自分には一苦労。

今日はキャリーケースを使って運んでみた。


おそらく、すでに数十万円分は処分したと思われる。(ー ー;)


ま、読まないものはとっておいても仕方ないし、今はネットで調べられるのであまり問題はないだろう。
[PR]
# by nozakoji | 2014-01-13 21:53 | Comments(1)

救急やICU、研修教育からは離れるつもり。

10月から薬(トラムセット、リリカ、リーゼ、ボルタレンなど)をガブ飲みしながらじゃないと働けない体調になっている。

毎朝、ぎっくり腰と同等の痛みがあるし、夜間は薬の副作用や痛みで途中で覚醒する。

日中は麻薬系の薬の影響でボンヤリするし、痛みもそれほど楽にならないため、辛い。副作用の便秘も辛い。

当たり前だが、そんな痛みや辛さは他人には分からない。特に、手術や病気休暇のことを知らない今の職場の方は、あまり働かない救急医と思っているだろう。


一人の時は、『死んだら楽になれるの』かと思うこともあるし、救急に運ばれる自殺未遂の患者さんの気持ちもよくわかる。
可愛い妻子がいてくれなかったら、とっくに死んでたと思う。しかし、そんな家族に痛みが辛い時には、八つ当たりしてしまう心の狭い自分がいる。最低だ。

ココロが病んできているし、さらに体調の不良に輪をかける。

院内部署のコーディネート業務のために頭を下げることも多いが、体調不良の今は、それが苦痛。しかも、すでにアナウンス済みのことを訪ねてくる人もいる…。(アホか、と言いたいが、分かりにくくてスミマセンと頭を下げた。)


やりたいことから、やれることへ。

自分のためから、家族のためへ。



救急やICU管理、研修教育業務からはしばらく、いや、多分、永遠に離れます。


心の底では、救命救急センターの運営などもやりたかったけど、叶わぬ夢となった。
[PR]
# by nozakoji | 2014-01-09 23:17 | Comments(2)

PCTより有用なプレセプシンが保険収載

 現在、敗血症の診断や経過観察にプロカルシトニン(PCT)を指標のひとつとすることがあります。

 しかし、今月、保険収載された新しい敗血症バイオマーカーのプレセプシンは、PCTやCRPより早く陽性になり、その値の経過は敗血症の重症度と相関するようです。


 三菱化学メディエンスの記事はここから。(リンク)

 勉強しないと・・・。

医療スタッフのための やさしく解説!日本版敗血症診療ガイドライン

新品価格
¥3,150から
(2014/1/30 23:20時点)



[PR]
# by nozakoji | 2014-01-09 13:44 | 救急の話 | Comments(0)

44才で転倒すると…

雪道で転倒した。

右手でからだを支えて、擦りむいたのだが、思いのほか血だらけになり、ショックが大きい。(-_-)

a0031617_22492981.jpg


傷の処置は、きれいに流水で流したあとは、ハイドロコロイドを使用した絆創膏などで湿潤療法としました。
[PR]
# by nozakoji | 2014-01-08 22:46 | Comments(1)

リュウと雪遊び

沖縄生まれの次女、もうすぐ二歳。父と違い元気に雪遊びをしています。

a0031617_1327046.jpg


↑写真は正月にリュウと遊んだ時のもの。U^ェ^U 長女の同い年の頃の顔にそっくりです。
[PR]
# by nozakoji | 2014-01-05 13:20 | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

体調不良や、病院のブログやFacebookの更新担当のために、こちらは放置しておりました。(ー ー;)

やはり体調不良は回復しないため、救急からは完全に離れることを決めました。医師になり20年目になりますが、自分の体調を考えて、仕事を選択していこうと思います。

a0031617_0102076.jpg

[PR]
# by nozakoji | 2014-01-02 00:04 | Comments(2)

但馬救命救急センター ドクターヘリTシャツ!

ドクターヘリ基地病院のスタッフとの交流などからTシャツを頂くことがあります。

今回、ドクターヘリの要請件数が多く、しかも重症患者さんにおいて素晴らしい救命率を誇る、兵庫県の公立豊岡病院 但馬救命救急センターの小林センター長より、ドクターヘリTシャツを頂きました!(^人^)

a0031617_14535157.jpg


週明けから白衣の下に着用して、テンションを上げて行きたいと思います。(笑)
[PR]
# by nozakoji | 2013-09-14 14:47 | Comments(0)

ドクターヘリモデルの腕時計!

限定品、救急関係のグッズに弱い私です。

こんなものを見つけてしまいました。(>人<;)

a0031617_2257610.jpg


お値段は•••

77700円‼

た、高すぎる…。σ(^_^;)

さすがに買えません。
[PR]
# by nozakoji | 2013-09-11 22:53 | Comments(0)

北国はお金がかかる…。

なんだかもう寒い北国。

ストーブはまだまだ不要だけど、冬に向けて南国とは違い出費が増えて行きます。


•秋物ファッション。冬物ファッション
沖縄にいると、寒くてもTシャツをメインにジャケット、ユニクロの薄いダウンで過ごせましたが、北国はそうはいかない。沖縄では不要の冬用の靴も買わないと…。

•ストーブの燃料
ガスだけど、いくらかかることやら。

•スタッドレスタイヤ
沖縄では不要でした。(笑)

•スノーワイパー
沖縄では不要でした。(笑2)

•娘のスキー用品一式
沖縄では…省略。

•エンジンスターター
乗る前に室内を温めて、ウインドウの氷を溶かすには、室内から駐車場にある車のエンジンをリモコンでかける必要があります。
沖縄では不要なため、沖縄に持っていった車のエンジンスターターをみたウチナーンチュは驚いてました。(笑)

•除雪用スコップ、車用スノーブラシ


南国ではほとんどの冬物は捨て、残したものもかなり古いのでほとんど買い替えかな。


お金ためないと…。(−_−;)
[PR]
# by nozakoji | 2013-08-28 12:29 | Comments(1)

救急救命士の業務拡大

来年度から、救急救命士に二つの業務拡大が認められました。

一つが、
『血糖値の測定と低血糖発作に対するブドウ糖溶液の投与』
です。

意識障害の訴えでドクターカー要請があり、患者さんに接触すると低血糖が原因ということはよくあります。しかも、ブドウ糖を投与した途端に意識が回復するので、現場でいち早く投与するのはとても有用と考えます。

また、血糖値測定は糖尿病の患者さんなら自分で簡単に行っている処置ですので難しいことはありません。(^人^)

もう一つが、
『心肺機能停止前の静脈路確保と輸液の実施』

現在の法律では、救急救命士は心肺停止になった患者さんにしか点滴をすることができません。それが、現場では心臓は停止してないけど、病院到着までに止まるかもしれないような重症患者さんにも点滴することが可能に為るのです。

吐血や下血で出血の多い患者さん

アナフィラキシーショック(重症のアレルギー)の患者さん

重症外傷の患者さん

など、適応となる患者さんはたくさんいます。


地域で決められたルールに従い、適応の患者さんには病院と連携しながら処置を行なっていただき、患者さんの状態改善に役立てば良いですよね。(^人^)
[PR]
# by nozakoji | 2013-08-18 18:21 | Comments(0)