第2回沖縄メディカルラリー その2 ~担当シナリオ~

すこし時間があきましたが、メディカルラリーの記事の続きです。期間があいたので基本事項から記載します!


 9/25土曜日、浦添市にある浦添総合病院の敷地内を利用して、第2回の沖縄メディカルラリーが開催されました!

a0031617_11353483.jpg



 メディカルラリーとは救急隊役のチーム(医師、看護師、救急隊員などで構成)が救急現場を再現した場所で、患者(人形のこともあり)を診察し、その対応能力を競い合う大会です。現在、北海道から沖縄まで、規模の差はありますが、全国各地で開催されています。

 第1回、そして、今回も私はスタッフとしての参加です。(^_^)v


 今回私は外傷現場の設定(シナリオ)を考え、そこの統括責任者を担当したのですが、簡単に説明すると、こんな感じです。


 設定:「119番要請内容。60代の男性が頭から血を流して倒れている。意識は無い。」

 救急隊が現場に行くと、酩酊状態の男性が仰向けに路上に寝ています。そばには自転車が倒れています。患者の意識は要請内容とは違いはっきりしています!(やや酩酊ですが。)
現場は居酒屋のある細い小路で、車通りはほとんどありません。警察はまだいませんが、安全は確保されています。

 
a0031617_11373262.jpg



 傷病者に話を聞くと、

「居酒屋の帰り道に段差で運転を誤って転んださぁ~」

と事故状況を覚えています!

 現場には「自称」友達がいますがかなり酔っています。しかし、この方は患者とは今日居酒屋で会ったばかりなのに「友達」と名乗っている設定です。なので、患者のことは何も知りません。救急隊が傷病者の病気などについてこの「友達」に聞くと、「血をサラサラにする薬を飲んでるよ~。」と、自分の内服している内容を話してしまいます。

 さて、患者さんの観察に入ります。初期評価(意識、気道、呼吸、循環の異常を確認すること)では何も異常はありません。

 ここで救急隊は、「あれ?異常ないの?」となります。

 続いて全身観察(解剖学的に命に関わるような外傷などの所見が無いか観察すること。)に移ると、どうやら四肢の麻痺があるようです。 四肢に外傷があるのに痛みの訴えもありません。

 この患者さんは、もともと頸椎に病気(後縦靱帯骨化症により脊柱管狭窄症がある。)あったため、自転車で転んだという軽い外力だけで、脊髄損傷による四肢麻痺を生じたという設定です。

 

 これだけ見ると、全く難しい設定ではありません!しかし、メディカルラリーという大会は、手の込んだ設定が多いため、こんな普通のシナリオの方が

 「ひょっとして、現場にいる関係者が倒れるかも?」

とか、

「他に傷病者が隠れているかも?」

と参加者に戸惑い?が生じるようです。事実、参加した方は声をそろえて、

「noza先生なので、何かあると思ったんですけど・・・。」


と、言われました。(^_^;) 自分はそんなに意地悪だと思われているのでしょうか?(笑)でも、あえて基本に忠実なシナリオを出すということ自体、天の邪鬼なのかもしれませんね。


 少し難しい設定や多数傷病者のシナリオは他のところにあったので、私自身の狙いとしては、

正しい現場状況の評価をしているか?

正しい初期評価を行えるのか?

正しい全身観察をおこない、その状況をきちんと周りの隊員に周知したのか?

2次損傷を与えるようなバックボード固定をしていないか?

どんな事が起きているのかきちんと考えて、病院に状況を伝えることが出来るのか?



というあくまでも基本的な部分です。JPTECという外傷初療のガイドラインはあるのですが、それを利用しつつも現場できちんと考えることが大事かな~と思い、このようなシナリオにしました。


 とは言っても、チームでの競技会であるため、緊張のためか、日頃は業務として当たり前におこなっていることがうまくできなくなっていました。(特に院内スタッフ。)

 例えば、きちんと全身観察することなく救急車に搬入しようとして、そこで初めて「あれ四肢麻痺?」に気づくというチームもありました。
 また、自転車で倒れているというだけで、まだほとんど評価もしてないのに「救命センターですか?自転車で転倒した患者さんの受け入れお願いします!」と日頃は絶対に行わないような事前連絡を入れるチームもありました。自転車で転倒した方全てを救命センターに搬送してしまうと、救急医療の崩壊が加速してしまいます。(笑)

 

 これでメディカルラリーのスタッフは北国時代も含めて3回目です。見ていると参加者は冷や汗もかいていますがとても楽しそうです!次はどこかのメディカルラリーに選手として参加してみたいなあ~と思います!



 ・・・・でも、

「あいつ、日頃は審査したりしてるけど、選手としての実力は全然ダメじゃん!」


と言われそうで怖いなぁ~。(^_^;)
[PR]
by nozakoji | 2010-10-18 12:00 | 救急の話

救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30