救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
by nozakoji
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事ランキング
カテゴリ
自己紹介
症例の話
救急の話
麻酔の話
自分の話
沖縄のお話し
手術室関連
ICU・患者管理関連
感染
その他
観光など
最近のお買い物
ドクターカー導入への挑戦
柴犬リュウ
医療一般
研修医教育
スポーツ医学
クリニック経営 開業

レゴ シティ ドクターヘリポート 4429

新品価格
¥8,000から
(2014/2/2 11:55時点)




SIKU ジク ドクターカー SK1461 【ボーネルンド】

新品価格
¥683から
(2014/2/2 11:58時点)


以前の記事
2018年 06月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
その他のジャンル


病院救急車での転院搬送って恐ろしい!!!

 「このまま新規投稿せずにいようかな~。」という気持ちがこの2日間ほど心の中に渦巻いていたnozakojiです。(笑)

 先日、車で1時間ほどのT川市まで救急車による転院搬送をしてきました。

 患者さんは腹部の術後に気管内から出血したため、当院に搬送され血管内カテーテルによる治療を受けた方です。

 まだ気管挿管による呼吸管理は必要なため、nozakojiがバッグで呼吸を補助しながらの転院となりました。
 
市外への搬送と言うことで病院の救急車で向かったのですが、年配の運転手さんはマイペースでゆっくりゆっくり国道を進んでいきました。
 薬剤・酸素ボンベの準備など万全を期して乗ったものの、「早く病院に到着したい!器材もイマイチだし!」という気持ちが強かったので、

 noza:「すいませ~ん。お金は自分が出しますので高速なんか走っていきませんか?」

 と聞いたところ、

 運転手:「あ、急いだ方が良いですか?わかりました、サイレンを鳴らして走行しますね~。」
 
 (nozakoji心の声 「できるなら、最初からやってくれよ!」(>_<) )

 と、思った自分が馬鹿でした・・・。
 
 サイレンが鳴り始めると同時に、それまでの運転とはうって変わって、オンボロ救急車を駆ってクレイジーな運転をし始めたのです!大型トラックが行き交う国道をガンガン追い抜くのは当たり前、片側一車線のトンネル内もモナコグランプリのように果敢に反対車線から攻め込んでいくのです。(T_T) 
 5年前にドクターカーに乗せてもらったときも激しい走りをする方はいましたが、今回は周りが大型トラックだらけでしたし、道幅も狭い状況でしたので非常に恐怖を感じました。途中で喀痰吸引したくても怖くてできない状況でしたし、同乗した学生も最初は平気でしたが、病院到着時には「ちょっと気分が・・・。」という始末・・・。

 見た目はおとなしそうな運転手さんでしたが、サイレンが彼を「ティレルでデビューした時のジャン・アレジ」に変えてしまいました・・・。(例えが古~!しかも、特にうまい例えでもないし!)


 ヘリならあっという間なのにな・・・・ってな訳で、3日に横浜で行われる航空医療学会に行って勉強してきます!(←無理やり?)
[PR]
by nozakoji | 2005-10-31 23:06 | 救急の話 | Comments(8)
Commented by あたた at 2005-11-01 22:48 x
へたな漫才より笑ってしまいました(^o^)
サイレンが人を変えるのは私の会社でもあります。
しかし、一車線のトンネルではサイレンも赤灯も消します。
トンネルの入り口200~300m手前からです。
緊急車両に驚いたドライバーが急停車して事故を起こした事例がありました。
Commented by nozakoji at 2005-11-02 02:33
そうですよね、片側1車線のトンネルでは抜かないですよね~?本当に命の危険を感じました・・・・。(正直、患者さんの呼吸補助換気する手もやや止まり気味だったと思います。(^_^;))
Commented by ユウ@お出かけ前 at 2005-11-02 10:55 x
僕も救急車実習で同乗させてもらったことがあるんですけど、
後部座席だけは揺れない、という最新式の救急車でした。
しかしながらゾクあがりの兄ちゃんみたいな暴走運転には
最新式救急車は役立たずで、救急車を降りる頃には後部座席に乗っていた
僕たちは擦り傷や打ち身をつくってました。。。(´・_・`;)
Commented by nozakoji at 2005-11-02 15:37
運転手はユウさんのように下○だったのかもしれません(笑)
Commented by foobirds at 2005-11-02 15:54 x
救急車に乗っていてむかついたのが、一般車両が結構どいてくれなかったり、道をふさいできたりすることです。
ほんと、喧嘩売ってるとしか思えない運転をしてくるので腹立ちました。
そして車酔いしました・・・。

以後、サイレンが聞こえたらそっこーでハザードつけて寄せてます。

運転免許を取らせるときに、みんな乗せてあげたらいいのに・・・。そうしたらもっとマナーが良くなるはずだとおもいます。
Commented by nozakoji at 2005-11-04 13:29
 ハザードつけてすぐに道を空けてくれる人は多くはないですよね。でも、音楽をガンガンかけて運転しているとサイレンとか聞こえないときもあるんだよな~。(←私はこれで速度違反で捕まりました。警察は「サイレン鳴らして警告していたのに・・・。」と言っておりました。(涙)
Commented by Willway_ER at 2005-11-06 01:22
医学生、しかも5年生でありながら、
救急車はまだ一度しか乗ったことがないです。
しかも、その一度はストレッチャーで横たわっている側でしたwww
診る側として、早く乗ってみたいです。
Commented by nozakoji at 2005-11-06 04:55
 >診る側として、早く乗ってみたいです
救急車に診る側として初めて乗ると、案外なにもできないことに気づきます。(自分はそうでした。)周りに知っている顔がいないといつも通りには動けないです。まだ、患者としては乗っていないnozakojiです。
<< 「ちょっと楽しみ!」な週刊誌連... 患者経験その1~円錐角膜 >>