救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
by nozakoji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
記事ランキング
カテゴリ
自己紹介
症例の話
救急の話
麻酔の話
自分の話
沖縄のお話し
手術室関連
ICU・患者管理関連
感染
その他
観光など
最近のお買い物
ドクターカー導入への挑戦
柴犬リュウ
医療一般
研修医教育
スポーツ医学
クリニック経営 開業

レゴ シティ ドクターヘリポート 4429

新品価格
¥8,000から
(2014/2/2 11:55時点)




SIKU ジク ドクターカー SK1461 【ボーネルンド】

新品価格
¥683から
(2014/2/2 11:58時点)


以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
その他のジャンル


「麻酔前投薬」の効果って素晴らしい・・・・???

 久しぶりに麻酔の話を書きます。(最近、ほとんど麻酔担当してないけど。)

 a0031617_152223100.jpg今から約4年前、私が術後腰下肢痛で「麻酔フリーター生活」を送っていたときに、母が開腹手術を受けることになりました。私は、その病院の外科・麻酔科にお願いして手術に立ち会わせて頂くことにもしました。

 手術室に入る30分ぐらい前に、母に「麻酔前投薬」が筋肉注射されました。

 
 麻酔前投薬(以下、前投薬)を患者さんに行う主な目的は、「患者さんの不安をとってあげて、軽い鎮静状態をつくる」ということです。
 
 前投薬の種類は色々ありますし、投与の仕方(内服薬、静注、筋注、注腸(肛門から注入。乳幼児向き)も麻酔科医の好みにより様々です。
 研修医が高齢者に多めの量の前投薬を指示してきたりすると、手術室に来たときには「意識レベル300」(体に痛み刺激を与えても体を動かさないほどの昏睡状態!)なんてこともあります!((^_^;)あ、事故にはなってませんよ!念のため。)

 母の場合は、「ミダゾラム」という薬が使用されたのですが、この薬の良いところは「健忘」つまり、手術室入室時の嫌な記憶などを忘れさせてくれるのです。

 
 nozakojiは母が入室する前に手術室に先回りし、「一応、医師であるバカ息子が側にいるよ!」ということをアピールしに行きました。

 nozakoji:(マスクをずらして顔を見せた状態で)「どう、緊張してる?」

 母:「いや~、あの薬、ぜんぜん効かないみたい。眠くならないし、頭もハッキリしてるわ。」

 nozakoji:「うん、まあ、でも、麻酔科の先生はベテランだから、大丈夫だよ。」(あれ、ホントに結構ハッキリしてるな。全然眠たそうでもないな。量、少なめか?)


 その後、安全に麻酔の導入が行われ、夕方までかかる長時間の手術となりましたが、無事、手術は終わりました。

 麻酔の影響も抜けて母の頭がスッキリした状態で、最愛の息子は母に問いました。

 nozakoji:「どこからの記憶が無くなってる?手術室入り口でnozakojiが話しかけたところは覚えてるでしょ?」

 母:「え、あんた、手術室にいたの?」

 nozakoji:「・・・・・」(T_T)


 そりゃ、麻酔科専門医ですから、解っていますよ。しっかり話している方でもあとで全く覚えていない人がたくさんいることは!

 でも、あそこ(手術室での母子の会話)の記憶は残しておいてくれよ、ドルミカム(一般名ミダゾラム)!痛い足を引きづって手術室に先回りした意味ね~じゃん!!!

 ま、母にとっては良いことでしたが。
[PR]
by nozakoji | 2005-12-13 15:28 | 麻酔の話
<< 胃切除術後の意識障害・・・?原... 「えずく」って言葉は36年間、... >>