救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
by nozakoji
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事ランキング
カテゴリ
自己紹介
症例の話
救急の話
麻酔の話
自分の話
沖縄のお話し
手術室関連
ICU・患者管理関連
感染
その他
観光など
最近のお買い物
ドクターカー導入への挑戦
柴犬リュウ
医療一般
研修医教育
スポーツ医学
クリニック経営 開業

レゴ シティ ドクターヘリポート 4429

新品価格
¥8,000から
(2014/2/2 11:55時点)




SIKU ジク ドクターカー SK1461 【ボーネルンド】

新品価格
¥683から
(2014/2/2 11:58時点)


以前の記事
2018年 06月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
その他のジャンル


救急講習における受講生への教え方・伝え方って難しい・・・。

 那覇空港であんな災害が起きるとは驚きました。一応、「出動がかかるも・・・」という心構えでいましたが、大きなけが人が出ることもなくてホント、良かったです。

 さて、前回の記事に対して、普通救命講習を受講された「元保育士さん」が受講後の貴重な感想をお寄せくださいましたので、それに対する返信コメントを記事として書かせて頂きます。

以下、頂きました3つのコメントを編集させて頂きます。(注:太文字は私が編集した部分です)青文字がnozakojiの返信コメントです。私も含めて、蘇生講習を担当する立場の方に参考になれば、幸いです。(私は非常に参考になりました。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 4時間の普通救命講習、行ってきました。

 実技は、2つのグループに分かれてやったのですが、先生によって全然雰囲気が違って、両方のグループで勉強したかったと思いました。うちのグループは淡々と技術の習得、評価は甘め、向こうのグループは、迫真の演技(というか実際の場面ではあんなふうになりますと言われました)と、先生の厳しい指導でした。

 →一昨日、「蘇生講習を行う際にどのように教えたら、受講生の方が満足してもらえるのか?理解を助けることができるのか?」ということについて学ぶためのコースをお手伝いしてきました。教え方はインストラクターの性格的な部分や、考え方により変わってきます。元保育士さんは非常に勉強熱心なので「厳しくしてほしい」という気持ちももたれたのでしょうが、人によっては厳しい指導が辛いと思う方もいます。なので、どちらが正しい指導方法なのかは終わった後の受講生の満足度を調査しないとわかりません。
 ホント、人に教えることは「難しい・・・。」です。(^_^;)


 
 休憩時間にちょっと胸骨圧迫を練習していたら、怖い方の先生から、思い切りダメ出しされました。「ほら、ひじ曲がってる、手首より肩は前」って。

 →自分は、講習会ではダメ出しはしないようにしてます。休憩時間に練習をする「やる気のある素晴らしい受講生」には、
 「自主トレですか?すごいですね!(しばらく見てから)そうですね~、肘を曲げないように胸骨圧迫をするとしっかり強く押せると思いますよ。どうです?しっかり押せてますよね!」というようになるべく否定的な教え方はしないようにしています。



 AEDの使い方は、操作自体は難しくないけど、使いこなすのは結構難しいと思いました。胸に金属があったらいけないし、ペースメーカーあったら、離してパッド貼らないといけないし、水に濡れてたら拭いてからだし。
私がAEDを操作する時の設定は、「プールのシャワールームで人が倒れている」だったのに、いきなりパッド貼ろうとして、ストップかかりました。「胸は濡れてるでしょ?」って

 →これも蘇生人形を用いて講習を行うときには出てくる問題点ですね。実際に人形に水を振りかけることができないのなら、インストラクターは受講生がパッドを貼る前に「さあ、体は濡れてます。安全に、そして効果的に電気を流すためにはどうしたらよいと思いますか?」と先に状況設定を詳しく、かつわかりやすく伝えなくてはいけないと思います。 


 テキストには書いてないようだったけど、大事だと思ったことがありました。
傷病者の家族がそばにいる場合、家族は傷病者にとりすがって、「お父さん、お父さん」とか言ってる。AEDを初めて見る人は、あんなもの怖いと思うかもしれない。しかもそれを素人が扱う。そしたら、ショックをかけようとした時に、「そんなことやめてー」って飛びついてくるかもしれない。その時、ちょうどショックを実行したところだったら、家族が感電してしまう。
だから、AEDのショック実行ボタンを押す時はくれぐれも確認が必要。そして、家族に落ち着いてもらえるように、またショック実行の時に傷病者から引き離すために、周りの人に援助を求めることも必要。向こうのグループはそこまで踏み込んでやってるみたいでした。


 →そうですね、AED(自動体外式除細動器)を使う上で一番重要なのが、「安全に行うこと」です!そのためには、自分や周囲の方が患者さんの体に触れていないことをしっかり確認するのが重要ですね。


 胸骨圧迫、30回はとても疲れるものですね。30:2を3回ぐらいしかしていないけれど、それでもだんだん圧迫が弱くなっていました

 →お疲れ様でした!胸骨圧迫(注:=心マッサージのこと。2005年より「胸骨圧迫」と統一された。)のポイントは「強く、速く(100回/分)、絶え間なく!」です!なので、圧迫が弱くなれば決して頑張り続けずに、すぐに「すいません、胸骨圧迫を代わってください!」ということが重要ですよね!


 AEDが有効な例は限られている、しかし、有効な例ではとても有効で、しかし、有効であるためには1秒でも早くショックを実行しなければいけないことも学びました。

 →おっしゃるとおりです!素晴らしい理解力です!有効な例には、一秒でも早く電気ショックをすることと、しっかり胸骨圧迫をすることが重要です!


 「色々具体的な場合を想定して考えてみてください」と言われましたが、色々想定すると、まだまだ学んだのは一部だなと思います。どこかで、もっと学べるところがあればいいけど、なかなかなさそうです。とりあえず、日赤の支部のホームページにアクセスしたら、色々な種類の講習があるみたいで、興味を持ちました。時間が取れれば、ですが、難しい面もあります。
とりあえず、今日のテキストと、「救命蘇生法の指針」を読んで復習します。

 →日赤以外でも講習を行っている団体もあるようですが、自分は消防で受講するのが一番良いかな、と思っております。(受講料的にも、インストラクターの質的にも。)


 長々とお邪魔しました。

 →いえいえ、受講後の感想を詳細に教えていただけて、自分はすごく嬉しかったです!インストラクターの中には、教えることに慣れてくると、初めて受講する方の気持ちを忘れてしまう方がいます。(自分もか?!(^_^;)) たくさん教えすぎたり、初心者にとって難しい言葉を使ったり、話すぎて実技が少なくなったり・・・。
 
 今回のコメントを拝見して、改めて、「受講生が喜んでくれるような指導を今以上に心がけよう!」と強く誓った私です・・・・。m(_ _)m

[PR]
by nozakoji | 2007-08-20 23:15 | 救急の話 | Comments(20)
Commented by nori_co at 2007-08-22 22:41 x
わたしも、HS-AEDコースで一般市民の方に指導する機会が増えてきて、さらに指導の難しさを痛感しています。・・・もっともうちの病院のスタッフでもCPRって何? なんて言い出す人もいるので、一般の方だけに配慮が必要というわけでもないのですが。
元保育士さんは勉強熱心な方で「救命蘇生法の指針」も読んでいらっしゃるので、きっと理解が早かったのだと思いますが、HS-AEDコースには事前準備なしで参加される方も多いので決められた時間の中でいかに大切なことを伝えるか、そしてそれを理解していただくかということはわたしたちにとっての課題だと思います。わたしは、経験が増えても増えた分だけまた壁にぶち当たっているのですが・・・・。アシスタント参加して勉強したいと思う今日この頃です。
Commented by あたた at 2007-08-23 08:25 x
勉強になります。
こういった感想をもらえるとありがたいですね。
今後の指導方法の参考になりました。
Commented by ポチ at 2007-08-23 09:56 x
とても参考になりました。
お二人とも、ありがとうございます。
たぶん、来月に1件講習会が入るので、上記の点、気をつけて指導に挑んで見ます
Commented by nozakoji at 2007-08-24 22:45
nori_coさん、こんにちは!

おっしゃるとおり、一般の方のみならず、医療従事者に対しても配慮は必要だと思います。常に受講生は事前勉強をしていないものとして接し、その方の背景を確認しつつ、使用する単語の一つにまで気をつけないといけないですよね。インストを長く続けているとそのあたりを忘れがちになるので、自分自身これからも気をつけていきたいと思います。
 あと、個人的に気になるのは、インストの中に「講習を受けに来る消防職員=救急救命士」という勘違いをしている方がいることです。別に救命士だけが救急医療をやっているわけではないし、救命士の中にもいけてない方もいらっしゃいます。また、救命士資格がなくても非常に優秀な方もいるわけなので、各種コースのインストラクターの方にはそのあたりは知っていて欲しいと思います。
Commented by nozakoji at 2007-08-24 22:50
あたたさん、こんにちは!

そうですね、受講生の受講後の「生の声」をここまで具体的に聞けることはないですもんね。そういう意味で、元保育士さんの投稿コメントに感謝ですよね!m(_ _)m
Commented by nozakoji at 2007-08-24 22:59
ポチさん、コメントありがとうございます!

是非、次回の講習に生かしていただけたら嬉しいです!ぜひ、元保育士さんに感謝してくださいませ!
Commented by 元保育士 at 2007-08-24 23:41 x
nozakoji先生、みなさん、こんにちは。

私のコメントが記事になるとは、光栄でもあり、恥ずかしくもあり。
ありがとうございます。

怖い方の先生も、嫌いじゃなかったんです。きっとベテランの救急隊員で(今は、偉い人で現場には出ていないとかだったとしても)、「ワシのこの手でたくさんの人を助けてきた」っていうオーラに満ち溢れていて、言葉は乱暴だけど、「これぞ消防士(救急隊員)」って感じの方でした。

うちのグループは、3人1組で、一人は119番への通報係、一人はCPR係、もう一人はAED係でした。それを順番にやっていく形でした。やってない人は黙って見ているだけでした。
一応、場面設定があって、女性か男性か(女性だったら下着の金具に注意を向けるとか)、「プールのシャワールームで」とか「駅のホームで」とか、「デパートの催しもの会場で」とかありました。それによって、「AEDは胸を拭いてから」とか「安全な場所に移動して」とか、「人ごみを避けて」とか、一応演技だけすることになっていました。
Commented by 元保育士 at 2007-08-24 23:51 x
コメント書きかけで、他のことしていたら、nozakoji先生のコメントが入っていました。読まずに投稿して申し訳ありません。

先ほどの続きです。

あっちの怖い先生の方は、ドラマ風(詳しくは離れているので不明)で、全員参加みたいな感じでした。
傷病者の周りでおろおろする家族役とか、それをなだめる役とか、家族を傷病者から引き離す係とか、CPRを交代する役とか野次馬とか。2人で人工呼吸と胸骨圧迫を分担するのもやっていたみたいでした。どういうタイミングでCPRを代わったらいいかも練習していました。みんなで数を数えていて、すごい熱気でした。

うちの先生はそれを見て、「実際の現場ではあんなふうになります、あなたたちは、人の命がかかっているにしては静かすぎです」とおっしゃっていました。
私としては、先生が率先してもう少し盛り上げていただければと思いました。うちの先生は、技術習得試験官みたいな淡々とした感じでしたので・・・。
「大きな声でやりましょう。ボソボソ言いながらやっていると、周りの人が『あんなんでホンマに助かるんかいな』って思いますよ」とは言われて、一応みんな声は出していたんですが・・・。
Commented by 元保育士 at 2007-08-25 00:30 x
私が受講したのは、4時間の普通救命講習でした。3時間の普通救命講習というのもあって、違うところは、4時間の方は対象が、「多数の人が出入りし、AEDを使う可能性がある職場に勤務する人」っていうところでした。私は厳密にはそれにはあてはまっていないけど、電話で聞いたら「そういうお仕事(学童保育指導員)でしたら、資格はあります」と言われ、おずおずと行ってみました。
本当は、「そういう職場に勤務する人対象」なら、土日にやってもらえたらもっと参加しやすいのにと思いました。まあ、土日に仕事が休みとは限らないのですが・・・。
結構人気の高い講習らしく、月1回あるのですが、私も最初思い立った時は、「今月はいっぱいです」と言われました。
Commented by 元保育士 at 2007-08-25 00:32 x
講習の最初では、怖い方の先生からお話があり、詳しい内容は忘れましたが、「市民の方の生命はあなたたちにかかっている」ぐらいの勢いで、「生命がかかっていますから、評価は厳しくいきます」とさんざん厳しいことを言われました。
最終的な評価はそんなに厳しくありませんでしたが、先生の「生命に向き合う真剣さ」が伝わってきました。

「ウチの救急隊員は救命救急センターのドクターに毎日怒られています。『病院は遺体安置所じゃない』って。救急車が到着するまでには6分はかかるんです。その間、周りの人が何もしなかったら、命が救える確率はどんどん下がっていくんです」

この言葉は、衝撃的で、心に残っています。
Commented by 元保育士 at 2007-08-25 00:33 x

「救命蘇生法の指針」の市民用・解説編(25ページ)に、
「(胸骨圧迫の)テンポや回数を把握するための補助的手段として、数え歌や童謡などを利用した工夫が有効であろう」
と書いてありました。

うちの先生は、「中島みゆきの『地上の星』ありますね。あれが、1分間に100のテンポです。帰ったら、歌いながら練習して下さい」
って言っておられました。

この「歌」に何を選ぶかって、色々あるんでしょうか?
最初に思いついた方はすごいと思います。
色々曲があったら、教えていただきたいです。

コメント欄を占領して申し訳ありません。
Commented by nozakoji at 2007-08-25 09:42
元保育士さん、コメントありがとうございます!

>「(胸骨圧迫の)テンポや回数を把握するための補助的手段として、数え歌や童謡などを利用した工夫が有効であろう」
→この一文をテキストで見た時は「あ、こんなことも書いてるんだ!」とちょっと驚きました。
 「地上の星」以外では、「ドラえもん」、「ドングリころころ」、「もしもし亀よ」などがあります。(探せばいくらでもありますが。)でも、歌に熱中すると「あれ、今何回?」となることがよくあります。(笑)
Commented at 2007-08-25 12:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nozakoji at 2007-08-25 17:20
非公開コメントさん、こんにちは!コメントありがとうございます!

貴重なものをご紹介頂き、ありがとうございますm(_ _)m そういえば以前、知り合いに感動する映像があると聞いたことがあります。おそらく、この映像だと思われます。

 いくら現実にありそうな設定であっても、事実に勝るものは無いですよね・・・。自分も今以上に教育、啓蒙に頑張りたいと思います!
 今後ともよろしくお願い申し上げます!
Commented by KIm at 2007-08-26 11:27 x
以下に100/分ぐらいの早さの歌が紹介されています。
http://www.resuscitate.jp/sccmc_icls/
あとiTunes Music Storeでは最近120/分の歌を紹介しています。そのうち100のも紹介されるのではないでしょうか?
Commented by nozakoji at 2007-08-27 11:40
 Kim先生、情報、ありがとうございます!

 iTunesは自分も使用してますが、120/分の歌の紹介なんてところがあるなんて気がつきませんでした。120回なら、少しゆっくり歌いながらおこなえば良いペースの胸骨圧迫になりそうですね!
Commented by 元保育士 at 2007-08-27 22:49 x
こんにちは。

Kim先生、歌の紹介ありがとうございました。

私の住む地方ではまだまだ暑いです。
仕事中は、今は、子どものケガよりも熱中症が怖い毎日です。
しかし、うだるような暑さでも子どもたちは水を飲むだけで割と
元気にやっています。
大人は、まいっていますが・・・。

今日など、窓を開け放っていても室内の空気が重い感じで、息苦しく、軽いめまいがしたりして、お茶をいくら飲んでもいまいち元気が出ず、自分が一番先に倒れるんじゃないかと思いました。

学童保育や児童館では、建前ではお茶以外の飲み物は持ってこないように子どもたちに言っているのですが、こう暑くては、健康のためにも、スポーツドリンクもいいよと言ってやるべきではないかと思います。自分もそういったものを飲まないと、一番先に倒れそうです。

明日かあさってには少し暑さがましになるという予報ですが、まとまった雨が降るらしく、それだと蒸し暑いだろうなと思います。
Commented by nozakoji at 2007-08-27 23:49
 元保育士さん、コメントありがとうございます!

 今の時期、脱水症は怖いですね。世界陸上が大阪で開かれていますが、気温を見るたび、スタッフ、観客、選手が次々熱中症になっているのではと心配になります。(実際、出ているのですが。)

 とにかく、ご自身も子供さんも、水分摂取が重要ですよね。脱水に対してはおっしゃるようにただの水・お茶よりスポーツドリンクが良いでしょうね。(ただ、スポーツドリンクは糖分が多いですけど。あと、安く済ませるなら塩分補給に薄~い食塩水でもいいですね。)
 お仕事頑張ってくださいね!
Commented at 2009-06-26 01:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nozakoji at 2009-06-28 10:08
非公開ニアミス・・・さん、コメントありがとうございます!

仰るとおり、周りにたくさん人がいても声をかけないと気付いてくれません。気付いても指示されないと人は何もしてくれません。

大きな声、恥ずかしいけど、救命のためにはためらってはいけないですよね。貴重な体験報告、ありがとうございます!
<< 外傷看護ガイドラインJNTEC... テナー法、わかっテナーかった。... >>