救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
by nozakoji
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事ランキング
カテゴリ
自己紹介
症例の話
救急の話
麻酔の話
自分の話
沖縄のお話し
手術室関連
ICU・患者管理関連
感染
その他
観光など
最近のお買い物
ドクターカー導入への挑戦
柴犬リュウ
医療一般
研修医教育
スポーツ医学
クリニック経営 開業

レゴ シティ ドクターヘリポート 4429

新品価格
¥8,000から
(2014/2/2 11:55時点)




SIKU ジク ドクターカー SK1461 【ボーネルンド】

新品価格
¥683から
(2014/2/2 11:58時点)


以前の記事
2018年 06月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
その他のジャンル


救急看護の勉強会を担当しました!

 看護部から「急変看護について新規採用者向けに二日間の講義を・・・」と言われてましたが、ドクターヘリ講習会&DMAT研修で、その期間はほとんど資料が作成できませんでした。
 18日に帰沖して、「勉強会が20,21日だから、明日(19日)に完成させるぞ!」と軽く考えていたのですが、18日夜に急に日程に関して不安になったため、職場で確認すると・・・19日、20日でした・・・・。一日間違っていました・・・(^_^;)

 そんな訳で、18日は早めに寝るつもりが、結局朝4時30分まで資料作りにかかったのでした。(>_<)

 部内の勉強会なら「ごめ~ん、日にち間違っていたので、延期ね~。」で良いのですが、看護部主催で他病棟の看護師相手なのでそういうわけには参りません。
 みなさん、忙しくてもスケジュール管理はちゃんとしましょうね。

a0031617_10362137.jpg

 
 さて、今回の講義の内容は、

 ・救急医療っていうのは「急変した患者さん達に適切な医療を施すこと」なので、みなさんの病棟でも必要最低限のことはできなくてはいけない。
 ・自分の家族が入院して急変したときに、今の職場のスタッフは適切なことができますか?もしできないのならばまずいです!!しっかり勉強しましょう。自分が病棟に呼ばれて今日の内容ができていなかったらめっちゃ怒りますよ!

 
 という若干説教じみた(?)内容から入り、

 ・急変時の観察・評価、処置(意識、気道、呼吸、循環)の総論

 については、なるべく実際の体験を話したり、実際の器具を見せたりして、なるべく興味を持ってもらうように努力してみました。

 続いて、総論で話した内容をふまえて、今までに人工呼吸のセミナーで担当してきた

 ・人工呼吸のトラブル対策

 について観察のチェックポイントと対処方法についてお話ししました。

 そして、最後は、

 ・アナフィラキシーショックの観察、治療方法

 でまとめてみました。後半は、他の講義の流用ですが、一応きちんと見直して改変もしております。(←言い訳?)


 前にも書いたのですが、「新人さんだからこれぐらいでいいや」という気持ちでは作成してはいません。看護師として必要最低限のことをまとめたつもりです。この講義を聴いた看護師が一つでも覚えていてくれて適切な対処ができたという報告が聞けたら良いのですけど・・・・。


 一応、良いプレゼンテーションの基本を押さえながらやったつもりですが、一日目はやはり寝ていた人が多かったです。(^_^;) まだまだプレゼン修行が足りないですね。

 追伸:yangt3先生のところで旨く使えなかったプレゼンテーションマウスはきちんと活用できたので、良かったです!
[PR]
by nozakoji | 2008-05-23 10:42 | 救急の話 | Comments(8)
Commented by yangt3 at 2008-05-23 22:40
講義お疲れさまでした.
前回の講義で、nozakoji先生ファンが増えました.
またこちらにお越しの際には、ぜひお願いします.
マウスうまく使えて良かったです.
Commented by fiftyfifty5050 at 2008-05-24 00:32
yangt3の言っているファンの1人です 先生の講義又聞きたいのでこちらに起こしの際は是非宜しくお願いします
Commented by nozakoji at 2008-05-24 00:41
yangt3先生、こんにちは!
ファンが増えるのは嬉しいことではありますが、自分は医者としてはまだまだ未熟です。もっと勉強してご期待に応えられるように頑張りますね!
Commented by nozakoji at 2008-05-24 00:43
5050さん、コメントありがとうございます!

あまりご期待に応えられないかもしれませんが、また機会があれば講義のみではなく、実習や飲み会もできたら良いですね!お互い、頑張りましょう!
Commented by Kim at 2008-05-28 10:56 x
お疲れ様でした。看護師さんを寝かせない講義と言うのはかなり高等テクニックが必要ですよ。気にしない、気にしないです。

日程が違っている事に気付いた時の気持ちよく分かります。でも明け方まで資料を作られた先生は偉いです。私だったら、資料は適当で、適当に話します。そして、正直に日程を間違っていた事を話し、こういうのをダメージコントロールと言うんです。と持って行きます(^.^)。
Commented by nozakoji at 2008-05-28 13:01
Kim先生、こんにちは!
二日目は少し実習(GCSの点数をつけてみよう!)も入れたので寝る人は少なかったです。まあ、プレゼン名人への道はまだまだっす。

>こういうのをダメージコントロール
→根治手術に持って行く時間がないので無理があります!(笑)
Commented by Kim at 2008-05-29 17:25 x
根治手術はこの後懇親会で、、、、と若くてきれいな看護師さん限定で、行えば良いのではないでしょうか?

GCSをつける実習は素晴らしいですね。さすがです。
Commented by nozakoji at 2008-05-29 23:14
Kim先生、こんにちは!
>この後懇親会で、、、、と若くてきれいな看護師さん限定で、行えば良いのではないでしょうか?

→部長、セクハラです!(笑)

GCSは文章で見てもよくわからないので、自分が患者役になり、痛み刺激で目を開けたり、「う~っ!」とうなり声のみ出すことを演じて点数付けをしてもらいました。少し、眠気が覚めたようでしたよ!

<< 僕、セキメン! 国際緊急援助隊医療チームが中国へ >>