救急看護の勉強会を担当しました!

 看護部から「急変看護について新規採用者向けに二日間の講義を・・・」と言われてましたが、ドクターヘリ講習会&DMAT研修で、その期間はほとんど資料が作成できませんでした。
 18日に帰沖して、「勉強会が20,21日だから、明日(19日)に完成させるぞ!」と軽く考えていたのですが、18日夜に急に日程に関して不安になったため、職場で確認すると・・・19日、20日でした・・・・。一日間違っていました・・・(^_^;)

 そんな訳で、18日は早めに寝るつもりが、結局朝4時30分まで資料作りにかかったのでした。(>_<)

 部内の勉強会なら「ごめ~ん、日にち間違っていたので、延期ね~。」で良いのですが、看護部主催で他病棟の看護師相手なのでそういうわけには参りません。
 みなさん、忙しくてもスケジュール管理はちゃんとしましょうね。

a0031617_10362137.jpg

 
 さて、今回の講義の内容は、

 ・救急医療っていうのは「急変した患者さん達に適切な医療を施すこと」なので、みなさんの病棟でも必要最低限のことはできなくてはいけない。
 ・自分の家族が入院して急変したときに、今の職場のスタッフは適切なことができますか?もしできないのならばまずいです!!しっかり勉強しましょう。自分が病棟に呼ばれて今日の内容ができていなかったらめっちゃ怒りますよ!

 
 という若干説教じみた(?)内容から入り、

 ・急変時の観察・評価、処置(意識、気道、呼吸、循環)の総論

 については、なるべく実際の体験を話したり、実際の器具を見せたりして、なるべく興味を持ってもらうように努力してみました。

 続いて、総論で話した内容をふまえて、今までに人工呼吸のセミナーで担当してきた

 ・人工呼吸のトラブル対策

 について観察のチェックポイントと対処方法についてお話ししました。

 そして、最後は、

 ・アナフィラキシーショックの観察、治療方法

 でまとめてみました。後半は、他の講義の流用ですが、一応きちんと見直して改変もしております。(←言い訳?)


 前にも書いたのですが、「新人さんだからこれぐらいでいいや」という気持ちでは作成してはいません。看護師として必要最低限のことをまとめたつもりです。この講義を聴いた看護師が一つでも覚えていてくれて適切な対処ができたという報告が聞けたら良いのですけど・・・・。


 一応、良いプレゼンテーションの基本を押さえながらやったつもりですが、一日目はやはり寝ていた人が多かったです。(^_^;) まだまだプレゼン修行が足りないですね。

 追伸:yangt3先生のところで旨く使えなかったプレゼンテーションマウスはきちんと活用できたので、良かったです!
[PR]
by nozakoji | 2008-05-23 10:42 | 救急の話

救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30