頑張れ!MESH!~沖縄県北部の救急ヘリコプター!

 今日は、急遽、休みをとって県北部の名護市(日本ハムファイターズのキャンプ地で有名)まで行ってまいりました。

 目的は、北部地区医師会病院という民間病院が行っている救急ヘリを見学するためです。

 沖縄には現在、2つの病院が救急ヘリ事業を行っています。現在はどちらも、県から指定されたドクターヘリ事業ではないので、ヘリに関する運航費用はすべて病院が捻出しており患者さんの負担はゼロ円です。

 そのうちの一つが、北部地区医師会病院がおこなう「MESHです!

a0031617_2325531.jpg


 ※機体は他県のドクヘリに比べ狭いです。元々は南極で使用されていた機体だということです。まさか、沖縄に来るとはこの機体も思っていなかったことでしょうね!(^_^;)


 国と県が指定するドクターヘリは、「救命センターに置くこと」となっているため、沖縄県では浦添総合病院に配置が決定しております。そのため、このMESHは現時点では、国や県から支援が受けられる予定はありません。


 約1年前に始まったMESHですが、資金難により7月中旬でその運航が休止となるそうです。

 ヤンバル(山原)地区という広大な地区を中心にこの一年で現場救急を200件以上もおこなったMESHが運行を休止するということは、近隣離島を含む地域住民にとっては本当に不安で仕方がないことでしょう。生死に関わる問題ですしね・・・。


 そこで、

 「このままじゃいけない!この救急ヘリ事業を地域住民のために、何とかして続けなくては!」

 という思いから、救急に携わる方を中心に立ち上がったのが、
NPO法人 MESHサポート(リンク)です!(注意!映像と音楽が流れます!静かな場所では音量を下げてください!)

 NPOで救急ヘリ事業をおこなうという試みは、もちろん日本で初めてです!

 スイスでは「REGA」という国からの補助を受けずに、保険収入と寄付でヘリ救急活動を実施しています。少しタイプは違うかもしれませんが、「日本版REGA」として、MESHの運航が永遠に継続できるよう、私にできる範囲で応援していこうと思っております。(とりあえず、賛助会員として登録はしました。)




 
 
[PR]
by nozakoji | 2008-06-23 23:56 | 救急の話

救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30