救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
by nozakoji
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事ランキング
カテゴリ
自己紹介
症例の話
救急の話
麻酔の話
自分の話
沖縄のお話し
手術室関連
ICU・患者管理関連
感染
その他
観光など
最近のお買い物
ドクターカー導入への挑戦
柴犬リュウ
医療一般
研修医教育
スポーツ医学
クリニック経営 開業

レゴ シティ ドクターヘリポート 4429

新品価格
¥8,000から
(2014/2/2 11:55時点)




SIKU ジク ドクターカー SK1461 【ボーネルンド】

新品価格
¥683から
(2014/2/2 11:58時点)


以前の記事
2018年 06月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
その他のジャンル


あなたの手術室は「ファイヤー!」派?「無言」派?~腸管吻合の話

 ところ変われば「手術室のお作法」もかわります。

 自分が育った某北国では、背中から針を刺す麻酔(脊椎麻酔(脊髄くも膜下麻酔)、硬膜外麻酔)をする際、スタンダードは右側臥位(仰向けに寝た状態から右向きに横向きになる状態)でした。そして、それが、全国のスタンダードと勝手に思っていました。

 しかし、沖縄に来てみると、スタンダードは左側臥位でした。

 「沖縄はやはり、本土と違うんだなぁ~」

 と思っていたのですが、わかる範囲では、右側臥位が全国でも少数派のようでした。(^_^;)

 まあ、どちら向きでも別に成功率に差はないと思うんですけどね。きっと、最初に北国でおこなった先生が右側臥位好きだったのかもしれません。あるいは、手術室の構造上、左側臥位がやりにくかったとか・・・。


 もう一つ、沖縄にきて驚き、そして、それが結構全国的におこなわれていると知ったのが、手術室で使う腸管を切り離したり、縫合したりする機械を使うときの「お作法」です!

a0031617_137573.jpg


 写真はちょっとわかりにくいのですが、写真左側の部分がワニの口のように開きますので、そこに切り離したい腸管をはさみます。そして、横にあるレバーを前後にガチャンと動かすと腸を切断すると同時にその切り口に医療用のホッチキスがしっかりと挟まります。(腸の内容液がこぼれない) 

 さて、そんな使い方をする機械ですが、私の地元や出張先では、外科医は特に何も言わずにその機械を使用していました。しかし、沖縄に来てみると、出張先の病院の外科医は、機械で「ガチャン」とするときに、必ず、

 「じゃあ、ファイヤーします。ファイヤ-!」

 とかけ声をかけるのです。しかも、助手の医師や看護師、麻酔科医、研修医もいっしょに「ファイヤー!」というのです。(注:全員ではありませんが。)

 1年半前に沖縄に来て、その光景を初めて目の当たりにしたときはなんだか聞いているだけで恥ずかしくて顔が赤くなったものでした。(*^_^*)

 
 たまに、声の小さい研修医などは「ファイヤーの声が小さい!」と注意されることもあるようです。ちょっとかわいそうですよね。(笑)


 このファイヤーに関しても、結構全国の手術室でおこなわれているようで、北国が少数派であったようです。

 外科医、その他の医療スタッフの皆様、ファイヤーに関する情報お待ちしてます。<(_ _)>

 例:何県は言っていた。何大学は言っていない。とか。
[PR]
by nozakoji | 2008-11-19 13:24 | 手術室関連 | Comments(22)
Commented by ふりーだむ at 2008-11-19 14:09 x
わはは、おもしろい。
大仁田さんのファンがはじめたんでしょうかねー^^
Commented by nozakoji at 2008-11-19 17:32
 ふりーだむさん、こんにちは!

 外科医の話では、一応、外科の手術書には「ファイヤーする」と書いてあるそうです。(英書でしょうけど。)
 「でも、口で「ファイヤー」と言いなさいとは書いてないんだけどね~」とも外科医師は言ってました。

>大仁田さんのファンがはじめたんでしょうかね
→自分をはじめプロレス好きにしかわからないかも。(笑)
Commented by 元保育士 at 2008-11-19 22:12 x
nozakoji先生、こんにちは。

硬膜外麻酔の体験が2回ありますが、2回とも左側臥位でした。


麻酔科のドクターの利き手とかは関係ないのですか?
Commented by Kim at 2008-11-19 22:27 x
面白いお話ですね。

まず脊椎麻酔ですが、、、、私は基本が左下側臥位です。右利きの人が多いので、頭に向けて刺しますからやりやすいのでは??右側の鼠径ヘルニアと虫垂炎、右足の手術の時だけ右下にしています。というかここ何年も腰椎麻酔していませんがね(+_+)。ちょっと前までペルカミン使っていましたしね。不勉強でした。

外科医は執刀する時、患者さんの右に立ちますので、その影響で脊椎麻酔も患者さんの右側に、、、、という事かもしれませんね。飛行機が左から降りる事がほとんどなのは船がそうなっているからだと言うのと同じでしょうか。

それから「ファイヤー」は自然と出る言葉ではないでしょうか?比較的力のいる処置?なので、、、、ファイヤーと言えと怒られる研修医の先生の話は初めて聞きましたが、このGIAではなくPECCA(直腸などの手術に使うもの)は特にファイヤー!言わないと力が入りませんよね(^.^)。nozakoji先生はやった事ないのでしょうか。是非今度やらせてもらってみては(もちろん「ファイヤー!」も)いかがでしょうか?

超音波メスを使う時には「チャンチャンチャン」と呼んでいます。
Commented by Kim at 2008-11-19 22:30 x
すみません。PCEEAの間違いでした(^.^)。
Commented by のーうっど at 2008-11-20 06:40 x
うちの麻酔科は右側臥位です。

GIAは「せーの」とかけ声を出します。

電気メスを「エレキ」という先生がいて、驚きでした。
Commented by nozakoji at 2008-11-20 08:35
元保育士さん、コメントありがとうございます!

そうですか、2回とも左でしたか。

利き手は関係ないです。単純に自分が医師になったときの現場がどうだったか、という問題だと思います。(たぶん・・・。)
Commented by nozakoji at 2008-11-20 08:41
Kim先生、コメントありがとうございます!

ずっと右下がスタンダードでやってきた自分にとっては全くやりにくさはありません。いわゆる刷り込みでしょうか。私にとっては、硬膜外麻酔の時には、尾側の棘突起を触った方が方向付けがしやすいのです。
 あと、ペルカミンは私は使ったことはありません。

 Kim先生もファイヤー派ですね!自分の病院のある先生は「では、ご唱和お願いします。ファイヤー!」と言うので、最初は「結婚式の乾杯?」かと突っ込みたくなりました。(笑)

 でも、最近は小声でファイヤーと言ってますが。(*^_^*)
Commented by nozakoji at 2008-11-20 08:44
のーうっど先生、コメントありがとうございます!

>うちの麻酔科は右側臥位です。
→良かった、仲間がいました。(笑)

>GIAは「せーの」とかけ声を出します。
電気メスを「エレキ」という先生がいて、驚きでした。

→「せーの」もアットホームでいいかも。でも、声をあわせにくそうかな。(笑)
 エレキは初めて聞きました。その先生だけかもしれませんね。



Commented by Kim at 2008-11-20 18:46 x
当院の泌尿器科の先生は「エレキ」と言っています。電気メスは「ボビー」と言う人も多いですね。商品名なのでしょうか。

それでは「ご唱和お願いします」は良いですね!
Commented by ぽん at 2008-11-20 20:53 x
私の県(東北)も『ファイヤー』使いますねぇ。
『3・2・1、ファイヤー!!』と全員(?)いいます☆

脊髄くも膜下麻酔受けたことありますが・・・左側臥位でした(麻酔科医ではなかったですが)
Commented by nozakoji at 2008-11-20 23:57
Kim先生、コメントありがとうございます!

電気メスに関しては、エレキ派もいることがわかりました。情報ありがとうございます!

>それでは「ご唱和お願いします」は良いですね!
→最後のファイヤーの時は、「それでは、本日最後のファイヤーです。大きな声でご唱和ください。ファイヤー!」
となります。(^_^)
Commented by nozakoji at 2008-11-20 23:59
ぽんさん、初めまして、コメントありがとうございます!

沖縄から東北(確か仙台)に研修に行った先生の情報でも、ファイヤーは北日本にも進出していることは聞いていました。しかも、カウントダウン付きですか!微妙にバリエーションがあるのがいいですね!(笑)
Commented by Mat at 2008-11-23 01:05 x
ちょっとのりおくれました
当院では 外科医長の名を使い 神様 仏様 稲○さま! と掛け声をかけます
もちろん 神様 仏様 稲尾様 をもじっていることは間違いありません(ふるっ)

硬膜外は Kim先生おっしゃるように 本来右利きは左側臥位の方がやりやすいはずです
右側臥位はわれわれの生まれ育った○医環境がそうさせているのでしょう
ちなみに同じ○医環境である宮○大学の硬膜外スタンダードも右側臥位です
Commented by nozakoji at 2008-11-23 11:49
続いてMat先生、こんにちは!

稲●様!の効果はどうなんでしょう?やはり言った方が縫合不全は少ないのでしょうか!(立場的には矢●様のほうが効きそうですけど。(笑))

>右側臥位はわれわれの生まれ育った○医環境がそうさせているのでしょう
→そうなんですね。将軍様が右といえば下々のものは「ハイ!」と言ってそれ以外の世界は知らずに育ちますからね。

 では、12月忘年会でお会いしましょう!(いきますよね?)
Commented by yangt3 at 2008-11-23 20:43
外科ではありませんが、カテ室で
ステントを植え込むときとか、バルーンを拡張するときとか
同じ感覚だと思います.
さすがにカテ室では、ファイアーとは叫びません.
勉強不足で、もしかしたら
叫んでいるカテ室があるかもしれませんが(笑)
Commented by めっつぇんばーむ at 2008-11-23 23:44 x
はじめまして。関東地方でオペ室ナースをしています。
福島にあるエチコンのラボセンターに行ったときは、全国から
集まったドクターのほとんどがファイヤーと気合いの入った掛け声を
発してましたね。

指導にあたってくれたエチコンの社員さんも「ファイヤー!」と言ってました。
Commented by nozakoji at 2008-11-24 01:08
yangt3先生、こんにちは!

今度バルーン拡張時に何か叫んではいかがでしょう!?でも、患者さんと看護師が唖然とするでしょうけど。(笑)
Commented by nozakoji at 2008-11-24 01:11
 めっつえんばーむさん、こんにちは!コメントありがとうございます!

 きっと、こういうところで言い始めて、そこに研修に来た先生方が自分の病院で言ってるのでしょうか?でも、なぜファイヤー?fireは発射という意味もありますが、医療用ホチキスが発射されるからでしょうか???

Commented by yac at 2009-01-28 23:24 x
はじめまして。わたしも北国出身ですが、「ファイヤー!!」とご唱和してましたよ。今でも言ってます。
当然、研修医や学生も一緒に言わせてます。
Commented by nozakoji at 2009-01-30 20:22
yac先生、こんにちは!コメントありがとうございます!

私は東北、北海道地方のすべてを把握しているわけではないのですが、私が麻酔科医として出張していたところではやっていなかったのでした。ファイヤー情報(?)ありがとうございます!

>当然、研修医や学生も一緒に言わせてます
→みんなの一体感が出るという二次作用もありそうですよね!(笑)もちろん、ファイヤーすることで縫合不全も少なくなるでしょうし!(EBMなし。(^_^;))
Commented by 総診ドクター at 2018-01-24 08:21 x
こんにちは。知人からこのブログを教えていただき、学生時代を思い出してコメントさせていただきます。私は神奈川県のT大学だったのですが、外科のオペでファイヤー言わされました。初期研修を行ったのは都内の大学病院だったのですが、オペの時ファイヤーはなかったので、あれはうちの大学のオリジナルだったのかと思っていました。
今は内科医になったのでオペ室に行くことなくなり、今いる病院でファイヤーが叫ばれているのかわかりませんがなつかしいです。
<< 社会的常識が欠落… 地元観光地をおさえておこうシリ... >>