皆さんに多くのコメントを頂き大変嬉しく思います。私は幸せ者ですね。(^_^)v 

 さて、明日から岩手で日本救命医療学会が開催されます。私は演題はありませんが、参加することしました。
 (岩手では何を食べようか、今から悩んでいます。盛岡冷麺?じゃじゃ麺(というものがあるらしい)?一人でわんこそば?(それは寂しすぎるな。(T_T)))

 あと、実は今回の学会参加にはもう一つの重要な目的があります。それは、某県の救命救急センター短期研修(見学)です。今回の研修先の教授があるセミナーで私の地元にいらした際に
 
 教授 「こういう研修システムがあるからいつでもどうぞ!」
 
 と仰られたので
 
 noza 「いいですね~!機会があれば伺います!」
 
 と言ったところ翌日にはその教授から
 
 「○日から△日までホテルを取りました。日程の変更は可能です。」

 という教授直々にありがたいメールが来たのでした!(笑) 


 でも、こういう縁は本当に大事にしたいなと思っています。地域によっても施設によっても救急に対する対応は様々です。良いところを見つけて、救急に復帰する際の参考にしたいと思っています。

 腰下肢痛が悪化しているのが不安要素ですけど、楽しんできたいと思います!

 

 
[PR]
by nozakoji | 2006-09-29 00:37 | その他


 前回の記事でも書かせて頂いたように、色々考えた結果、今の職場での救急部門スタッフから外してもらうことにしました。

 我が儘を許して頂いた上司には、本当に感謝しています。

 今後は古巣の麻酔科に戻り、手術室麻酔を中心にやっていくつもりですが、学生への救急講義などは続けていくつもりです。また、週末に各地で行われている、JPTEC、ACLSといった教育プログラムへの参加については今より参加しやすくなりそうです。

 ブログはもう少し続けてみますが、今までのネタが無くなれば閉じようと思います。その時まで宜しくお願い致します!m(_ _)m

 

 
[PR]
by nozakoji | 2006-09-27 17:22 | 自分の話

私事ですが・・・。

 いつもお世話になっている地元の救急隊員の皆様へ。

 私は明日27日の救急日直を最後に、救急部門から離れることにしました。なので、しばらくはこの大学の救急外来でお会いすることはありません。

 いつまでかはわかりませんが、とりあえず、大学手術室での麻酔業務に専従致します。

 以上です!

 
[PR]
by nozakoji | 2006-09-26 19:09 | 自分の話

 1週間も更新が行われていないのに、先週から今日まで多くの方に訪問して頂いているようです。ありがとう(?)ございます!

 まず、個人ネタ。
 先週は、ネット通販でYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)のCDを数枚購入しました。いわゆる「大人買い」です。(笑)
 a0031617_11153564.jpgなぜだか急に聞きたくなったので、レンタルで探してみたり、中古CD販売も覗いていたのですが見つからなかったため購入に至りました。一学年に一クラスしかないような田舎の小学生であった私が約27年前に初めて購入したのがYMOのアルバムでした。あ、この話題に「懐かしいな~」と付いて来て頂ける方はおそらく35才以上でしょうね。(^_^;)
(あ、スネークマンショーのアルバムも買いました。(笑))
 


 
 さて、本題(?)です。この夏、こんなことがありました。

 ホットラインが鳴りました。

 関係者: 「○○高校の者ですが、野球のボールが生徒の歯に当たって取れてしまったんですが、見て頂けますか?」

 noza: 「え、歯が取れた?(脱落歯か?)それは、歯の途中で折れたわけではなく、完全に根本から抜けた状態になっていますか?」

 関係者: 「はい、折れてはいなくて、根元からきれいに抜けた状態になっています。」
 
 noza:(「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?教科書的にはその初期対応について知っていたが、は、初めての経験だ!え~と、指示しなくては・・・・) 
 「え~と、その取れた歯ですが、すぐに牛乳を買って、その中に漬けた状態でこちらまで持ってきてくれますか?」

 関係者: 「牛乳・・・ですか?」

 noza:「はい、牛乳です。(初めての経験なのにちょっと自信満々に。)取れた歯の乾燥を防ぐには、牛乳が良いのです。歯科の先生に見てもらえるよう連絡を取っておきますので、なるべく早く来て下さいね。」
a0031617_11381372.jpg
 30分後、患者さんは来院しましたが、手には大事そうに抱えた牛乳パックが一つ。知らない人が見たら、「見てみて、あの子、口から血を流しながらも牛乳パックを大事そうに抱えているわ。そんなに牛乳が好きなのかしらね~。」と思われたかもしれませんね。(笑)
 来院後、歯科口腔外科の歯科医師により、取れた歯の表面に付着した砂を除去した後でもとの場所に埋め込まれたのでした。(埋め込んだ後、両側にある歯と一緒に針金のようなもので固定されました。)
 数週間後、担当歯科医師に確認したところ、「あ~、お陰様で、くっつきそうですよ!」とのコメントを頂きました。(私がしたのは「牛乳を買いなさい」と言ったことだけなんですけどね。(^_^;))

 要は、きれいに抜けた歯をもとの場所にくっつけるために必要な初期対応は
          ・歯(特に根元。)の乾燥を防ぐ 
ということです。歯の根元には歯根膜という部分があり、そこが死んでしまうと再接着の可能性が無くなってしまいます。「では、水につければ良いのか?」という方もいるかもしれませんが、水だと濃度の関係で歯根膜の細胞が死んでしまいます。(まあ、時間にもよるとは思いますが。)
 身近にあるもので「一番歯根膜にやさしい液体」が牛乳だということです。(歯科医院のHPには「取れた歯は口の中に含んで(つまり唾液で乾燥を防ぎながら。)歯科医に行きましょう」と書いてあったりしますが、その際は飲み込まないように気をつけなくてはいけません。)
 

 歯科医の方には常識でも、病院スタッフには医師を含めてそんなことを知らない方が多いので今回記事にしてみました。(実は色々考えるところもあって記事にしてます。) 
 病院関係者、救急関係者が今回と同じような患者さんに出会ったとき、正しい初期対応をして頂ければ良いな、と思います。


 でも、こういう「歯が抜けたらどうするの?」というマメ知識(?)が一番あるのは「み○も○た」のお昼の番組を見ている奥様達かもしれませんね!(^_^)
[PR]
by nozakoji | 2006-09-17 12:10 | 救急の話

 昨日はJRで少し離れた街まで出かけてきました。学会と講演会に出席するためだったのですが、予想通り、腰下肢痛が悪化しました。(>_<) でも、今日は当直です・・・。

 
 さて、いつかの症例です。(夢の中の話かもしれません。)


 ホットラインがなりました。

 A医師 「あ~もしもし、AクリニックのAと言いますけど、先ほど便秘で腹痛があるということで来院した○○才の高齢女性に浣腸をかけたのですが、黒色便が出てきました。腹痛も続いています。消化管出血の可能性もあるので見てくれませんか?」
a0031617_21165868.jpg

 noza 「あ、わかりました。ちなみにその方は、抗血小板薬(いわゆる「血をサラサラにする作用」あり)とか、鉄剤の内服は無いのでしょうか?」

 A医師 「え~、(カルテを見る音)、以前脳梗塞でかかったB病院から抗血小板薬、胃薬、降圧薬は出てますが、他は特にないと思いますよ。では、手紙書くのでよろしくお願いしますね。」


 

 確か、週末の夕方の出来事でした。電話からは「丸投げ」っぽい雰囲気がにじみ出ておりました。(苦笑)


 30分ぐらいして患者さんはご家族と共に来院しました。

 患者さんである高齢者は、「なんでこんな遠くまで来なくちゃ行けないの。もう、疲れたから帰りたい・・・。」とかなり不満そうです。聞くと、腹痛も全く無いそうです。

 腹痛は治まったと言っても、高齢者ですし、他院からの紹介ですからきちんと診察、問診をしました。(ま、当たり前ですが。)

 で、紹介状の手紙も読んだのですが、読むと、 鉄剤は出てました・・・。問診を続けました。

 noza 「今まで便が黒かったことは無いですか?」

と聞いたところ、

 高齢者 「B先生のところの薬を飲んでからずっと黒いよ。今に始まった事じゃないよ。」

 noza 「え、それはA先生に言わなかったんですか?」

 高齢者 「だって、そんなこと聞かれてないよ。それよりまだ、帰れないのかい?」
 

 A医師がきちんと問診さえしていたら「今日始まったわけでは無いので問題ないな。元気だし。」で済んで、こんな遠いところまで来なくて良かった患者さんでした。

 貧血に対して鉄剤を飲んでいたら黒色便が出ていても全く不思議はありません。研修医はもちろん、医学生でも(たぶん)知っている知識です。

 でも、念のため血液検査もしましたが、消化管出血しているような血液検査所見はありませんでしたので、 ご家族には
 「おそらく薬の作用で便が黒いのが続いています、ただし、新たに消化管出血した可能性も考えてA先生はこちらを紹介してくれたんですが、それは今の時点では考えにくいと思います。まずは家に帰って様子をみましょう。週末に何かあったらいつでも来て下さい。」
 とお話しして帰宅としました。


 今回の症例、本当にあったかどうかは忘れてしまいましたが、もし事実なら「人の振り見て我がふり直せ」症例の一つだな~、と思います。でも、開業してしまうと早く患者を帰したい、と思う気持ちからこうなってしまうのかな~。


 ま、私の場合、開業の可能性はほぼゼロ%ですけど・・・。(^_^;)
[PR]
by nozakoji | 2006-09-10 21:27 | 症例の話

 「アクセス解析機能」というものを後輩に教えられたのでこのブログに設定してみました。

 詳しいことは良くわかりませんが、「自分のブログに来る人はどんな検索ワードから検索しているのか?」ということがわかる機能です。(たぶん。(^_^;))

 最近、テレビでも「検索ちゃん」(爆笑問題が出てる番組。)とか、「くるくるドカン」くりぃむしちゅ~が出てる番組。)とか、ネット検索から今何が人気があるのか、何が話題になっているのかを探し出す番組がありますが、まあ、そんな感じです。(本当か?)

 で、自分のブログへの検索ワードランキングが以下の通りになっておりました。

1位 救急医療
2位 救急医療って難しい
3位 救急蘇生法の指針
4位 災害時の医療について
5位 JPTEC
6位 医者 救急医 給料
7位 ICLS ガイドライン2005
8位 ICU管理
9位 JATEC
10位 jatec


 以下、感想です。(^_^)v 

1位:救急医療について熱い思いで調べようと思った結果、このブログにたどり着いたようですね。ご愁傷様です。(苦笑)お役に立てなくてすみません。m(_ _)m
2位:これは、私を知っている方ですね。ブログ名をフルネームで覚えて頂いていることに驚きを隠せません。今後は「お気に入り」に登録して下さいませ。
3位:この検索ワードを入れると言うことは、やはり救急に興味のある方でしょうね。少しはミニ情報として役立ちましたでしょうか?
4位:災害時の医療については、専門医セミナーを受講したときの記事にしか書いていないはず。全くお役に立てていませんね。
5位:これもあまり有用な記事は書いていないはず。ごめんなさい!
6位:「医者 救急医 給料」・・・・ノーコメント!(苦笑)
7位:これも紹介のみではないでしょうか?
8位:こんなこと書きましたかね?
9位:これも紹介のみ・・・・。
10位:小文字になっても、紹介のみ・・・。

 色んなキーワードでここまでいらした方がたくさんいることに気が付きました。そして、その皆さんのほとんどが「なんだ、こんな内容か。」とがっかりしたであろうことにも気が付きました。
 
 えー・・・・

 ゴメンナサイ! m(_ _)m
[PR]
by nozakoji | 2006-09-06 22:14 | その他

 タイトル通り、多くの方に覗いて頂いております。体調不良の弱音ばかりが目立つこのブログですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m では、夕食後の薬を飲みつつ、昨日に引き続いての救急当直に臨みたいと思います・・・。(臨みたくない・・・(T_T))
[PR]
by nozakoji | 2006-09-02 18:00 | その他

 先日、妻の親類が急病に倒れて夜間の緊急手術になりました。車で1時間以上かかる場所ですが、搬送は顔見知りの救急隊にお世話になったり、先輩に麻酔を担当してもらったり、一緒に働いたことのある外科医であったりと、ホント、心強かったです。お世話になった皆様、この場をお借りして改めてお礼申し上げます。m(_ _)m (M先輩しか見てないと思うけど。(^_^;))

 さて、日本版救急蘇生ガイドラインのBLS(Basic Life Support)については一般市民向けのテキストが発売になった、という記事を以前に書きましたが、数日前に日本救急医療財団のホームページを久しぶりに覗くと、準備中の項目が多かったALS(Advanced Life Support)に関しても最終案が発表になっておりました。ということは、テキストの発売も冬になる前に可能になるかもしれませんね。

 あと、近いうちに、脳卒中(脳出血、脳梗塞など)患者さんの初期診療をどういう手順ですべきか、というための教育プログラムISLS(immediate stroke life support)のテキストが発売になるようです。(9月上旬の予定)
a0031617_8473116.jpg


 救急教育プログラムオタクのみなさん、要チェックですね!(笑)
[PR]
by nozakoji | 2006-09-02 08:55 | 救急の話

救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30