コメント欄にある救急隊員の方(マーベルさん)から質問をいただきました。経過についてはそちらをご覧ください。


 さて、今回の症例については、搬送病院の医師に直接お話を聞くのが良いと思います。(あるいは症例検討会で取り上げるとか。)きっと「PTDではなかったか?」と思われているのでしょうから・・・。

 ご自分の現場活動に対して「私の活動はどうでしょう?」というご質問にはお答えできますが、院内の治療経過に対して、その医師の経験年数や外傷に対する病院の対応能力もわからない上で、「これは間違っている!」などは言えません。(後出しジャンケンは必ず勝ちます。その場にいない医師がケチをつけるのはいくらでもできます。)

 なので、一般的なことのみお答えさせていただきますね。

疑問点

1.輸液全開でも血圧は上昇しなかったのは輸液でも補いきれない出血  量だったのか?又は閉塞性ショックだったのか?エコーで腹腔内出血 は無いと診断したのに・

→身体所見、画像を見ていないので全くわかりません。患者さんが死亡された症例なので、ブログだからといっていい加減なことは言えません。(書けません)

2.胸腔ドレナージ実施後も皮下気腫が見られた。それについての対応は 無かったのか?

→ドレナージをしても、すぐに皮下気腫が消えてなくなるわけではありません。人工呼吸(陽圧換気)も始まったようですし。もちろん、呼吸・循環の変化からドレナージが効いていないと考えれば、もう一本追加挿入するでしょうね。

3.バイタルが安定していないのにCTを撮る必要はあったのか?

→JATECのガイドライン的には「NO」です。(CTは死(C)のト(T)ンネルです) しかし、外科医といってもいろんな先生がいます。外傷センターではない病院の救急室でCT画像なしでお腹をあけてくれる外科医&病院は少数派です。外科医が治療のためにまずCTが必要と感じたのなら決して間違いではありません。

4.容態悪化しCPAとなればCPRが最優先ではなかったのか?

→CPAでCPR以外に最優先するものがありますでしょうか。医師からの指示がなくても近くで気づいた人間が胸骨圧迫すべきです。なぜしなかったのでしょうか?(「脈触れません。胸骨圧迫開始します!」といわれて怒る医師はいないと思います)



 自分も重症外傷が来て救命できなかった時には、いろんな反省点が出てきます。後悔もします。きっと受け入れ側の医師も、「他に何かできなかっただろうか。」と考えているのではないでしょうか。
 顔の見えない関係の私にではなく、顔の見える関係の搬送先病院の医師に同様の質問をしてみてはいかがでしょうか?患者さんのためにも・・・・。

 
by nozakoji | 2008-11-29 17:00 | 救急の話

 航空医療学会ホームページで、こんな記事が出てました。

 医師や看護師を傷病現場にヘリコプターで運び、直接降下させる「ホイスト降下」の運用について、鳥取県は鳥取大学医学部付属病院と合意し、9月26日から同病院スタッフを対象に運用を開始した。これにより、山岳地帯などヘリ着陸の困難な傷病現場で、上空から医師や看護師を直接投入し、応急処置やトリアージなどが迅速に実施できるようになった。

 ホイスト降下は、ことし7月から9月にかけ、同病院スタッフらが防災航空隊などと合同訓練をしてきたが、運用上問題がなかったことから今回の合意に至った。対象となるのは、同病院の医師6人と看護師7人の計13人。今後必要に応じて追加も考える。

 現在まで運用実績はまだないが、同隊の天野智隊長は「有事の際の救命率向上につながると期待している」と話した。

 ヘリコプターによる医師、看護師の派遣については現在、鳥取県当局と県内4病院との間で「医師同乗救急ヘリコプターの運用に関する協定」が結ばれている。6月に鳥取大医学部付属病院との間で協定一部変更を行いこれまで不可能だった医師、看護師のホイスト降下が認められた。(山陰中央新報、2008年10月4日付より要約)



 ホイスト降下ってこんな感じです。(海上保安庁の場合は医師のホイスト降下はしません。)

a0031617_1184067.jpg


 自分は、ヘリに乗るのは全く恐怖も何もありませんが、命綱をつけて降りるのは無理っす

 
by nozakoji | 2008-11-29 11:12 | 救急の話

 昨日は、新天地で初の二次心肺蘇生講習会ICLSコースを開催しました。(日本救急医学会認定コースとしておこないました。)

a0031617_11571813.jpg


 今回は6人グループ×2の計12人の受講生というこぢんまりとしたコースでアットホームに開催いたしました。

 このコースでは最低限教えなくてはいけない部分以外は、そのコース開催責任者が「こうしたい!」という部分を加えたり、工夫するのは自由なので、今回はコース担当看護師長にお願いして、本物のベッドをお借りいたしました!

a0031617_11595156.jpg


 多くのコースは会議用の長机に蘇生人形をおいてベッド代わりにするのですが、今回は2ブースということもあり、なるべく実際の現場を再現するためにベッドを使用いたしました。

 
 長机を使用した場合、いくつかデメリットがあります。

 ・頭側に人工呼吸(換気)を邪魔するようなベッド柵がない。横にも柵がない。

 ・机は固いので、胸骨圧迫(心マッサージ)の時に背板(胸骨圧迫をしっかりおこなうための板)を入れるのを忘れてしまう。 

 ・机はベッドに比べ幅が狭いので、胸骨圧迫を足台に乗らなくてもできてしまう。(特に身長が高い人)
 
 ・不安定。などなど。



 今回は、実際のベッドを使用しましたので、

  横のベッド柵を倒す
  →枕を外す
  →足台を使ったり、ベッドの上に乗って胸骨圧迫を開始
  →応援スタッフは人工呼吸(バッグバルブマスクを用いて換気)するときに頭側の   ベッド柵を外す
  →ベッドが沈むので背板が必要と判断できる
  →・・・


 という実際の現場で生じるのと同じような障害(?)も毎回体験できるのです。


 6人×6グループのコースではなかなかできないことなので、今回は受講生にとって良い経験になったと思っております。(自分だけでしょうか???)


 でも、講習会で実際のベッドを使用するというアイディアは私の思いつきではなく、数年前に北国のS市立病院でおこなわれたICLSコースのパクリであるということを最後に白状(?)しておきます!(そのコースでは6ブースすべてに本物ベッドを用意していました。(確か))
by nozakoji | 2008-11-23 12:22 | 救急の話

社会的常識が欠落…

医師がやっているブログではすでに取り上げられていると思いますが、麻生首相が我々医師を『非常識人』として認定してくれました!!

だって、

『医者は社会的常識が欠落している人が多い』

と公的な場で発言してくれたのですから、これからは何をやっても『常識が欠落しているので』の一言で許してもらえそうです!\(^_^)/


しかも、病院経営(麻生飯塚病院)にも関わって医師とのつながりも深いであろう麻生首相が言ったのですから、ずっと以前から、常日頃から思ってくれていたのでしょうね。公的な場で声に出して言って頂けるとは本当にありがたいことです。m(_ _)m


最後に感謝の気持ちを込めて首相に一言。


社会的常識が欠落…

う~ん、


・・・アンタもね。(-з-)
by nozakoji | 2008-11-19 23:13 | その他

 ところ変われば「手術室のお作法」もかわります。

 自分が育った某北国では、背中から針を刺す麻酔(脊椎麻酔(脊髄くも膜下麻酔)、硬膜外麻酔)をする際、スタンダードは右側臥位(仰向けに寝た状態から右向きに横向きになる状態)でした。そして、それが、全国のスタンダードと勝手に思っていました。

 しかし、沖縄に来てみると、スタンダードは左側臥位でした。

 「沖縄はやはり、本土と違うんだなぁ~」

 と思っていたのですが、わかる範囲では、右側臥位が全国でも少数派のようでした。(^_^;)

 まあ、どちら向きでも別に成功率に差はないと思うんですけどね。きっと、最初に北国でおこなった先生が右側臥位好きだったのかもしれません。あるいは、手術室の構造上、左側臥位がやりにくかったとか・・・。


 もう一つ、沖縄にきて驚き、そして、それが結構全国的におこなわれていると知ったのが、手術室で使う腸管を切り離したり、縫合したりする機械を使うときの「お作法」です!

a0031617_137573.jpg


 写真はちょっとわかりにくいのですが、写真左側の部分がワニの口のように開きますので、そこに切り離したい腸管をはさみます。そして、横にあるレバーを前後にガチャンと動かすと腸を切断すると同時にその切り口に医療用のホッチキスがしっかりと挟まります。(腸の内容液がこぼれない) 

 さて、そんな使い方をする機械ですが、私の地元や出張先では、外科医は特に何も言わずにその機械を使用していました。しかし、沖縄に来てみると、出張先の病院の外科医は、機械で「ガチャン」とするときに、必ず、

 「じゃあ、ファイヤーします。ファイヤ-!」

 とかけ声をかけるのです。しかも、助手の医師や看護師、麻酔科医、研修医もいっしょに「ファイヤー!」というのです。(注:全員ではありませんが。)

 1年半前に沖縄に来て、その光景を初めて目の当たりにしたときはなんだか聞いているだけで恥ずかしくて顔が赤くなったものでした。(*^_^*)

 
 たまに、声の小さい研修医などは「ファイヤーの声が小さい!」と注意されることもあるようです。ちょっとかわいそうですよね。(笑)


 このファイヤーに関しても、結構全国の手術室でおこなわれているようで、北国が少数派であったようです。

 外科医、その他の医療スタッフの皆様、ファイヤーに関する情報お待ちしてます。<(_ _)>

 例:何県は言っていた。何大学は言っていない。とか。
by nozakoji | 2008-11-19 13:24 | 手術室関連

 今日は家族サービスをしていたのですが、少し次の予定まで時間が空いたのを利用して来沖して初めての「首里城」に行ってきました!

 以前、首里城を訪れたのは、2000年7月でした。当時、娘は妻の腹の中で胎児でしたので、「初ナマ首里城」です。

 前回は、妻が身重であったことからお金を追加しないと見られない首里城本殿までは行かなかったので(結構、坂道で階段が多い。)、今回はきちんと観光してきました。

 まずは、途中で振り返ってワンショット。

a0031617_2362185.jpg


 真ん中あたりに人が集まっていますが、おそらくあのあたりが、ケツメイシがCDジャケットに使用している写真の撮影場所だと思われます。(若者たちは「ケツメイシの撮影場所ってどこだ?」と必死に探していました。若者は琉球の歴史より人気グループに興味があります。「ケツメイシ?なんだそれ?」という方は、残念ながら若者ではないようです。(笑))

 
 で、首里城です!

a0031617_2310880.jpg


 再建したものではありますが、展示物も見ていると「琉球王国の歴史」を肌で感じることができました。
 せっかく沖縄にいるのですから、現在の沖縄のみならず琉球の歴史や文化にも積極的に触れていきたいなあ、と改めて感じたのでした。

 首里城のあとは、浦添市にある「てだこそば」という沖縄そばやで夕食をとりました。いわゆる沖縄そばとはスープが違いますが、美味しくいただけました!(麺が美味しい!)

 最近は、ラーメンより、沖縄そばにはまりつつあります。やっぱり沖縄の風土にあっているんでしょうね。



 さて、来週開催するICLSコース(蘇生の講習会)の準備をしなくては・・・・。(今回の投稿は「逃避行動」でした。(苦笑))
 
by nozakoji | 2008-11-16 23:26 | 沖縄のお話し

 今更ですが、「受け入れ「拒否」と、受け入れ「不能」は違う」ということは声を大にして言いたい私です。(どこかの大臣が「医者のモラルが・・・」と発言したのはあきれるばかりです。(>_<))

 当院は、ある診療科をのぞき救急車はすべて受け入れる方針です。必要な初期治療をしてから他院に紹介したら良いですしね。


 さて、新職場で1ヶ月半が過ぎました。救急外来だけでなく、久しぶりに麻酔業務もICUもみることができて非常に充実した生活になっています。(ブログ更新のためにPCに向かう時間は少なくなりました。(笑)) 

 しかし、この数日は夜から朝までの臨時手術麻酔や出血性ショックの外傷患者などが続きちょっと持病の足腰に疲れが出てきました。(年です。昔はもっとアドレナリンが出たのですが。)

 
 重症患者が続いたため、手術室の師長さんからは

 「先生、御祓いに行ってきたら~」

 と言われ、

 「こういう患者が来るのが救急ですよ!当たり前のことです。私のせいじゃないですよ!」

 と、明るく元気に答えたものの、やっぱ今週はきつかったです。(>_<)



 今週は娘の起きてる時間になかなか帰れなかったので、週末は家族サービスしたいと思っております。(このあと荒れなければですが・・・・。)

 
by nozakoji | 2008-11-14 10:02 | 救急の話

 「疲れているし、今日は早く帰ろう・・・」と思っていたら、先ほど自分がICU当直であることに気づき、今、かなり落胆している私です・・・。(-_-)


 さて、話はかわって、心電図学習に悩める方に朗報です!(^^)/メディカ出版という医学関係の出版社よりニンテンドーDSのソフトが発売になります。その名も、

 らくらく心電図トレーニングDSです!
a0031617_2136576.jpg


 サブタイトルには、

 -DSソフトで心電図漬け、これで不整脈診断のプロになる-

 とあります!これは買うしかありません!!!(笑)しかも、12月ですからクリスマスプレゼントにどうでしょうか!?(☆医療関係の彼氏、彼女にプレゼントして「クリスマスにまで勉強したくないよ!!!」と、嫌われても責任はとりませんが・・・。)リンクはこちらから

 
 心電図の勉強の本はいろいろあるのですが、不整脈を早く確実に学ぶためにはやはり「モニター上で動いている波形」を見ることが大事だと思います。おそらくこのソフトがあれば気軽に「生の波形」を自分の手の中にいれることができるのでしょう。そして、家で学んだ心電図の波形が職場の患者さんのモニターに出たりすると、「あ、この波形は、DSソフトの3番目にでてくる波形と一緒だ!」とうれしくて叫んでしまう方も出てくるかもしれません!(笑)

 
 DSの医療関係ソフト、もっとたくさん出ると良いですね。

 
by nozakoji | 2008-11-06 21:52 | 救急の話

 名護のやんばる物産展に行った話の続きです。

 MESHのTシャツを買った後は、噂は聞いていたけどなかなか行けずにいたステーキのおいしい店、「朝日レストラン」に行きました!
a0031617_8102486.jpg


 美ら海水族館に行く途中(山道をいく経路沿い)にあります。(看護学校の横にある)

 芸能人も多く訪れるようですし、前の病院の研修医は「親に初めて給料でごちそうしたのがこのお店」といっておりました。それだけ、美味しいということなんでしょう。

 ここは目の前の大きな鉄板で焼いてくれるスタイルのお店なのですが、最初に肉の一部分をほとんど生のまま「どうぞ」と出されました。
 自分は、あまり生肉は得意じゃないのですが、ここの肉はとても旨かったです!(^_^)それだけ良い肉、新鮮な肉だということなんでしょうね。

 少し早めに行っても少し待ちましたので、今度は予約していこうと思っております。


 お肉を食べて幸せな気持ちになったあとは、名護のジャスコに向かいました。目的は食料品の買い物ともう一つ。

 それは、この日(11日)限定の黄色いレシートによる募金をするためでした。以下、MESHサポートのホームページより抜粋です。

琉球ジャスコ様のご協力により、平成20年9月から『イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン』の対象ボランティア団体にMESHサポートを参画させていただきます。毎月11日に沖縄本島内のジャスコ及びマックスバリュー全店舗にて、専用投函ボックスが設置されます。当日、お買物されたレシートを、MESHサポートに投函していただければ、『黄色いレシート合計金額の1%』相当の商品が、琉球ジャスコ様よりMESHサポートに寄贈していただきます。皆様のご支援、ご協力をお願いします。

 
a0031617_8262595.jpg


 
 結構、MESHサポートのボックスにもレシートは集まっていたのですが、一番多かったのはヤンバルクイナを守るNPOの団体でした。さすが、やんばるにあるジャスコです。
by nozakoji | 2008-11-04 08:29 | 自分の話

救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30