現在、気温25度。外は暑いです。(^_^;)

 春というか、夏に向かってまっしぐらの沖縄です。


 さて、まだ雪残る北国での救命セミナーに参加した際に、12月に引き続き道北ドクターヘリの格納庫(基地病院は旭川赤十字病院ですが、格納庫は旭川医大の敷地内にあります。)に行ってきました。

 
a0031617_11545333.jpg

 写真では天気が良さそうに見えますが、天気レーダーで天候不良となるためこの後、格納庫の中に収納されてしまいました。予想以上に、道北ドクターヘリは天候の影響を受けるそうです。

 さて、ヘリを見ていてあるロゴに気付きました。わかりますか?
a0031617_1222363.jpg



 わかりにくいですね。私のように老眼になりかけた方、すでに老眼の方のためにアップにします!(笑)
a0031617_1241962.jpg

 

 INABA JUMP PROJECT

 とあります。このプロジェクトは、ホームページによると、北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀選手が年間のヒット数に応じて子供用の医療資機材を寄贈し、小児の救急救命活動に貢献するというもので2009年6月から開始されているものです。最初は札幌のドクヘリのみにロゴが貼られていましたが、今は道北、道東すべてのヘリにロゴが貼られているそうです。


 社会貢献の形はいろいろありますが、このプロジェクトは素晴らしいと思います!沖縄の救急ヘリMESHにも琉球ジャスコなどの企業ロゴが入っていますが、お互いにとって、そして子どもや患者さんにとってもよりよい効果が生まれると思います。

 
 社会貢献を考えている企業のみなさま、有名人のみなさま、ドクターヘリのみならず、ドクターカーの車体、フライトスーツなどにロゴをいれて寄付を納めるというシステムもありますよ!危機的状況の医療を支えるスポンサーは、決して売名ではなく、素晴らしい社会貢献活動であると思います。


 ・・・って、そんな方々はこのブログを見ていないような気がしますが。(^_^;)  


 稲葉ジャンププロジェクトの説明は ここから リンクしてます!
[PR]
by nozakoji | 2010-02-26 12:17 | 救急の話

800人中95人!?

 先日の救命セミナーでは時間がないため、あまり「沖縄のおはなし」をお話する時間はありませんでしたので、この場を使ってご紹介したいと思います。

 今日は、「姓名に関する話」です。(今日は、って・・・。続かないと思いますが・・・。(^_^;))


 沖縄に来て3年が経ちましたが、最初に困った、あるいは「へぇ~」と思ったのは

 「姓名に関する意味の違い・意識の違い」
 です。

 とにかく、同姓の方、同姓同名の方、似た姓の方が本土に比べて非常に多いです。本土のみなさんの想像以上だと思います。

 佐藤さん、鈴木さんがいない代わりに、新垣さん、照屋さん、比嘉さん、金城さん、大城さん・・・などは一つの職場に数人いるのは珍しいことではありません。なので、学校でも職場でも、名前で呼ぶことが多いです。最初はこのアメリカ的な(?)文化に慣れなかったです。(笑)


 「同姓同名」の方も本土に比べて異常に多いです。

 先日、当院のオーダーリングの患者検索で、新垣●●さんという名前を検索したら34人いました!一つの病院でこの数なので、県全体では何人いるのでしょうか??


 なぜ、同名が多いかというと(特に男性、長男の場合)、先祖代々名前の1文字を受け継ぎ、それが一族の「証」となっているのです。例えば、皆さんご存じの具志堅用高さん。この一族の具志堅さんは、みなさん一文字目に「用」がつくのです。(あくまで例です。)一文字目が決まっていることで、バリエーションが少なくなり同名も増えるということにつながるようです。

 また、姓によってその出身地区がわかることもあるので、

 「nozakoji?どこのnozakojiねぇ~?宮古?」

 と聞かれることもあるわけです。


 沖縄独自の姓が決まっていることで、本土でいや~な経験をした患者さんが救急に来た場合(飲酒している方の場合ですが。)、私の名前を見て、

 「nozakoji!? あんた、ないちゃー(本土出身者。県外の人。)でしょ!ないちゃーには見てもらわんよ!」

 と言われたことも数回あります。ちょっと、悲しかったです。(T_T)


 またICUの患者氏名に

 渡名喜●●と渡嘉敷××
 與那嶺●●と與那覇××

 と書いてあった場合、ぱっと見た場合、間違えてしまいそうになりますよね。医療ミスにもつながりそうで怖いです。


 あと、地名があると同じ名字の方が多くいることを沖縄に来て知りました。名護さん、宜野座さん、宜野湾さん、普天間さん、浦添さん、首里さん、那覇さん・・・。プロ野球キャンプや基地問題、観光地で聞いた地名かと思いますが、みなさんその姓の方がいらっしゃいます。



 まとめてしまうと(?)、とにかく「姓より名前に意味がある。」ということです。姓に関してはあまり気にしないところもあるので、玉城(たましろ)さんがある日から「たまき」さんに読みを変えたという話も聞きました。(タレントの上地(かみじ)雄輔も沖縄の家系で、もともとは「うえち」さんだったとテレビで言っていました。)

 まあ、そんないろんな経験をした結果、テレビを見ていても出演者の名前を見ると、「あ、このタレントのルーツは沖縄か。」とわかるようになりました!(何の役にも立ちませんが。(^_^;))


 さて、最後に、記事タイトルの意味を教えますね。これは、ある製薬会社の方に聞いた情報です。担当している病院の全ての医師数を合計すると800人いるそうなんですが、そのうち、比嘉先生は95人いたそうです!本土では絶対にありえないパーセンテージですよね!(笑)

 追記:3年もいると、県外のことを「本土」ということに違和感を感じなくなりました。(^^)/
 
[PR]
by nozakoji | 2010-02-24 10:00 | 沖縄のお話し

 私も受講した日本航空医療学会のドクターヘリ講習会が、平成22 年5 月22 日(土)、23 日(日) 午前8 時30 分-午後6 時00 分の日程で愛知県で開催されます。

 ドクヘリの配備が進むにつれて受講希望者も増えているようです。そのため、いつも募集人数を超えるため、おそらく今回も抽選になると思います。

 応募期間は平成22 年3 月8 日(月)午前11 時 ~ 3 月18 日(木)午後3 時となっていますので、受講希望の方は忘れずにカレンダーに予定を書き込みましょうね~。

 以下からリンクしてます!受講希望の方、興味のある方は覗いてみてくださいませ。

 
 
a0031617_10282543.jpg



 私の応援する沖縄県の民間救急ヘリ、MESHサポートも応援してくださいね!右のバナーからリンクしてます!
[PR]
by nozakoji | 2010-02-22 10:31 | 救急の話

 道北救命セミナーが終わりました。

 会場外でおこなわれた懇親会も先程終わり、ホテルに戻って参りました。(^^)/

 内容について簡単ではありますがご報告いたします。

 まずは、道北ドクターヘリにも乗られているY先生による、循環動態が不安定な循環器患者を転院搬送した症例についての発表でした。

 ・搬送元病院からの情報について
 ・つながっている機器についての問題点
 ・準備薬剤の問題
 ・道北地区における循環器科医師のマンパワーのお話

 私とは違い、アカデミックな内容も含まれる発表でした。できれば、ドクターヘリを要請する立場にある病院の先生に聞いていただきたい内容でもありました。

 
 続いて、私が沖縄県の航空医療事情と個人的に応援している民間救急ヘリMESHサポートのお話をさせていただきました。
 「沖縄での医療あるあるネタ!」も入れたかったのですが、時間に限りがありますし、自分はあくまで前座という立場ですので、ぐっとこらえたつもりです。(笑) 

 最後のスライドでは、最近のCMのように

 「続きはWEBで!」

 として、ネットを参考にしてもらう作戦(?)といたしました!(笑)まあ、あんまり役立つ内容は無いブログですけどね。(^_^;)

 
 さて前座が終わり、いよいよ主役のお二人の登場です!


 一人目は、八戸市立市民病院の救命センター長、今先生の「劇的救命」というお話でした。

 今先生のプレゼンは、派手な演出も入れつつ聴衆を引きつける魅力あるものでした。また、聴衆に救急隊も多く参加されると言うことをしっかりと考えた上での構成となっており、まさに「あっぱれ!」という内容でした。

 「劇的救命」、私のような平凡な救急医には難しいことではありますが、今以上に救急隊の方とコラボレーションして「劇的救命症例」を増やしていこうという思いをを強くした次第です。


 二人目は、前橋赤十字病院の中野先生です。群馬県ドクターヘリを運航してから気づいたこと、うまくいったこと、うまくできなかったことなどをデータなども示しながらわかりやすくご説明いただきました。若輩者から言うのも失礼かもしれませんが、大変聞きやすくてわかりやすい話し方をされておりましたので、参加された救急隊の方に、ドクターヘリを呼ぶことに対するハードルをかなり下げていただけたような気がします。


 その後は、会場のホテル内でおこなわれた懇親会と会場外の懇親会に参加いたしましたが、大変有意義な会でした。

 みんな、自分の利益のためにやっているわけではなく、すべては患者さんの救命のために頑張っている「同志」なので、話の内容や意見はすぐに一致いたします!


 救える命を救いたい


  また明日から頑張ろう、そう思える北国への出張でした。(^^)/


 

 

 
[PR]
by nozakoji | 2010-02-20 01:17 | 救急の話

 今日は旭川で味噌ラーメンを食べました!

 うまかったです!

 自分は札幌ラーメンの麺より旭川のほうが好きなので大満足です!(^^)/


 このあとは19時から沖縄の航空医療についてほんの少し発表させていただく予定です。(結構早口で発表しても時間ぎりぎりですが。)

 
 では、次回、報告いたします!
[PR]
by nozakoji | 2010-02-19 17:22 | 救急の話

北国に到着しましたが、かなり遅れて到着しました。
気温はマイナス5℃ですが風はないのでさほど寒くはありません。

レンタカー運転中に二匹のキタキツネが飛び出してきて、危なく高エネルギー事故を起こしそうになりました。(^_^;)

夕食はラーメンか寿司か迷った結果、回転寿司とっぴーへ。

安くて新鮮で旨い!沖縄では無理な値段と美味しさです!

これからホテルにチェックインして明日の発表の準備をしなくては。

あ、その前に大浴場にも行って腰のメンテナンスをします!
[PR]
by nozakoji | 2010-02-18 20:38 | 自分の話

北上します!

 ドクターヘリ関連の研究会が明日、北国であるため、本日北上いたします。

 私は一般演題で発表予定ですが、今の心配は、北国までの道のりに腰下肢痛が耐えられるのか、ということです。(^_^;)

 
 先週はBDLSコース受講をあきらめて今回の北国行きに備えたつもりです。神様、どうか私のガラスの腰をお守りください・・・。(医者も、薬が効かなければ神頼みしかありません。(苦笑))


 では、患者さんの状態を確認後、準備して出発します。東京の天候が気になりますが・・・。
[PR]
by nozakoji | 2010-02-18 10:00 | 自分の話

 先日、ローソンに行くとロッピー(商品やチケットの購入ができる情報端末)のカタログにこんなものを見つけました!(以下の図はネットに出ていたものです)

 
a0031617_11551785.jpg


 フジテレビで放映中のドラマ「コード・ブルー」のグッズです。驚いたのは、上の図にはありませんが、フライトナースが着ているジャケットが20000円台で発売されていました!


 自分は、ワッペンでも買って、藍沢先生(山P)気分を味わおうかと密かに思っています。(笑)

 
[PR]
by nozakoji | 2010-02-17 12:00 | その他

ドクターヘリの記事

 「Jレスキュー」という雑誌があります。

a0031617_23532230.jpg


 消防の専門雑誌で消防、救助、救急についてのいろんな情報が出ており、書店では、いわゆる「マニア向け」の雑誌のコーナーにあり、自衛隊関係、飛行機(エアライン)関係の雑誌と並んでいることが多いです。

 私はたま~に「救急オタク」として買うことがあるのですが、今回は表紙の

北海道のドクターヘリ3機体制で救急医療を救う!

 にひかれて即購入してしまいました!


 広大な土地をカバーし、冬は厳しい気候条件の中で活動する北海道のドクターヘリ。ぜひ、ご覧ください!
[PR]
by nozakoji | 2010-02-15 00:14 | 救急の話

旧暦の行事が生活の一部である沖縄県。

そんな沖縄では、今日はバレンタインデーではなく旧暦のお正月なのです!

ちなみに、私の勤務先でも金曜日に

「新春餅つき大会」

が開催されたのでした!

2月中旬に院内に「新春」の文字が出ても違和感を感じなくなったのは、来沖して3年の成果(?)かな。

ということで、

明けましておめでとうございます!(^-^)/
[PR]
by nozakoji | 2010-02-14 09:31 | 沖縄のお話し

救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。