先日、当院への救急患者搬送も多いG消防のS救急救命士に新しい自動心マッサージ器(LUCAS心臓マッサージシステム。以下、LUCASとします。)の説明会を行って頂きました。

a0031617_2383766.jpg


 聞いた話では、この自動心マッサージ器を導入するのは、九州沖縄地区の消防では初めてなのだそうです。(「九州沖縄地区の消防で!」というところがミソのようです!(^^)/)

 今までも、いろんな心マッサージ器がありましたが、このLUCASの最も良いところは「軽い」ところだそうです。院内で使用するなら多少重くても耐えられますが、現場で使うには他の器材もありますので、軽くないと救急隊員が大変ですよね。

メーカーのホームページによると、利点は以下の通りです。

•ガイドラインに沿った胸骨圧迫
 圧迫深さ:4-5cm
 圧迫頻度:100回/分
 完全なリコイル

•本体重量約6.3kgと軽量

•X線透過
 本体上部とピストンロッド以外はX線を透過、透視下でも使用可能

•低ランニングコスト
 消耗品は動力源の圧縮空気だけ


 ご家族にとっては器械で患者さんの心臓マッサージをすることに抵抗もあるかもしれませんが、揺れる車内や狭い場所、あるいは、少ないスタッフで効果的な心マッサージを長く続けるにはこの器械の方が人間より明らかに優れていると思います。もちろん、使用前には、救急隊から装着に関する説明も行われます。

 また、このG消防では一度に3器購入したそうで、この4月から各出張署に1器ずつ配備され、心肺停止患者発生時には全ての患者さんに装着予定となっているそうです。

 今までも時々、自動心マッサージ器を使用する救急隊もありましたが、その救急隊は当院までの搬送時間が長いところでした。しかし、G消防では、病院までの搬送距離に関係なく心肺停止であればこの自動心マッサージ器を装着し、心マッサージ以外の処置(気道確保、静脈路確保など)に人員を当てる活動をおこなうようです。また、「ぜひ、病院内でも搬入後に使い続けてほしい。」というありがたい言葉もあり、そのため院内で説明会を開いて頂きました。病院としては、夜間の当直時間帯などは、心マッサージをおこなう人が不足しますので、本当にありがたいです。

 ちなみに、装着方法自体はそんなに難しくありません。心マッサージ中に、体の下に黄色い板(背板)を滑り込ませた後、上から圧迫する器械をカチッとはめ込むのみです。実際の訓練している動画も見せて頂きましたが、スムーズに装着されておりました!

a0031617_23134941.jpg


 この機器の導入が、すぐに救命率や社会復帰率の上昇につながるわけではないかもしれませんが、今以上に「救える命を必ず救うための体制作り」を推し進める上でのシンボル的な存在になりそうな気がしています。


注1:「心マッサージ」は正しくは「胸骨圧迫」です。わかりやすいように敢えて心マッサージとしました。
注2:外傷患者の心肺停止に関しては、自動心マッサージ器の使用はメーカーは推奨していないようです。
 
[PR]
by nozakoji | 2010-03-29 23:17 | 救急の話

 先日、北海道を暴風が襲った際、こんなニュースが北海道に流れたそうです。

a0031617_1126477.jpg


 この屋根の持ち主はなんと知り合いの救急の先生でした!


 その先生のお話では、大きな音がしたので外を見ると、自宅の屋根が電柱に刺さっていたそうです。(^^;)なかなかできない経験ですよね・・・。(できればしたくないですが。)

 すばらしいのは、その後です!

 普通は、どこか1ヵ所(例えば、消防)に電話をして、そこからアドバイスを受けるのが普通でしょう。でも、この先生は、自然災害の被災者でありながら、消防、警察、電力会社、修理会社その他への連絡をスムーズにおこなわれたそうです。

 災害医療の原則は、何度か記事にしましたが、そう、

 CSCATTT です!

Command & Control 指揮、統制
Safety 現場の安全、自分の安全、患者の安全
Communication 各関係機関での情報伝達
Assessment 状況の評価
Triage, Treatment, Transport 患者がいればトリアージ、治療、搬送
 

幸いにも患者さんはいなかったので、TTTは行ってはいませんが、CSCAに関しては積極的に関与されたようです。

a0031617_1211356.jpg

↑この写真撮影も行ったそうです。ご本人提供の写真です!
 
さすが、救急専門医!MC担当医!(^^)/

 
 屋根に関しては、2日間で治ったそうです。良かった、良かった!
[PR]
by nozakoji | 2010-03-27 12:12 | その他

 沖縄県でNPO法人の民間救急ヘリを運航しているMESHサポートから先日、以下の様な発表がありました。


 平成22年度4月以降も可能な限り運航を継続する。そのため、3月26日から4月27日の約一ヶ月間、ヘリコプターの定期耐空検査(自動車の車検にあたる作業)を実施する。
この間は、ヘリ運航を一時休止とし、ドクター・カーによる対応をする。
同時に、4月28日以降、夏場までを当面の目処に運航継続の調整をはかるものとする。
継続内容・期間の詳細は調整つき次第、発表する。



 MESHサポートは、まずは半年の期限でH21年6月に運航を再開し、全国からの支援により今月末まで運航が継続になりました。4月28日以降の運航がどのようになるのか気になるところではあります。


 このままNPO法人で救急ヘリ事業を進めていけるのか、それとも県からの補助により公的ドクターヘリになることがあり得るのか。まだ先は見えていません。


 周辺離島も抱え、北部にはやんばるの大自然をかかえる沖縄県。

 他県には存在する県防災ヘリコプターももっていない沖縄県。


 現在の沖縄県ドクターヘリ1機では「救える命を救う」ためには絶対に足りないと思います。早く、永続的な運航の目処が立ち、沖縄県民のみならず、他県からの多くの観光客の皆さんが安心して観光できる体制作りができたらいいな、と思っております。

a0031617_1236818.jpg

[PR]
by nozakoji | 2010-03-26 12:29 | 救急の話

 数年前から大阪に来る度に、

 「今回は行けるかな・・・・。でも、時間がないか。(>_<)」

 と断念していたのが、万博記念公園に行って、岡本太郎の「太陽の塔」を生で見ることでした。


 亡くなられる前から、彼の作品には惹かれるものがありました。絵や文字は本でもその作品に触れることができますが、太陽の塔だけは無理ですよね。


 今回、大阪から帰る飛行機が20時過ぎしか取れなかったため、専門医セミナー終了後に時間がありました。こんなチャンスは滅多にありません!はやる気持ちを抑えつつ、すぐに万博記念公園に向かいました。

 行きはタクシーで向かったため、おりる場所が悪く背中しか見えませんでした。でも、ちょっと興奮です!(^_^)
a0031617_1072638.jpg
  

 公園内を結構歩き、やっと念願の対面です!!!
a0031617_1084859.jpg


 一人でしたが、めちゃめちゃ感動してしまいました!感動のあまり妻にも写真付きでメールしましたが、その感動はあまり伝わらなかったようです。(^_^;)

真下まで行くとその巨大さにまた感動です!人が入ることができたパビリオンですから当たり前ではあるのですが。
a0031617_10111134.jpg


 実際に言ってみると「あれ、しょぼいなあ~」というものが多い中、太陽の塔は私に感動と元気を与えてくれました。

今までに見た、美ら海水族館の巨大水槽のジンベイザメや、お台場の等身大ガンダムなどは「すげ~!これは見て良かった!」止まりでしたが、太陽の塔はプラスアルファのものを強く感じることができました!私にとってのパワースポットです!(さすがに腰下肢痛が治ったりしませんでしたが。(笑))

 この顔も近くで見ることができてうれしかったな~。
a0031617_10191795.jpg
 


 帰りには、太陽の塔のクリアファイルと携帯ストラップを買ってしまいました。また、ゆっくり行きたいな~。

 
 テレビでしか見たことがない方はぜひ生で見てください!
[PR]
by nozakoji | 2010-03-21 10:24 | 観光など

伊丹空港から大阪駅に向かうリムジンバスの車内にいます。

明日、大阪で日本救急医学会主催の救急専門医セミナーが開催されるので参加しにきました。

内容は以下のような感じです。

◎臓器移植法の改定と救急医の役割
◎産科救急における諸問題
◎小児救急における諸問題
◎救急医療における終末期ガイドライン
◎救急科専門医認定制度改定のポイント

座り続けることによる腰下肢痛が辛いけど、学んできたいと思います!
[PR]
by nozakoji | 2010-03-19 20:15 | 救急の話

 青森県ドクターヘリの基地病院、八戸市民病院がこの春からドクターカーも運用開始するのですが、カラーリングされた車体がドクヘリブログで公開されています!

 こちらからリンク→ 青森県ドクターヘリスタッフブログ

 岐阜県の多治見病院のドクターカーはプリウスですが、八戸は雪道にも強いトヨタのRAV4です!

 カラーリングもなるべく許される範囲で派手なものと努力されたようで、ロゴなどはドクターヘリに似たものとなっています!

 個人的には「で~じ、じょーとー!」と思います!(^_^)v

 ※「でーじ」=とっても、「じょーとー」=良い、素晴らしい、気に入っている、かっこいい!
 
 
 現在も、八戸ドクターヘリは今先生のもと若い力が結集して昼夜問わず、頑張っておられます。雪でヘリが飛べない日には、このカラーリングのドクターカーが駆けつけ「劇的救命」症例を増やしていくのでしょうね。

 南の島から応援します!
[PR]
by nozakoji | 2010-03-18 09:35 | 救急の話

お金にまつわるお話。

 久しぶりの更新です。

 最近は足腰の痛みが強く、パソコン仕事が辛かったため、更新もサボってました。スンマセン。

 救急に関する話を書こうと思ってましたが、すぐに書けるゴミネタを書いておきます。(^_^;)


 その1)totoBIG

 一攫千金を狙って2週連続で購入したtoto BIG ですが、残念ながら外れました・・・。もし当たれば、沖縄に家を買ったり、民間救急ヘリMESHサポートに寄付したり、と思っていたのですが残念です。(邪念があると当たらないですね・・・。)


 その2)グリーンジャンボ

 宝くじを久しぶりに買いました。。なぜか当たりそうな気がしたので(?)、50枚購入し、そのうち30枚は以前10万円の当選につながった名護の道の駅で購入しました。
 
 すると、春のおとずれ賞10000円(下3桁が一致)が当たりました!(^^)/ 

 沖縄観光の際は、ぜひ名護の道の駅で宝くじを買いましょう!


 その3)空港のATM

 道北救命セミナーで北国に行ったときの話。飛行機に乗る前に、搭乗口近くにあったATMで現金20万円をおろして搭乗手続きを行いました。手続き後、搭乗案内を待っていると、放送が入りました。

 「ATM付近でお忘れ物がございました。お忘れになった方は、総合案内までお越しください。」

 え、もしかして!!!

 そういえば、先ほど、お金をおろしたはずですが、財布にお金を入れた記憶がありません。財布の中身を確認すると、カードはありましたが現金は2万円しか入っていませんでした・・・。(^_^;)

 事情を話して、待合室を出て総合案内に行ったところ、20万円が無事に届いておりました!!!親切で正直な方が届けてくれたようです。世の中、捨てたものじゃありません。

 届けてくれた方に「本当にありがとうございました」、とこの場を借りて言わせていただきます。(絶対に見てないでしょうが。)


 その4)青いキップ

 数日前の話です。夜間に沖縄の高速道路を走っていたところ、覆面パトカーに捕まりました・・・。

 反則金は18000円です・・・。(T_T)

 宝くじで当たって喜んだのはなんだったのでしょうか・・・。
 でも、こればかりはついスピードを出してしまった私が悪いので素直に反省です。


 みなさま、お金を大切に。そして、高速道路は制限時速で走りましょうね。
[PR]
by nozakoji | 2010-03-17 14:37 | 自分の話

 全国的に寒いですね。

 沖縄でも、数日前は25度まで上がっていた最高気温が14度と完全に冬になってしまいました。(北国の方から見ると贅沢な温度ですが、建物が防寒仕様ではないので寒いのです。)


 さて、先日の当直明けの午前中にこんなことがありました。


 前日に研修医と一緒に傷の縫合をした患者さんとお母さんが、創部のチェックのため午前中に救急部にいらっしゃいました。


 するとお母さんが、このようなお言葉を・・・。


 お母さん 「あれ、まだ先生方はお仕事されているの?夜も朝もずっと?」

 自分&研修医 「そうです。昨日は当直でしたので。」

 お母さん 「それは、お疲れ様です。お体に気をつけてね~。」

 自分 「ありがとうございます。そういうお言葉をいただけるだけでありがたいですし、頑張れます!」



 もちろん、われわれ医療従事者以外にも夜間勤務のお仕事がありますので、夜間勤務が特別なこととは思っておりません。
 
 しかし、中には、夜間に救急外来にいらして

 「この病気が心配だから、すぐに精密検査をしてほしい!」

 と無理なことをおっしゃる患者さんもいます。(そういうときに限って外来が結構混んでいたりします。)そんなときは、少し心が折れそうになる自分や、「夜間にこのような希望を言う患者さんを対応した研修医が将来、救急医療をやろうとは思わないよな~・・。」と思ってしまいます。

 そんな救急部で、今回のようなお言葉をいただけることは少ないです。病院の当直料金が増えるより、このような患者さんやご家族が増えると救急医療は疲弊しないかも、と思ってしまいました。(もちろん、当直料金が増えるともっと良いですが。(笑))

 
[PR]
by nozakoji | 2010-03-10 09:51 | 救急の話

那覇空港災害訓練

 3月4日に那覇空港で大規模な災害訓練がおこなわれ、私は職場のスタッフとともに計6名で見学させていただきました。

 設定は、「ABC航空の航空機がトラブルにより胴体着陸をした。」というものです。

 以前の職場で県の防災訓練に参加したことがありますが、今回もほぼ同規模の訓練となっておりました。

 まずは、火災も発生しているということで発煙筒が焚かれて訓練開始です。JALの機体にANAのタラップが付いてます。訓練っぽいですね。(笑)
a0031617_345429.jpg


 患者役は看護学生を中心に多数いました。また、病院スタッフ、消防、警察、空港職員、自衛隊、海上保安庁など本当に他職種の参加がいることがおわかりになりますよね。
a0031617_347462.jpg


 トリアージテントです。
a0031617_3483645.jpg

 トリアージについては以前にも記事にしたことがありますが、ものすごく簡単にまとめると、

 緑色:歩行可能な傷病者
 黄色:歩行はできないけど、比較的安定した状態なのですぐには治療しなくて良い患者さん
 赤色:全身状態が悪く、すぐに治療が必要な患者さん。できるだけ早く病院に搬送したい。
 黒色:救命の見込みなし。死亡。


 と患者さんの重症度を分類することです。大規模事故が発生した場合、すべての患者さんを搬送しようとすると、助かるはずの患者さんが助からないということが起きてしまいます。そのため、治療を受ける「順位付け」をしなくてはならないのです。
 もちろん、最初は軽傷の緑と思っていていも重症者がいることがありますので、テントの中や病院で何度も再評価して重症外傷がないか調べる必要があります。

赤テントの中です。患者情報の収集や伝達に混乱がおきていました。あと、テント内で困るのが点滴をぶら下げる時です。写真でも患者さんの点滴ラインが突っ張った状態になっていて今にも抜けてしまいそうです!(^_^;)
a0031617_349655.jpg


赤テントから救急車へ患者搬送をおこなっています。
a0031617_3502427.jpg


今回、県のドクターヘリは出動中のため残念ながら訓練には参加できませんでしたが、2人の重症傷病者は自衛隊と海上保安庁のヘリで那覇から離れた病院へ搬送されていきました。
a0031617_3504693.jpg


 今回のような空港災害では、救急車のみならず、ヘリで患者を搬送するというのは大変有効な手段となります。沖縄の場合、自衛隊や海保のヘリが空港に集結してますので、近隣の南部地区の病院ではなく、中部地区や北部地区の病院にどんどん搬送できると思います。


 約100年ぶりの比較的大きな地震が起きた沖縄です。このような航空事故のみならず自然災害に対する医療対応も再考していかねばなりませんね。

 以前、受講したMIMMSDMATの復習もしなければ・・・。
[PR]
by nozakoji | 2010-03-06 04:28 | 救急の話

 先日の宮里藍選手のアメリカツアー2戦連続優勝、すごかったですね!

 沖縄県では、郷土のスターの活躍に号外も発行されていました!

 さて、そんな宮里藍選手のこんな記事が2月末にスポニチに出ていました。


全15勝振り返る“豪華藍V切手”発売
宮里藍(24=サントリー)の豪華フレーム切手が日本全国で3月に発売されることが24日、分かった。プロ転向後初優勝した04年から、エビアン・マスターズで米ツアー初優勝を飾るなどした昨年までのすべての優勝の足跡が収められているもので、藍ちゃんファンにとっては“お宝”の一品となる。

中略

発売は宮里が凱旋出場する沖縄での日本ツアー開幕戦、ダイキン・オーキッドレディース開催中の3月5日。価格は3900円になる予定で、沖縄をはじめ、全国で販売される。宮里サイドでは売り上げのほとんどを沖縄で活動する民間のドクターヘリへの支援として寄付する意向という。
後略


全文を読む方は ここ からリンクしてます!



「また、ドクターヘリの記事?」って言わないでくださいね。(^_^;)


宮里選手はMESHサポートの主な活動地域である沖縄県北部の東村出身です。年末には、年間のバーディースにちなんで350万円の支援金をMESHにしたというのに、またもこの支援です!


日ハムの稲葉選手にも負けないぐらい地域や医療のことを応援してくれるスポーツ選手、宮里藍選手。みなさん、今まで以上に応援していきましょうね!


ちなみに、この切手は問い合わせ殺到しているそうです!
[PR]
by nozakoji | 2010-03-02 18:48 | 救急の話

救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。