青森県ドクターヘリの基地病院である八戸市民病院救命救急センター。

 現場出動も多く、今までにも多くの劇的救命症例がでています。

 見学2日目の午前中、現場からのドクターヘリ要請がかかりました!ERの一角にあるCSルーム(通信司令室)にはすでにフライトナース(男性)が駆けつけています。
a0031617_12174076.jpg


 要請内容からは、どうやら、頭蓋内疾患が疑われます。後遺症を防ぐためにもなるべく早く診断し、治療をおこなう必要があります!

 出動要請は院内にいるフライトドクターにPHSで通知され、一度CSに集まったフライトドクター(今所長、K医師)は情報収集後に、ヘリポートへつながる廊下を一気に走り抜けます!
a0031617_12235348.jpg

 ・・・・撮影がぶれました。(^_^;)

 ヘリポートにつながる廊下にはドクターヘリの出動や到着をお知らせするパトライトが付いています。これが点灯すると、この廊下をフライトスタッフが通る(走る)ので気をつけましょうというサインになっているそうです。
a0031617_12271377.jpg


 すでに中日本航空の運航スタッフと機体の準備はOKです!フライトスタッフが乗り込んだ後は一気に現場へと急行します!
a0031617_12314749.jpg

a0031617_12345850.jpg



 初期治療を終えて、ヘリポートに戻ってきた患者さんをお迎えし、その後の治療も見学いたしましたが、結果的に、ドクターヘリによる早期の治療がこの患者さんの未来を変えることになりました!
 
 ドクターヘリ、ドクターカーによる現場からの早期治療の重要性を改めて感じるとともに、八戸救命のチームワークの良さも実感することができたのでした!


 見学レポートはもう少し続きます!(^^)/


 追記:ちなみに、この日のフライト担当ドクターK先生は、以前からこの拙いブログを見ていてくれたとのことでした。嬉しくもあり、若干、恥ずかしかったです。(^^;) 
[PR]
by nozakoji | 2010-06-30 12:44 | 救急の話

 先日、妻がとある勉強に出かけたので娘と2人きりの1日を過ごしました。(^_-)


 まずは、いつもの車ではなくモノレールで、国際通りまで出かけました。

 昼食後、本屋に行ったり、いわゆる観光地である公設市場(肉屋さんに豚の頭が飾ってある光景がテレビに出ますよね。そこです!)に行ってみたり。


 まあ、手をつないで歩いたり、それなりに仲良く(?)過ごせたように思います。(と思っていました・・・。)

 帰宅後、まだ妻は帰宅しないので、今度は海のそばの公園に出かけることにしました。


 だって、沖縄はもう夏!外で遊ばないとね!(もちろん、帽子は必須です!)

a0031617_12522881.jpg


 途中、ホームセンターで900円ぐらいのサッカーボールを買い、パスをして遊びました。(この時間、プライスレス!・・・と思っていました。)

a0031617_12531851.jpg


 単純な遊びですが、確実に相手の正面にパスが出来るようになると娘も楽しくなったようで、なかなかやめてもらえませんでした。(足腰の悪い父にはちょっときつかった・・・)


 それでも、さらに体を動かしたい娘は縄跳びの練習です!娘は腎臓が生まれつき悪いのですが、体を動かせるうちはどんどんいろんな事をやって欲しいと思っています。

a0031617_1254554.jpg
 

 遊んでいるとかなり腹が減りました。勉強の終わった妻と合流後は、近くの沖縄そば屋で夕食です!沖縄に来る前はラーメンを食べることが多かったのですが、最近は沖縄そばを食べる割合も結構高くなりました。やはり、気候にあっているのだと思います。

a0031617_12554387.jpg



 一日が終わる頃、妻が娘にこう言いました。

妻:「パパと一日遊んで楽しかった?」

 すると娘は、


娘Haru:「え、普通。」

 



 父、心の中で号泣・・・。(T_T)
[PR]
by nozakoji | 2010-06-25 12:46 | 自分の話

 沖縄県のドクターヘリが、沖縄県の広報番組 「うまんちゅひろば」 で取り上げられていました。

 テレビ放送は終了しましたが、現在ネットでストリーミング配信されています。期限があるとおもいますので、ぜひ早いうちにご賞味(?)ください!(^^)/

 リンクは ここ「うまんちゅひろば」 から

a0031617_131453.jpg



 ちなみに、「うまんちゅ」とは、沖縄方言で「万人(ばんにん)」「みんな」という意味です。つまり、「みんなの広場」という番組名です!(^_^)v  
 
[PR]
by nozakoji | 2010-06-23 13:18 | 救急の話

 朝8:20頃からその日のドクターヘリ担当スタッフと運航スタッフによるブリーフィング、無線チェックが始まります。(担当者以外は病棟回診や指示だしをしている。)

 この日の担当は、当直明けの今明秀救命救急センター長とK医師でした。

 
a0031617_840413.jpg


 運航時間や運航範囲の確認、無線チェックをおこないます。

 
 8時30分からは、カンファレンスです。

a0031617_18532540.jpg


  カンファレンスは、前日の入院患者についてのプレゼンテーション、病棟患者のコールや経過報告、連絡事項、退院予定患者の紹介がおこなわれていきます。

 約1時間のカンファレンスが終わった後は、救命病棟から回診が始まります。蘇生後、ショック、中毒、脳神経疾患などの重症患者で溢れていました。重症患者の割合が少ない二次救急病院で働いている私にとっては刺激的であり、「また、救命救急センターで働こうかな・・・。」と思ってしまう一時でした。

 その後はチームごとに病棟回診を続けたり、ERに呼ばれたり、ヘリ担当、ドクターカー担当と分かれることになります。


 さて、いよいよお昼です!(途中、省略しすぎ?)


 天気の良かったこの日は、病院横にあるヘリポートにみんなで集まっての食事です!

a0031617_2464316.jpg


 このような「業務時間以外の共有」って、大事ですよね。院内食堂や医局では話しにくいこと(悪口だけではないですよ!)も気軽に話しやすくなると思います。

 当院は救急スタッフも少ないので、「この患者さんは自分が見ておくから、今のうちに食事してきて!」と交代になることがほとんどですので、とても羨ましく思いました。今度、真似しようっと!



 ・・・でも、今の時期、強烈な紫外線が降り注ぐ沖縄でこの昼食会をおこなうと、熱傷1度(皮膚が真っ赤になる日焼け)となることは確実だな・・。(^_^;) 


 
 
 
 

 

 
[PR]
by nozakoji | 2010-06-23 03:08 | 救急の話

 八戸市民病院救命救急センターのスタッフユニフォームは青の手術衣(スクラブ)です。

 私の病院の救急部スタッフも濃紺のスクラブを着てますが、その格好良さが全く違います。

 背中のロゴがイケてます!

a0031617_12515472.jpg


 SPIRITS OF HACHINOHE

 ドクヘリや、青森県を示すラインも良い感じです!


 それまで救急専門医のいなかった病院に今センター長がたった1人で赴任してシステムをつくり、その後全国から若手救急医が集まって現在の活気あふれる救命救急センターが運営されています。

 
 今イズム、八戸魂。

 形だけではなく、スタッフみんなに伝わっているのを感じました。



 今度、当院のユニフォームを作るときには SPIRITS OF RYUKYUにしようかな。(私は沖縄出身じゃないけど、まずは形から・・・。(^_^;))

 
[PR]
by nozakoji | 2010-06-19 13:01 | 救急の話

 八戸市立市民病院救命センターに行って、若く活気にあふれる研修医、スタッフのみなさんの多くがiPhoneを持っていることに驚きました!


 電話機能よりも、それ以外の活用が多い(医療用アプリも多いので。)ようです。


 見学期間中に臨時手術もあったのですが、術中の摘出臓器の撮影ももちろんポケットから出したiPhone!

 文献チェックもiPhone!

 学会のプログラムチェックもiPhone!


 ジョブズ(アップル)も孫さん(ソフトバンク)もきっと喜んでいることと思います!(^_^)(あと、Kim先生とyangt3先生も!)
 

 さすが、リンゴ(Apple)の産地だと関心しながら帰ってきたのでした。(無理矢理ですね・・・。)

 夏頃には、まもなく販売が始まる新しいiPhone4を持った先生が増えていくことでしょうね!
 
a0031617_1653585.jpg

 
 でも、今の研修医にとってはこれって当たり前なのでしょうか???(当院ではそんなに持っているとは思えないのですが。)

 
 ※もちろん、ワイヤレス環境も整っておりました。
[PR]
by nozakoji | 2010-06-17 16:43 | 救急の話

もうすぐ帰国?します。

 飛行機時間を早めて帰ろうと、慌てて八戸を出たのにも関わらず、結局、予定通りの遅い時間の飛行機になってしまいました。(^_^;)


 こんなことなら八戸観光もしてくるべきだった・・・・。


 帰りの八戸駅ではほとんど時間も無かったので、新幹線の中で駅弁を買って食べたのでした。

 
a0031617_1944445.jpg



 さて、夕飯食べて帰宅の途につきます。(^^)/



 
 
[PR]
by nozakoji | 2010-06-16 19:08 | 自分の話

 青森県は八戸市に来ています。2泊3日です。

 もちろん、観光で~す!

 ・・・ではなくて、八戸市立市民病院の救命救急センターを見学するためです。



 残念ながら、美味しい海の幸は食べることなく帰ることになりますが、得るものが多い3日間となりました。(^^)/

 今日は朝のカンファレンスまで出席してその後に、南国に帰る予定です。

 見学内容は、この環境と次回の琉球救急勉強会で報告する予定ですが、「予定は未定」となるかもしれません。(^_^;)
[PR]
by nozakoji | 2010-06-16 05:55 | 救急の話

北へ向かいます!

朝一番の飛行機で羽田に到着しました。

半袖はさすがに寒いので、沖縄ではもう着ることのないライダースジャケットを羽織り、更に北に向かいます!

では、また!
[PR]
by nozakoji | 2010-06-14 10:30 | 自分の話

DrヘリのTシャツ!

 先日、救急部の研修医に

 「○○という手技についてもう一度勉強しておいて。」

 と伝えました。

 我々の研修医時代は、教科書などで一生懸命に調べてましたが、今はまずは研修医医師室のネット検索で調べるのが常識です。

 ある時、研修医医師室のPCで私がネットを使おうと思って画面を見てみると、私が勉強するように伝えたことについて書いてあるKim先生のブログ 「救急科専門医の独り言」 が開かれているではありませんか!


 自分のページが開かれているわけでもないのに、なぜだか、顔が赤くなり、画面を消してしまう自分がいました・・・・。(笑) 「そんな気持ちになるならブログをやめろ」という話もありますが、もう少しだけ続けようと思います。(Kim先生のページが見るに堪えない内容だった、ということではありません!念のため!(笑))



 
 さて、さて、話は変わり、救急おたく(?)のファッションが購入できる「RESCUE SQUAD 」というお店があります。そのホームページをみていると、ドクターヘリ好きにはたまらないデザインのTシャツが発売になっておりました!( お店へのリンクはここから! )

 
a0031617_14372024.jpg


 ほかにもキャップ、フライトスーツも発売になってました。


 今回は私は見ておくだけにしておきます!(笑) だって、すでにこのTシャツを持ってますからね!

 でも、最近は「劇的救命」はしてないので着る資格がないかも・・・。(苦笑)
 
[PR]
by nozakoji | 2010-06-13 14:44 | その他

救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。