2005年から不定期更新ながらなんとな~く続けてきたブログですが、また、しばらく休憩したいと思います。

 
 今までも何度か休んだことがあるのですが、今回の理由はひ・み・つです。(笑)


 来月には災害現場にも医療支援で行く予定がありますので、その時ぐらいからまたボチボチ更新できたらいいな~と思っております!


 
a0031617_20141465.jpg



 

 さて、唐突ではありますが、久しぶりに自己紹介をしておきます。あまり考察せず、箇条書きしますね。


 生まれは北国。地元の北国大学の医学部に進みました。

 学生時代に、潰瘍性大腸炎(特定疾患。いわゆる難病でした。)となり、何度か入院、何度も大腸内視鏡も受け、ステロイドを内服したりもしました。

 また、円錐角膜という病気になり、角膜が少し混濁してきたときには角膜移植になるかもしれない、と言われたりもしました。

 幸運にも、どちらも、何とか落ち着いて今に至っています。


 (潰瘍性大腸炎は直腸型だったのですが、なぜか治りました。円錐角膜も何とかコンタクトレンズ治療で進行が止まっています。今は、老眼の方が進んでいるかも。(^_^.))

 学生時代のこの病気による経験は、苦しくもありましたが、今となっては、現在の仕事に非常に役立っています。患者さんの立場を深く理解することができました。


 そんな学生時代。


 進路として考えたのが、麻酔科医か放射線科医でした。どちらも患者さん側からは目立つ仕事ではありませんが、陰から患者さんを支える発展性のある科だと思っておりました。


 その当時は、「手術の麻酔だけをおこない、あとは術後管理もしないで結構自由になる」、という先輩のお誘いを受けて、健康に不安のある私は迷わず、麻酔科の道を選択しました。


 しかし、何を血迷ったのか(?)、手術麻酔では飽き足らず、気づけば、卒後5年目ごろからは救命救急の道を選択してしまいました・・・。(^_^.)

 そして、そこで活動して思ったのは、

「高度な救命救急の技術を学ぶことも大事だが、救急隊への教育、日ごろは救急とはかかわりが少ない方への救急の基礎知識の啓もうが大事」

 ということでした。

 
 そんなある日。

 腰椎椎間板の悪化により短期間に2回の手術。


 車いす生活、神経ブロック注射、1年間の休養・リハビリ、杖歩行生活を経験することになりました。術後痛は本当に辛くて、涙も出ましたし、死にたくなったりもしました。


 もう、救急はできないな・・・と思っていたのですが、復帰後は、某赤十字病院で勤務させていただき、再び、救急や麻酔の仕事に復帰することができたのでした。


 復帰後しばらくして始めたのがこのブログ。


この環境で、多くの方と知り合うことができました。医師、救急隊、患者さん、学生さん、コメディカルスタッフ、一般の方。今は、この出会いが私の中で非常に大きな財産となっています!


 
 そして、4年前、縁あって沖縄に来ることになりました。北国の救急仲間には、「2年で帰る」といった記憶があります・・・。(笑)


 沖縄では、最初は暇な救急部に赴任。病院全体の理解もなく、物足りなくなりました・・・。

 次は、救急部に専従の医師がいない病院に1人救急医として赴任。今は休んでいる琉球救急勉強会も開催するようになり、救急隊の方と一緒に地域の救急を盛り上げようと頑張りました。でも、また物足りなくなってしまいました。


 そして、この1月から3次救急施設に赴任し、今に至っております。



 そんな私も、4月から卒後17年目に入ります。5月には年齢も42になります。


 これから救急医としての人生があとどれくらいあるのかわかりませんが、もう少しだけ救急の現場でとどまって踏ん張ってみたいと思っています。



 めちゃ長くなってしまいました・・・。(^_^.)


 



 

 




 

 
[PR]
by nozakoji | 2011-03-24 20:57 | その他

DMAT研修の記事

 2008年の5月に兵庫県災害医療センターでDMAT(厚労省認定の災害医療チーム)研修を受けました。

 当時はまさかこんなことが起きるなんて思っていませんでした・・・。

 
 DMATは「急性期医療を担当するチーム」のため、現在は多くのチームが東北から撤収していますが、DMATについて多くの方に知っていただくために、以前の記事のリンクをのせておきますね。


 2008年5月記事へのリンクはここ。


 今は、赤十字や各県の医師会が中心となって慢性期の医療を支援する動きが始まっています。しかし、あまりに被害が大きいため、再びDMATチームが慢性期医療支援のために出動するという動きも出てきました。

 私も微力ながら力になれれば・・・と思っているところです。

 

 
 

 
[PR]
by nozakoji | 2011-03-18 15:16 | 救急の話

無題

『夢であって欲しい』

と思う事ばかり続いている。


医療従事者の私が今できることは、日々の仕事をしっかりこなしつつ、いつ現場出動がかかっても良いように体調管理を行い、個人装備の準備をしておく事だろう。

今日は休みなので、装備で足りなさそうなものを購入しておこうと思う。

あと、院内スタッフ向けにトリアージやDMAT(災害医療チーム)に関する基本的知識を伝える勉強会もするつもり。



これぐらいしか今の私には出来ません。無力です。
[PR]
by nozakoji | 2011-03-16 08:54 | その他

今年やりたいこと

なかなか自分自身に余裕がなくて、更新をサボってました。(^_^;)

気づけば、新しい職場に来てもう2ヶ月が経ちました。

前の職場とベッド数はほぼ同じなのですが、医師数が研修医を合わせると倍近くいるため、全く名前を覚えきれないでいます。年のせいかな?


さて遅くなったのですが年末までのあと10ヶ月でやるべきこと・やりたいことを自分で意識するために、ここに書いておくことにします。達成できるかどうかは、?ですけどね。


●英会話
→単語がなかなか出てきません・・・。研修医がペラペラなのを見ると羨ましいです!

●航空医療に関する研究会・勉強会の立ち上げ
→沖縄の航空医療に関与するドクターヘリ、民間救急ヘリ、自衛隊機、海上保安庁、消防、病院などの機関が集まって情報共有する場があってもいいのかな、と考えています。ドクタージェットの導入にも役立てるといいなぁ。

●ツーリング
→今は乗る時間がないけど…。来月には何とか。

●釣り
→いつでもできる環境なのですが、一度もやってません!以前、先輩の医師に『釣りをしてないだと?沖縄で何をしてるんだ!』と怒られました。(笑)

●三線
→楽器は苦手だけど、琉球の文化にも触れないと…。

●マリンスポーツ
→先日、救命士の方が「ボディボードなら簡単にできますよ」と言っていたのを聞いて、「ぜひ今度!」とお願いしました。腰痛で日常生活もつらい日があるのですが、機会があればチャレンジしたいと思います。ダイビングもやってみたいな~。

●脱「北」者の会!
→かなり前に、北国時代の後輩と開催した脱「北」者の会。今度は、職場で開催したいと思っています。北国生まれの人、北国の大学に通っていた人、家族が北国出身、北国が好きな人、飲み会が好きな人・・・。4月か5月にできたらいいなと思っています。



 いくつ実現できるのか?今年は少しアクティブになろうと思っています!





追記:思いついたので追加!

●メディカルラリーに参加!
→今まではスタッフばかり。恥かくことを覚悟して、今年は選手として出てみたいです!

●琉球救急勉強会の再開
→休止中の琉球救急勉強会を再開したいと思います。

●テキスト作成
→シミュレーション、プレホスピタル系で作ってみたいですが、余裕がないかな・・・。
[PR]
by nozakoji | 2011-03-05 03:23 | 自分の話

救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31