プレホスでの相棒!

 ちょっと疲れ気味で、こちらの更新サボってます。(-_-;)

 さて、ドクターカー、ドクターヘリ、災害医療などのプレホスピタル(病院以外の場所)での医療活動において大事なことは、

 自分の身は自分で守る

 ということです。


 病院近くで事故が起きたからと言って、サンダルと長い白衣を着て手袋着用もなく飛び出して行っては絶対にいけません。

 事故現場には、ガラスや金属片、煙や炎など危険物がいっぱいです。他人を助けるには、まずは自分の身を守るための装備が必要です。


 そのうちの一つがこれ。私の安全靴です!

 
a0031617_11245824.jpg



 メーカーはアシックス。amazon.co.jpで7000円台。

 マジックテープでとても履きやすいです。

 軽くて、動きやすいのも気に入ってます!(以前、「働く人の店」で安いものを買った時は履き心地が悪かった・・・。)

 
 色は暗闇でも目立つようにあえてオレンジとしています!(^O^)/ 


 足元の悪い現場(たとえば海沿い、沼地、畑、密林!)に行くことを考えると、本当はブーツタイプが望ましいのですが、最近はこればかりです。


 ドクターカー、ドクターヘリなどに従事している方にはおすすめです!(アシックスではハイカットタイプの安全靴もあります。)





 

 
[PR]
by nozakoji | 2011-07-22 11:37 | 救急の話

明日7月17日の『情熱大陸』は但馬救命救急センターのセンター長である小林先生が主役です!

地域へドクターヘリの普及に取り組み、全国で最も飛んでるフライトドクターでもある小林先生のお話は、とっても楽しみです!

皆さんも是非、ご覧くださいませ~!(^o^)/
[PR]
by nozakoji | 2011-07-16 17:35 | 救急の話

(以前にも同じようなことを書きましたが、また書きます。 )


 2008年に始動した沖縄県ドクターヘリ

 
a0031617_0323048.jpg


 見た目のカラーリングなどは他県のドクヘリとほぼ一緒です。

 しかし、他県に比べて「異常」なことがひとつあります。(異常は言いすぎかな。でも、個人的にはそう思っています)


 それは、

 現場への要請比率が極端に低いこと

 です。

 他県の平均は、現場要請75% 転院搬送25%

 であるのに対して、

 沖縄県ドクターヘリは、「ほぼ真逆の比率」になっています・・・。


 もちろん、離島が多い沖縄ですから、離島診療所からの転院搬送はとても重要な業務です。しかし、それにしても現場要請が少なすぎるのです!

 これは、本来のドクターヘリの目的である「現場において、早期から医療を開始する」という点がまだ消防職員(特に上層部!)に伝わっていないためです。そして、これは消防が悪いのではなく、沖縄県やドクターヘリ事務局やスタッフからの啓蒙不足というところも大きいと思っています。


 私がやれることとしては、来週から県内の消防回りをして、ドクターヘリに関する基本知識をもう一度お伝えすることです。今、そのためのプレゼンテーション作成をしているところです。


 そんな中(実際は少し前の話ではありますが)、今まで一度も沖縄県ドクターヘリとの訓練も行っていなかった東部消防本部とコラボレーションする機会に恵まれました。

 
 今回は現場への要請ではなく、離島からの患者さんの転院搬送するためのランデブーポイントでの活動でした。

a0031617_0585856.jpg



 ドクターヘリを安全に着陸させるため、多くの消防職員の方にお手伝いいただきました。(実際はもっと少人数で大丈夫なのですが、初めてということで少し多めでした。(^.^))


 まずは、転院搬送でのコラボレーションはうまくいきました。次は、救急現場でのコラボレーションがスムーズに行われて、患者さんの救命につながればと思っております。

 
 



 
[PR]
by nozakoji | 2011-07-10 01:09 | 救急の話

救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31