ダイエット経過(^人^)

『かっこいい父親』になるため。

『動ける救急医』であり続けるため。(※体重に関係なく、腰痛で動けない今日この頃ですが(^_^;))

『正常を超えた悪玉コレステロール値』を下げるため。

いくつかの理由から始めたダイエット。

最低は61.8ぐらいになりましたが、現在は62〜63キロで安定してきた感じです。

たまに甘いものも食べたり、肉も食べちゃいますが、炭水化物を減らしたり、総カロリー量には気をつけているつもりです。


全国のダイエッターのみなさん、自分のため、家族のため、愛する人のために、適切なカロリーコントロールや運動を心掛けて健康的なダイエットをしていきましょう。(^人^)

画像は『ためしてガッテン』のiPhoneアプリです。体重推移をみることは効果的だと思います(^人^)

a0031617_13131218.jpg

[PR]
by nozakoji | 2012-07-25 12:58 | 自分の話

先日、父が来沖した時に、初めて宜野湾市にある『嘉数(かかず)高台公園』に行って来ました。

この公園は、首相や議員が普天間飛行場を視察する時によく使用されているため、前から一度行って見たい場所でしたが、名前通りに高台にあるため、足腰が不調の私にはかなりきつい登りでした。(^_^;)

a0031617_21103440.jpg



この時は軍用機の離着陸はありませんでしたが、改めて広大な基地が宜野湾市の中心に位置していることや、周囲に学校があることを認識した次第です。


やっぱり、沖縄県に軍事基地はいりません。
[PR]
by nozakoji | 2012-07-24 20:57 | 観光など

次女、六ヶ月に(^人^)

一月生まれの娘が六ヶ月になりました。

最近は『ハーフバースデー』という言い方もあるんですね〜。

a0031617_1031642.jpg




体重も増えて、父親の腰痛悪化を進めていますが、元気に育っているので嬉しい悲鳴です。


a0031617_1031794.jpg

[PR]
by nozakoji | 2012-07-24 10:25 | 自分の話

 ダイエットは大きなリバウンドもなく維持できておりますが、コレステロールの高値が一番気になるところです。(-_-;)


 以前は、「高脂血症」と言われていた「脂質異常症」に関してネットで調べていたところ、市民向けのこんなページを見つけました。

 高脂血症.net(リンクあり)

 ページも見やすいですし、分類、なぜ高脂血症(脂質異常症)がいけないのか、治療方法などが分かりやすいと思います。

 たとえば、

 コレステロールを上げる食品

 というところを見てみると、

 こんな食品に注意!

 とあって、

脂身の多い肉
ラード
ベーコン
ウインナー
バター
チーズ
インスタントラーメン
チョコレート
ポテトチップス


 などが列挙されております。自分の好きなものが多いです・・・。(-_-;) みなさんはいかがでしょう?

 
 食事「量」の制限だけではなく、食事「内容」の見直しもしっかりやっていかないといけませんね。



 ・・・でも、昨日、塩焼きそばを食べてしまいました・・・。(;_:)





 
[PR]
by nozakoji | 2012-07-19 19:00 | 救急の話

高齢者の終末期医療

 来月、地元の訪問診療医師や訪問看護スタッフなどが参加する市民公開講座に救急医の立場から参加することになりました。

 テーマは「看取り」です。

 最近は、訪問診療医師や看護師の努力により、病院ではなく自宅で最期を迎えるという選択も可能となってきましたが、まだそのシステムは一般的ではなく、啓蒙も進んでいないというのが事実です。



 先日、両親を自宅でお看取りしたという方とお話しさせていただきましたが、以下のようなことをお話しされていたのが印象的でした。


 ・自宅で最期を看取ることで、親類が自由に面会できる。病院なら夜中には顔を見に行くことができないが、自宅なら気軽に行ける。

 ・最初は自宅で看取れるのか心配であったが、訪問診療の医師や看護師に電話をするといつでも来ていただける、相談できることがわかってからは不安が減った。

 ・昔は自宅で看取っていた。子供ながらに、「そろそろ旅立つのかな」というのが分かった。教育としても大事なことではないだろうか。



 
 そんなお話も聞きつつ、ネットで高齢者の看取りについてのコラムを見つけました。その名も、

「今こそ考えよう 高齢者の終末期医療」

 リンクはここから。

 いろんな考えもがあるかと思います。


 でも、大事なのは、

 「ご本人の意志はどうだろうか?どんな治療を望むだろうか?」

 という点だと思います。


 
 救急医療以上に難しい問題ですけど、人は100%死ぬ生き物です。元気で若くても、日ごろからご家族の意思確認をしておくことはとっても大事なことかと思います。




 
[PR]
by nozakoji | 2012-07-10 13:17 | 医療一般

 現在の勤務先で育児休暇を男性医師として初めて取得しましたが、それ以来、「ワークライフバランス」に興味を持つようになりました。

 そのワークライフバランスについて調べると必ず行き当たるのは、その名も、「株式会社 ワーク・ライフバランス」の代表取締役社長 小室淑恵(こむろよしえ)さんです。

 最近、沖縄県で講演会もあったのですが、残念ながら出席はできませんでした。


 しかし、その小室さんがTED×東京というプレゼンテーションのイベントで非常にわかりやすいプレゼンをしている動画がアップされているのを最近知りました。




 
 特に胸に突き刺さったのは、9:50頃にお話しされる、退職後に自分を評価してくれるのは会社ではなく家族だということ・・・。


 若い時期は自分を犠牲にしても頑張らなきゃいけない時期はもちろんあります。でも、何もすることがない日にダラダラ職場に残るのはナンセンスです。

 昔は職場でしか仕事ができない、参考書類が職場にしかないという事情もあったでしょうが、今は、ネット環境が整い、クラウドで自宅でも仕事や勉強ができます。

 
 まだ小室さんの本は読んでいないので今度読んでみたいと思います!!!





 
[PR]
by nozakoji | 2012-07-02 18:49 | その他

救急専門医、麻酔科認定医・標榜医。北から沖縄に移住→再び北上した感想など…。(救急には無関係な内容が多い!ペインクリニック患者でもあります。)症例は設定変更しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31